フリーランスになって仕事を得るための心得と注意すべきこと

フリーランスになって仕事を得るための心得と注意すべきこと

「会社に縛られるのはイヤ!」「独立して生計を立てたい」といった理由から、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えています。一口にフリーランスと言っても、仕事の幅は様々です。例えばインターネットを使った仕事でも、作ったものや仕入れたものを売る方法、自作のブログで報酬を得る方法などがあります。また、YoutubeやInstagramを使い、インターネットの発信力を活用して稼ぐ方法もあります。

フリーランスになって仕事を得るための心得と注意すべきこと

■フリーランスの仕事は幅広い

「会社に縛られるのはイヤ!」「独立して生計を立てたい」といった理由から、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えています。一口にフリーランスと言っても、仕事の幅は様々です。例えばインターネットを使った仕事でも、作ったものや仕入れたものを売る方法、自作のブログで報酬を得る方法などがあります。

また、YoutubeやInstagramを使い、インターネットの発信力を活用して稼ぐ方法もあります。

フリーランスの仕事として近年挙げられるのが、クラウドソーシングです。これは企業や個人が募集している仕事を受注し、報酬を稼ぐ方法です。クラウドソーシングという形を取る仕事には、ライターや翻訳家、システムエンジニア、デザイナーなどが挙げられます。

自分の技術や資格活かして開業するという形もあります。フォトグラファーや個別指導の塾講師、サロンのネイリスト、美容師などがその例です。こういった仕事は、最初に数年、組織に所属してスキルを学んだ後、独立する人も多い働き方です。

ほかにも、FXや仮想通貨などを使って収入を得て生計を立てている人も、フリーランスの一人として挙げられるでしょう。

このように、同じフリーランスでも仕事の幅は広く、スキルや営業方法次第では、会社員よりも多くの収入を得る可能性もあります。

■フリーランスで仕事を取るには

フリーランスには、入社試験などがありません。そのため、自分で「ライターです」「カメラマンです」と言えば、その時点でフリーランスとなります。しかし、名乗ったからといって、いきなり仕事が舞い込むわけでもありません。

仕事を獲得するには、営業活動が大切です。自らが積極的に動くことが必要となります。例えば、友人や知人などから仕事を獲得するという方法があります。「自分ができることはないか」「こういう仕事をしたい」ということを発信してみましょう。思わぬリアクションが返ってくるかもしれません。自分でブログやサイト、SNSを活用し、積極的に自分を広くアピールする方法も有効です。

フリーランスで仕事を獲得する際は、「何もしなければ誰も自分のことは見てくれない」ということを意識することが大切です。クラウドソーシングのサイトやエージェントが存在する場合は、サイトに登録してみるのもその第一歩です。自分ができる営業方法を考え、仕事に繋げていきましょう。

■フリーランスになる前に注意すべきこと

フリーランスはさまざまな面で、会社員と違いがあります。一見、「自由さ」「気楽さ」が目立つ職業ですが、リスクなどを事前に把握しておくことも大切です。

フリーランスとして仕事を始める中で、最も理解しなければならないのはお金の管理です。会社員の場合、毎月のお給料から、あらかじめ税金や社会保険料などを差し引かれた額が支給されます。そして、12月頃になると、税金の計算の取りまとめを年末調整という形で行います。

企業の場合、こうしたお金の管理は経理部門が中心となって行います。しかし、フリーランスの場合は、これらの処理を自ら行わなければなりません。月々に発生する経費の管理や税金の納付、そして年度末には確定申告を行う必要があります。このようなお金に関する実務や知識も身につけていかなければならないのです。

また、フリーランスというのは収入が不安定な職業です。クレジットカードやローン、賃貸などの契約を結ぶ場合、審査が難しくなる可能性があります。契約の際には担当者へ相談し、審査の厳しくないプランを紹介してもらうなどの方法を考えましょう。

ほかに、スケジュールの管理能力も求められるスキルの一つです。ガンガン稼ぎたいからといって休みなしで仕事をしていると、身体に支障をきたしてしまいます。場合によっては仕事に影響してしまうかもしれません。体調を整えるためには、計画的なスケジュール管理が大切です。

繁忙期と閑散期のメリハリをつけて、自分のペースで無理なく仕事ができる体制づくりに努めましょう。

■最初の収入は低くて当たり前

フリーランスで仕事を始めても、最初からお金を稼ぐことは困難です。ただでさえ収入が安定しない職業のため、月単位や年単位で、報酬の増減が激しい時期があるかもしれません。収入を安定させながら仕事を継続するのは、とても難しいことでもあります。

フリーランスで活動を開始したものの、生活が維持できないという場合は、副業という形で仕事を開始してみてはいかがでしょうか。副業がOKの会社でしたら、副業としてスタートしてみるといいでしょう。既に会社を退職している場合は、パートやアルバイトなどを組み合わせて兼業のスタイルを取っていくと、一定額の収入は確保できます。仕事が本格的に忙しくなった段階で、フリーランスの仕事に集中していく方法も視野に入れましょう。

フリーランスの仕事は、自由なイメージがあります。しかし、不安定な収入のため、自己管理の徹底ができなければ、たちまち生活することも難しくなります。フリーランスで大切な点を踏まえ、自分の能力やスキルを活かしつつ、活躍の幅を広げていきましょう。
TOP