自由の利かない主婦こそ在宅フリーランス!メリットとデメリットも解説

自由の利かない主婦こそ在宅フリーランス!メリットとデメリットも解説

育児や家事や仕事の両立は主婦にとって大変な労力です。 子供の面倒はしっかりみたい、家事も手を抜きたくない、仕事は好きだし働きたいなど、多くの女性が同じような悩みを抱えています。 そんなときぜひ検討してほしいのが、在宅フリーランスの仕事。 今回は、自由の利かない主婦でも効率よく働けるフリーランス業について紹介します。 メリットやデメリットも解説するので、ぜひ参考になさってください。
育児や家事や仕事の両立は主婦にとって大変な労力です。子供の面倒はしっかりみたい、家事も手を抜きたくない、仕事は好きだし働きたいなど、多くの女性が同じような悩みを抱えています。

そんなときぜひ検討してほしいのが、在宅フリーランスの仕事。今回は、自由の利かない主婦でも効率よく働けるフリーランス業について紹介します。メリットやデメリットも解説するので、ぜひ参考になさってください。

主婦の在宅フリーランスの1日って?

在宅フリーランスの仕事は、会社へ出勤する手間もなく会社勤めの人とは違います。普段通りの生活をしながら仕事ができるので、1日の流れもスムーズです。

ここでは、主婦が在宅フリーランスになった際の1日の流れについて説明します。

毎日と変わらない朝

主婦が在宅フリーランスを始めても、働く前と全く変わらずに朝の支度が可能です。朝ごはんをつくって、家族を起こして、会社や学校に送り出すなどの時間も余裕でつくることができます。

朝のバタバタが落ち着いてから自分の朝食を済ませる時間もあって、時間にも心にもゆとりを持つことができます。気になるテレビニュースをチェックしたりと、会社勤めのときより朝の仕度が楽かもしれません。

家事もしっかりこなす

在宅フリーランスなら、朝の時間を一通り終えたら家事もしっかりおこなえます。食器洗い、部屋の掃除機、洗濯物や布団干しなど午前中に終わらせたいことはまとめてやる時間もたっぷりあります。

会社勤めの主婦は、朝も帰宅してからも忙しくて掃除は休日にまとめてする人が多いです。在宅フリーランスなら平日にしっかり掃除ができるので、家族が休日の際はみんなでの時間を楽しむ余裕もできます。

自由に仕事と夕食の準備

朝食や家事などがひと段落したら、ここから自由に仕事を始めます。家事が少ない日は早い時間から始めたり、家事が多い日は午後から始めたりと自分の都合で働くことが可能です。

間ではお昼や休憩を取りながら、夕方にはスーパーへ買い出しに行くこともできます。仕事の量や終え方次第で、夕食の準備もスムーズ。小さなお子さんのお迎え時間も調整できて1日の流れも楽です。

主婦の在宅フリーランスのメリットは?

主婦が在宅フリーランスを始めるとメリットがたくさんあります。出勤時間もなく拘束されずにすむのでストレスが軽減。時間の配分を自由に決められるのも最大の魅力です。

ここでは、主婦が在宅フリーランスになった際のメリットについて説明します。

育児や家事を優先できる

小さなお子さんの子育て真っ最中の主婦は、在宅フリーランスを選ぶことによって育児や家事を優先できるのがメリットです。

子供を保育園に預けずに、自宅で見ながら仕事をすることができます。お昼寝の最中や、夜早く眠ったあとに作業することもできるのがメリット。お子さんの成長をそばで見ながら働けるのは嬉しいポイントです。

自由な時間で働ける

在宅フリーランスは、自分の都合に合せた自由な時間で働けるのがメリットです。育児や家事だけでなく、自分の趣味や買い物などの時間も取れます。

会社勤めは拘束時間も長く、決めごとやルールなど窮屈な体制がストレスになることも。主婦は仕事が終わった後も忙しく、家族の世話や夕飯などでバタバタ。

自由な時間で仕事の配分を決めて、育児や家事や趣味の両立が取りやすいのも在宅フリーランスならではです。

自分の自由な時間もつくれる

在宅フリーランスなら、自分1人の自由な時間がつくれます。主婦は非常に労力のいる大仕事です。時には好きなことをする時間や、お昼寝して疲れを癒したりする時間も必要。

自分の自由な時間が取りやすいのも、在宅フリーランスの魅力です。会社勤めと違って拘束されないぶん、病院の予約や美容院の予約なども自由にできます。

主婦の在宅フリーランスのデメリットは?

在宅フリーランスは、育児や家事との両立がしやすく自由な時間がつくれます。自分の都合で作業できるのはメリットですが、実は良いことばかりではありません。

ここでは、主婦の在宅フリーランスのデメリットについて説明します。デメリットな点を先に認識しておくと、在宅フリーランスになったあとで後悔することもないので、しっかりチェックしてください。

依頼者の顔が見られない

在宅フリーランスは会社への直接出社ではないので、依頼者の顔が見れません。在宅ワークの求人などへ登録しておくと依頼が来るケースもあり、基本的にはパソコンのメールでのやりとりになります。

受注から納品までメールのやりとりだけで完結するのは楽ですが、顔が見えないと不安に感じる部分もあります。最近はチャットやリモートが可能な企業も増えているので、連絡手段も受注のポイント。

疑問点や不安などを直ぐに聞けない

在宅フリーランスの場合、メールやチャットなどで連絡のやり取りをします。そうなると当然、質問や疑問点などもメールです。

会社勤めであればその場で直ぐに聞いて解決できますが、メールの場合は依頼者が確認して返答が来るまでに数日を要することがあります。そうなると、仕事も進まないし捗らないといったデメリットが起こる場合があります。

納期や期日がある

主婦の在宅フリーランスといっても、仕事には代わりありません。受注した仕事には、もちろん納期や期日が当たり前のように存在します。つまり、期日さえ守ればいつ仕事してもOKということです。

在宅フリーランスだからといって自由にし過ぎたり、育児や家事を優先し過ぎたりすると、一夜漬けの作業になってしまったなんてことも起こります。仕事の納期スケジュールはしっかり組み立てて考えましょう。

主婦業もこなしながら在宅フリーランスで働こう!

自由の利かない主婦に、在宅フリーランスがおすすめな理由について解説しました。主婦が在宅フリーランスになっても、今まで通りのスタイルで生活が送れます。

育児や家事を両立しながら自由に仕事ができるのが最大の魅力です。また、やり方次第で自分の自由時間も取れるので、1人の時間を大切にできます。

依頼者の顔が見えないこと、疑問点などの返答が即日には受け取れない可能性、納品スケジュールがあるといったデメリットもあります。メリットとデメリットの両方を考慮したうえで、在宅フリーランスを検討してください。
TOP