フリーランスでも賃貸の審査は通る?通過する方法と審査内容について解説

フリーランスでも賃貸の審査は通る?通過する方法と審査内容について解説

フリーランスのデメリットな悩みに、賃貸契約の審査に通らない点があります。 会社勤めや個人事業主と違って、フリーランスは社会的信用が低いのも理由です。 そこで今回は、フリーランスが賃貸契約に通過するためにはどうしたらいいのか? その詳細について解説します!
フリーランスのデメリットな悩みに、賃貸契約の審査に通らない点があります。

会社勤めや個人事業主と違って、フリーランスは社会的信用が低いのも理由です。

そこで今回は、フリーランスが賃貸契約に通過するためにはどうしたらいいのか?

その詳細について解説します!

フリーランスが賃貸契約の審査に落ちる理由は?

フリーランスが賃貸契約でNGになる理由は人それぞれです。

必ずこれが理由とは決まっておらず、審査に通るフリーランスだっています。

ここからは、フリーランスが賃貸契約の審査に落ちる理由について説明していきます。

収入が安定していない

フリーランスが賃貸契約の審査に落ちる理由は、収入が定まっていないことにあります。

フリーランスのなかには、もちろん安定した仕事内容で収入を得ている人もいます。

けれど、都度契約をしながら生計を立てているフリーランスもいるんですね。

フリーランスは現代の新しい働き方として、徐々に知名度は上がってきています。

ですが考えの古い大家さんなどは慎重に厳しい目で見られることの方が多いです。

フリーランス歴が浅い

フリーランスが賃貸契約の審査に落ちる理由に、フリーランス歴が浅い点があげられます。

それでなくとも、収入が安定していないと厳しい目で見られているので、1年やそこらのフリーランス歴では信用度が低いですよね・・・(*_*;

もしフリーランス歴が浅くて契約を考えているなら、まだ借り時ではないということです。

これは会社勤めや個人事業主でも同じなので、信用される実績が必要なんですね。

自宅兼事務所利用を希望している

フリーランスが賃貸契約の審査に落ちる理由は、自宅だけでなく事務所としても使いたいと希望しているからかもしれません。

全員ではありませんが、フリーランスの仕事をするうえでの事務所が欲しいと考える人はかなり多いです。

契約理由は必ず聞かれるし、嘘をつけば虚偽で強制退去させられることもあります。

従業員やお客さんが出入りするとなると、近隣への迷惑やトラブルも懸念されます。

ここは大家さん次第な部分もあるので、慎重に相談するべき点でもありますね。

フリーランスが賃貸契約を通過するためにすべきことは?

フリーランスだと賃貸契約が絶対にNGなわけではありません。

フリーランスでも、審査を通過させるだけの信用が得られればいいだけです。

ここからは、フリーランスが賃貸契約を通過するためにすべきことを説明します。
via pixta.jp

収入の安定とフリーランス歴の実績をつくる

フリーランスで賃貸契約の審査に通りたいなら、安定した収入をつくることです。

フリーランスでは都度契約で、単発的に契約をして稼ぐ方法があります。

これではいつ収入が途絶えるか分からないし、契約できなければ無職ですよね。

なので、できるだけ長期継続で安定した収入が得られる仕事の継続が必要です。

つまりは信用できる内容と実績をつくればいいということなんですね。

審査に有利な書類の提出

フリーランスで賃貸契約の審査に通りたい場合は、審査に有利な書類があるといいです。

フリーランスで得た収入の入出金は、個人とは別口座にして記録を残しておきます。

所得税や住民税などの税金の滞納はNGです!納税証明書が出せるようにするのがベストです。

収入証明書や確定申告の控えなども、言われる前から準備しておきましょう。

連帯保証人をつける

フリーランスで賃貸契約の審査に通りたいなら、連帯保証人をつけることです。

生活のなかのさまざまな契約の場面で、連帯保証人がいることは強みですね。

ただ、家賃を滞納したりトラブルをおこしたりすると連帯保証人にも責任が問われます。

これらを起こさないことが大前提ですが、信用信頼度が高くないと頼むのが大変な点もあります。
via pixta.jp

フリーランスでも審査を通過させて賃貸物件を借りよう

フリーランスの賃貸契約は審査がなぜ通らないのか?

審査を通過するにはどうしたらいいのかを解説しました。

フリーランスは収入が安定していないこと、フリーランスでの経歴が浅いこと、利用目的が原因なことなど理由はいくつか考えられます。

これらは賃貸会社や大家さんによっても変わるので、相談することも大事です。

フリーランスが賃貸契約の審査を通過するには、仕事の実績づくりや収入の安定が大前提です。

実績をつくったうえで、信用されるに至る書類や連帯保証人などをつけるといいです。

フリーランスでも賃貸審査に通過して、素敵なお部屋を借りてくださいね。
TOP