フリーランスの税金で覚えておきたいことは?税金を抑えるコツについて

フリーランスの税金で覚えておきたいことは?税金を抑えるコツについて

フリーランスって自由が利くため、憧れる人も多いのではないでしょうか? 確かにフリーランスってメリットが多いんですけど、税金面で大変なことが多いんですよね。 基本的に会社所属ではないので、フリーランスが支払う税金って多いんです……。 今回はフリーランスの税金について見ていきましょう!
フリーランスって自由が利くため、憧れる人も多いのではないでしょうか?

確かにフリーランスってメリットが多いんですけど、税金面で大変なことが多いんですよね。

基本的に会社所属ではないので、フリーランスが支払う税金って多いんです……。

今回はフリーランスの税金について見ていきましょう!

フリーランスが支払う税金について

フリーランスの支払う税金にはどんなものがあるのでしょうか。

毎年の確定申告が終わった後にやってくる住民税とか目を背けたくなりますよね。

こちらでは、フリーランスが支払う税金の一部について見ていきましょう。
via pixta.jp

個人事業税

年間所得が290万円を超えた際に、都道府県に納税しなければいけないものです。

納税額は業種によって異なりますが、3%から5%の税率で算出されます。

法人事業税の個人バージョンと考えれば分かりやすいかもしれませんね。

所得税

1年間の所得に税率をかけて算出されるものです。

ちなみにこれはフリーランスだけじゃなくて、会社員でも給与以外で20万円以上の所得があれば確定申告を行って支払わなければいけません。

会社員で副業がバレてしまう原因として、所得税など税金によるものが多いみたいですね。

国民健康保険料

会社員の場合は社会保険ですが、フリーランスの場合は会社に属していないので国民健康保険に加入しなければいけません。

フリーランスのデメリットと言われるほど、国民健康保険料が高いので支払いが大変という人も多いですね。

保険料に関しては加入者の人数や年齢、収入などによって決まるので、各世帯で変わってくる傾向があります。

フリーランスの税金を抑えるコツはクレジットカード?

フリーランスの税金を抑えるコツとして、クレジットカードの利用が挙げられています。

なぜ、クレジットカードを使うことで税金を抑えることができるのでしょうか。

こちらでは、その理由について見ていきましょう!

支払い項目の整理がしやすい

クレジットカードは毎月明細が届きますよね。

近年はWeb明細に切り替えているところもありますが、何に使ったのかをしっかり把握できます。

つまり、クレジットカードを使うことで計上漏れがなくなるのです。

計上漏れが出てしまえば税金が上積みされます。

しかし、クレジットカードを使って計上漏れを防ぐことで税金の上積み予防ができるのです。
via pixta.jp

税金をクレジットカードで支払う

税金そのものもクレジットカードで支払うことができます。

自動引き落としに設定すれば支払い忘れもなくなりますね。

クレジットカードで税金を支払うことで、クレジット会社のポイントもつくので節約になるんです。

ポイントが貯まる

先述したように税金をクレジットカードで支払うとポイントがつきます。

これは税金だけではなく、経費でも同じですよね。

毎月一定額の経費は必ず出るものなので、それをすべてクレジットカードにすれば計上漏れを防げるだけではなく、ポイント付与によってお得に経費を使うことができるのです。

1回1回は小さなものでも、1年分の経費をクレジットカードで支払えばどれだけのポイントが貯まることでしょうか。

塵も積もれば山となるという言葉があるように、ポイントも積み重なることで大きなお金になるんです!

フリーランスの税金を抑えるためにはクレジットカードを上手く使おう!

フリーランスは税金を抑えるために、クレジットカードを上手く使うようにしましょう。

ただ、しっかり計画的に使わないと「こんなに支払いがあるなんて!」と慌てることになります。

税金を抑える、というと大げさに聞こえるかもしれませんがコツコツと積み重ねることで大きな効果に繋がっていくので積極的にクレジットカードを使っていきましょう!
TOP