フリーランスとはどのような働き方なのか考えてみた。

フリーランスとはどのような働き方なのか考えてみた。

戦後高度経済成長の中で終身雇用で働いてきた人が多かった日本は、何かしらの会社や団体に属して与えられた仕事をこなすのが一般的でした。しかし現在は働き方の変化があり、多様化したスタイルの中にフリーランスという考え方が浸透し始めています。インターネットを活用しパソコン1つで仕事ができる時代ということもあり、どこにも所属せずに自分で営業をしながら自由に契約をして仕事をするのがフリーランスの特徴です。個人で仕事をするのが一般的になっているからこそ、会社に縛られることなく自分がやりたいことをやりたいときに働くことができるだけでなく、自分が本当にやりたいことを仕事にできるので、やりがいを感じることができる魅力もあります。

多様化する日本人の働き方

自分が本当にやりたいことを仕事にできる

戦後高度経済成長の中で終身雇用で働いてきた人が多かった日本は、何かしらの会社や団体に属して与えられた仕事をこなすのが一般的でした。

しかし現在は働き方の変化があり、多様化したスタイルの中にフリーランスという考え方が浸透し始めています。インターネットを活用しパソコン1つで仕事ができる時代ということもあり、どこにも所属せずに自分で営業をしながら自由に契約をして仕事をするのがフリーランスの特徴です。

個人で仕事をするのが一般的になっているからこそ、会社に縛られることなく自分がやりたいことをやりたいときに働くことができるだけでなく、自分が本当にやりたいことを仕事にできるので、やりがいを感じることができる魅力もあります。

自由度も高いフリーランス

会社勤めだと上司の機嫌を気にしながら、やりたくない仕事もこなさないといけません。

しかし、会社勤務などと比べるとある程度自由度も高いフリーランスは、自分自身でメリハリをつけることで仕事とプライベートをうまく両立させることができます。仕事の依頼をセーブすればたくさん休むこともできますし、残業をする必要もありません。

このようにどこにも所属しないということは、自由度が高くて自分のやりたい仕事だけを受けることができるメリットがあります。

サラリーマン以上の収入を得ることも?

会社や団体などに所属しないということは雇用されていないことになります。雇用されていないということは労働基準法で決められていることが適用されません。最低いくらの賃金を支払うのか、週に何時間働いて良いのか、いつ休めば良いのか、有給休暇を取得できるのか、など働く人を守ってくれる労働法規が適用されないことはメリットにもなりますが、全て自己責任で仕事をするというフリーランスならではの考え方があります。

労働基準法の適用外なので、たくさん稼げると思って長時間仕事をすると体調を崩してしまう可能性があります。しかし大きな契約を取ることができれば、サラリーマン以上の収入を得ることができます。

フリーランスとして活躍している人が多い職業

フリーランスとは自由度が高くメリットも多い働き方ですが、この形態で働いている人が多い職業がデザイナーです。
via pixta.jp

WEBデザイナーはフリーランスが多い?

フリーランスとは自由度が高くメリットも多い働き方ですが、この形態で働いている人が多い職業がデザイナーです。

パソコン1台で仕事をすることができるデザイナーは、フリーで活動している人が多いです。Webデザイナーやイラストレーターなど実力があればフリーで活動し、自分で営業をして仕事をこなし生活ができるほどの収入を得ています。

デザイナーに似ている職業がライターです。ライターは記事執筆の依頼を受けて、自分の知識や調べた正しい情報を執筆します。実績を積み重ねることで多くの収入を得ることができます。記事を作成できるパソコンがあれば仕事ができるので、多くの人が参入している職業でもあります。

今話題になっているプログラマーも!

今話題になっているプログラマーも、会社に所属することなくフリーランスで活動している人が多い職業です。ハードウェアやソフトウェアを思い通りに動かせるようにプログラムを作成します。

ライターなどと比べてプログラムを組み立てる知識がありますが、経験と実績を重ねて大きなプロジェクトに参加できれば会社に所属するよりも稼げる可能性があり、月収100万円の収入を得ることも可能です。今は学校の授業でもプログラミングを学ぶ機会があり、若い世代の人に人気がある職業がプログラマーです。

個人事業主と何が違うのか

フリーランスとは特定の会社や団体に属する契約をせずに、個人で独立し仕事を請け負っています。フリーランスという言葉が世に広まる前からあった働き方が個人事業主です。個人事業主は個人で事業を営む人のことで、税務署に開業届を出す必要があります。

フリーランスは税務署に開業届を出しません。フリーランスでも法人化していれば個人事業主には該当しません。届け出を出していれば個人事業主ですし、働き方を問われた場合、会社に属していなければフリーランスとして働いていることを主張できます。

社会的信用度はサラリーマンと比べてフリーランスや個人事業主は低くみられる傾向があるので、クレジットカードやローンの契約はサラリーマン時代に済ませておくことをお勧めします。サラリーマンだと審査に通るのに、フリーランスだと急に通らなくなることがあるからです。

まとめ

フリーランスとは自分のさじ加減で仕事を入れることもできますし、休むこともできます。そこだけ聞くと会社や団体などに属すよりも魅力的だと感じる人がいるかもしれません。しかし全て自己責任で収入を得るというのは簡単なことではありません。

ある日突然仕事が無くなって収入が途絶えてしまう可能性もあります。

このようなリスクがあるのがフリーランスではありますが、昔と違い今はフリーランスになってたくさんの可能性を自分自身で掴み取るチャンスがあるのも事実だということを十分に理解しておくことで、どのような働き方をしたいか、フリーランスになればやりがいを感じて仕事ができるかを十分に考慮して、自分がやりたいことを追求してください。
TOP