フリーランスならチェックしておくべき求人サイトとは?おすすめの業種もご紹介!

フリーランスならチェックしておくべき求人サイトとは?おすすめの業種もご紹介!

フリーランスになろうと思ったら、自分がどのくらい稼ぎたいかをしっかりと考える必要があります。 目標金額に達するためには、理想の単価であったり、働き方ができる求人を見つけなければいけません。 フリーランスの求人はどのような方法で見つければよいのでしょうか?
フリーランスになろうと思ったら、自分がどのくらい稼ぎたいかをしっかりと考える必要があります。

目標金額に達するためには、理想の単価であったり、働き方ができる求人を見つけなければいけません。

フリーランスの求人はどのような方法で見つければよいのでしょうか?

フリーランスにおすすめの求人サイトとは?

フリーランス向けの求人を見つけるためには、フリーランスの求人を沢山扱っている求人サイトをチェックする必要があります。

わたしがフリーランスになった時にお世話になった求人サービスを厳選して3つほどご紹介していきます。

求人ボックス

求人ボックスは、2015年にサービスの開始した求人サイトですが、すでに月間ユーザー数が500万人を超えています。

わたしが求人ボックスで気に入っているのが、シンプルだけど使いやすいデザインです。

検索スピードはフリーランス向けの求人サイトではナンバーワンだと思います。

こだわり条件検索を使いこなせば、すぐに目的の求人にたどりつくことができます。
via pixta.jp

クラウドワークス

クラウドワークスは、紹介されている仕事の量がとっても多い事と、手数料がかなり抑えられていることなどの特長を持ったサービスになります。

特に仕事の量は豊富で、毎日のように新しい求人が登場しますので、クラウドワークスに登録しておけば、仕事が無くてヒマになってしまうことはありません。

ただ、仕事の単価は低めの物が多くなっているのが残念な所です。


登録は簡単!1分登録で副業スタート▼
CrowdWorks(クラウドワークス)

ランサーズ

ランサーズは、フリーランス向けの求人サイトで最も有名だと思います。

わたしも最初はランサーズに登録し、色々な仕事を経験しました。

ランサーズはサポートが充実しておりますので、フリーランスになって日が浅いという方にこそおすすめです。

また、ランサーズで実績を重ねていくと、認定ランサーになることができ、クライアントから信頼されるようになります。

フリーランス向け求人サイトの選び方とは?

一般的な求人情報サイトやサービスと違い、フリーランスの方に向けた求人サイトを選ぶ時には、フリーランス向けの求人サイトやサービスならではの選ぶポイントがあるようです。

どのような所に注目して選べばよいのでしょうか?

希望するジャンルの求人数

フリーランスの仕事のジャンルは多岐に渡ります。

バリバリのプログラム業務から、指定された情報から必要な情報を抜き出す作業、文章のリライト、サイトに必要な画像の準備など無数にあります。

その為、自分が希望しているジャンルの業種が沢山あるような求人サイトを選ぶのは大前提です。

自分の目指している求人の数が少なければ、トータルの求人数が多くても意味がありませんからね。
via pixta.jp

ライフスタイルとのマッチング

フリーランスとして働く方は、どのような働き方をするのかをしっかりと考えるようにしましょう。

朝から晩までしっかりと働くのか、週末だけ働くのか、育児の合間の数時間だけ働くのか、月に一度程度働くのか、扶養の範囲内で働くのかなど働き方は様々です。

自分のライフスタイルとマッチングする求人の数がどれだけ多いのかも選ぶポイントになるはずです。

ひとつに絞らない

フリーランスの求人は、それこそ膨大な種類と数があります。

また、短期で終了してしまう求人などもありますので、フリーランス向けの求人サイトやサービスは、ひとつに絞らずに複数登録しておくことが重要になります。

求人サービスにも種類や数の波はありますので、複数のサービスに登録しておくことで、そういった求人数のムラに対応することができます。

まとめ

フリーランスは、一般的な求人と比べて、少々特殊な部分があります。

その為、一般的な求人サービスや求人サイトで探すよりも、フリーランスに特化しているような所で探すのがおすすめです!

今回紹介したサービスは、どれもフリーランス向けの求人をたっぷりと扱っておりますので、ぜひチェックしてみてください。
TOP