フリーランスと会社員の違いは?会社員がメリットやデメリットを解説!

フリーランスと会社員の違いは?会社員がメリットやデメリットを解説!

新しい働き方としてフリーランスが注目を集めております。 人間関係が苦手な方も仕事を選べば、自宅にいながら収入を得ることができますし、新型コロナウイルスの時などは感染リスクが少ない働き方として注目されました。 フリーランスと会社員、どちらがメリットの大きい働き方なのでしょうか?

フリーランスと会社員の違いは?

会社員を辞めてフリーランスになりたいと言う方は、フリーランスならではの自由な働き方に憧れていたり、会社員として働き続けることに嫌気がさしているような方も多くなっております。

しかし、最初にフリーランスと会社員の違いについて理解しておかないと、後悔してしまうかも知れません。

契約方法が違う

フリーランスと会社員の最大の違いが契約方法になります。

会社員は、会社が求める人材であることが最低条件です。

会社の規則に沿って労働しなければいけません。

勤務時間であったり休日なども会社の要望に合わせて働かなければいけません。

フリーランスの場合には、自分で好きな時間に働いて、好きな時間に休むことができます。

収入の形が違う

会社員の方は、毎月お給料といった形で収入を得ております。

一方でフリーランスの場合には、自分が行った仕事の分の報酬を得ることになります。

会社員の方の場合には、ボーナスなどがある所もありますが、フリーランスにはボーナスはありません。

もちろん出来高制の会社もありますが、自分の頑張りが反映されないからとフリーランスに転職する方も少なくありません。

フリーランスになるメリットやデメリットは?

会社員を辞めてフリーランスになるとどのようなメリットがあるのか疑問に思うのも当然です。

また、フリーランスにはメリットと同じくデメリットも存在しております。

フリーランスになる前に、デメリットとメリットを確認しておきましょう。

働いた分だけ稼げる

フリーランスの最大のメリットは、収入に上限が無い事です。

会社員の場合には、昇給しなければ収入はアップしませんが、フリーランスの場合には、自分の努力次第でいくらでもお給料がアップします。

また、単価の高い契約を取れば、会社員よりも短い労働時間で高収入を得ることができます。

こういった働き甲斐のある所はフリーランスならではの魅力です。

収入が安定しない

フリーランスのお仕事は、会社員のように毎月決められたお給料をもらえるわけではありません。

例えば、病気で仕事ができなくなってしまったり、新型コロナウイルスや震災などの関係で仕事が激減してしまったような場合には、当然ながら収入も激減してしまいます。

収入に上限はありませんが、下手したら収入が全くなくなる可能性もあるのです。

会社員からフリーランスになる時のアドバイスとは?

これから会社を退職し、フリーランス一本で頑張っていくと決めたのなら、会社員のうちに出来ることは済ませておきましょう。

会社を辞めてからだとできないことがいっぱいあります。

まずは焦らずに着々と準備を進めていきましょう。

クレジットカードを作成しておく

フリーランスになるとクレジットカードの審査に落ちるリスクが高くなります。

フリーランスでもクレジットカードを作成することは可能ですが、収入が安定するまでは審査に落ちやすくなっております。

プライベートと仕事とでクレジットカードを使い分けるときなどのために、会社を辞めてフリーランスになる前に、クレジットカードの作成を行っておきましょう。
via pixta.jp

オフィスを準備する

フリーランスとして働くのなら、働く場所を確保しておきましょう。

自宅で作業するなら、必要な物を準備して、すぐにでも働けるようにしておくことが重要です。

また、自宅外にオフィスを構えるのであれば、レンタルオフィスやバーチャルオフィスなどのサービスをチェックし、自分にあったオフィスを準備するようにしましょう。

まとめ

フリーランスと会社員は、それぞれにメリットとデメリットがありました。

どちらを魅力的に感じるかによって、適した働き方は変わってきます。

いきなりフリーランスにならずに、先ずは副業としてフリーランスを体験し、自分に適正があるのかを確認するようにしましょう。
TOP