フリーランスとして働く!

フリーランスとして働く!

近年、「フリーランス」という働き方が定着しつつあります。インターネット環境が格段に向上したことやクラウドサービスの台頭に加え、新型コロナウイルスの影響もあって、時間や場所にとらわれないスタイルの働き方が注目され、フリーランス人口も年々増加傾向にあると言われています。

フリーランス人口が増える背景

近年、「フリーランス」という働き方が定着しつつあります。インターネット環境が格段に向上したことやクラウドサービスの台頭に加え、新型コロナウイルスの影響もあって、時間や場所にとらわれないスタイルの働き方が注目され、フリーランス人口も年々増加傾向にあると言われています。
最初からフリーランスとして働くというよりも、会社のルールや時間に縛られるのに疲れた、培ったスキルを活かして自由に働きたい、リタイア後や出産後も自分のペースで働き続けたい、など…ある一定の期間会社勤めを経験したあと、フリーランスに転身するのが一般的でしょう。

発祥は中世ヨーロッパ

フリーランスを英語で書くと、「freelance」となります。

中世ヨーロッパにおいて、有力者と契約した騎士をその武器である「槍(lance)」よ掛けてフリーランスと呼んだことからきていると言われています。現代の「フリーランス」はというと、企業などに属さないで、特定のクライアントや案件ごとに契約を結んで仕事を請け負うという働き方を指します。

その契約形態は、案件ごとに技術やコンテンツを提供し、その対価として報酬を受け取るというシンプルかつ自由度の高いものです。ですから、自身の経験やスキルを活かして仕事を行っている限り、誰でもフリーランスと言うことができます。
フリーランスはどこかに雇用されているわけではないので、「労働基準法」などの労働法規の適用外となります。「最低賃金」「労働時間」「休日」「有給休暇」「労働災害での補償」など、社員を守ってくれる規定の対象にはなりません。

つまり、独立した事業主として、ほぼ自己責任で判断し行うことになります。仕事を探して受注し、対価や納期の交渉をし、そして納品してから請求書発行する…すべてを自分ひとりで進めなければなりません。

フリーランスに多い職種

フリーランスにこれといった職種の括りはありません。企業や団体に属さない人間が、自身のスキルを活かして仕事を行い、対価を得ている場合、その人はフリーランスを名乗ることができます。とはいえ、実際にはフリーランスに多い職種はあります。特に自分の才能やスキルを駆使する職種が多いようです。下記にいくつかピックアップします。

(1)ライター

商品やイベント、企業のイメージなどを印象づける原稿を執筆します。

出版社や企業から仕事を打診される場合と、ライター側から企画を持ち込み仕事につながるパターン、また最近では仕事のエージェントサービスを介することも多いです。ライターといってもいろいろで、取材をしてその内容をまとめるルポライター、商品やサービスへ誘導する広告を執筆するコピーライターなど。

特に最近は、Webサイトに掲載する記事やコラム、メールマガジン等を執筆するWebライターの需要が高まってきています。

(2)Web/グラフィックデザイナー

Webデザイナーは、クライアントのニーズに合ったWebサイトを制作し、売り上げアップや集客力向上につなげます。

Webページのデザインの他にも、企画設計やコーディングもセットで行うのが一般的です。一方グラフィックデザイナーは、ポスターやチラシなどの広告から、カタログやグッズ等の販促物など、さまざまな紙媒体のデザインを行う仕事です。

(3)イラストレーター

イラストレーターは、Webや広告、パンフレットなどに掲載するイラストや、図解などをオリジナルで作成する職業です。企業やお店のブランディングのためのロゴ制作を依頼されることも多々あります。

これ以外にも、カメラマン、美容師やメイクアップアーティスト、フードコーディネーターに翻訳家・通訳者などもフリーランスで活躍する人が多いです。最近では大変注目されているYoutuberもフリーランスです。

フリーランスとして働くために必要なこと

毎日満員の通勤電車に揺られる必要がなく、時間やルールに拘束されず、自身のスキルを活かしてそれに見合った分の報酬を得られて、定年退職もないというフリーランス。一見するとメリットばかりのようですが、そうでもありません。
直接雇用と違って、先述したような補償や有給休暇はありません。病気のときの代わりもいませんが、もちろん納期は厳守です。何より、いつまでも仕事があるという保証がありません。

安定的に仕事をもらうためには、世の中のトレンドにアンテナを張りめぐらし、自身のスキルを磨くことは当然として、クライアントや同業者とコミュニケーションを図りながら営業力をつけ、人脈を広げ、常に最新情報が入ってくるようにしなければなりません。

それに事務的なこと、例えば年金や保険の切り替えや開業届と青色申告承認申請など…必要なことはたくさんあります。

フリーランスもひとつ

今、会社員で安定はしているけどフリーランスに転身しようかと迷っている方は、「自由そうだから」と安易に決めるのでなく、上記のことをしっかり考慮し、フリーランスもひとつの選択肢として考えてみましょう。
TOP