フリーランスになる前に覚えておくことは?どんな職業の人が活躍している?

フリーランスになる前に覚えておくことは?どんな職業の人が活躍している?

近年、働き方もさまざまなものが出てきました。 会社や団体に所属しないスタイルで仕事をする人を「フリーランス」と呼びます。 今回は「フリーランス」に関するさまざまなことを紹介していきましょう。
近年、働き方もさまざまなものが出てきました。

会社や団体に所属しないスタイルで仕事をする人を「フリーランス」と呼びます。今回は「フリーランス」に関するさまざまなことを紹介していきましょう。

フリーランスの意味とは?

フリーランスは個人で仕事を取る人のことを指します。アナウンサーなどで「フリーになった」という言葉を聞くと思いますが、フリーランスになって自由契約スタイルで仕事をしているということなのです。

フリーランスのメリット

フリーランスにはさまざまなメリットがあります。そのメリットを求めて、会社所属などからフリーランスになる人が多いのです。こちらでは、フリーランスにどのようなメリットがあるのかを見て行きましょう。

収入アップが期待できる

会社員の場合、成果をあげてもそれが収入に繋がるわけではありません。同じ仕事量や成果をあげても、会社員は収入アップが期待できませんがフリーランスの場合は収入に劇的な変化が起こる場合が多いのです。

なぜ、収入アップに繋がるのかというとフリーランスは売上がそのまま収入になるからです。

働く場所が制限されない

常駐型のフリーランスの場合、会社に働くことになります。

しかし、常駐型以外のフリーランスであれば基本的にどこで仕事をしても自由です。自宅で行うのもいいですし、カフェなどで仕事をする人も多いでしょう。

極端に言えば旅行中にも仕事ができるので、ストレスフリーで働くことができるのです。

時間を有効に使える

会社員の場合、出勤時間などで時間を無駄にしてしまう場合もあります。人にもよりますが、1時間以上かけて出勤する人も決して珍しくありません。しかし、フリーランスであれば時間を有効に使うことができます。

フリーランスのデメリット

フリーランスにはメリットが多くありますが、デメリットも多くあります。個数で言えばデメリットの方が多いかもしれません。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかについて見ていきましょう。

収入が安定しない

会社員であればよほどのことがない限り、収入が大きく下がることはありません。

しかし、フリーランスの場合は仕事が途絶えてしまうと一気に収入が下がってしまいます。ある程度決まっていた仕事でも、直前になって白紙になることも珍しくありません。突発的に収入が激減する可能性があることも覚えておきましょう。

社会的信用がない

年収300万円の会社員と1,000万円のフリーランスではどちらが信用があるでしょうか、金額で言えばフリーランスですが、金融系などの信用は会社員の方が大きいのです。

フリーランスは収入が多くても先述したように、突然収入がなくなる可能性もあります。しかし、会社員の場合はそういったことがありません。支払い能力的な面で見れば会社員の方が信用されやすい特徴があります。

保険が弱い

フリーランスは雇用保険がありません。

そのため、何かあった時などに保険の恩恵を受けにくい特徴があります。年金についても会社員は厚生年金ですが、フリーランスは国民年金です。老後の心配を考えると、やはり会社員の方が安定していると言えるでしょう。

フリーランスの仕事の種類

フリーランスと言ってもさまざまな職業があります。こちらでは、フリーランスが活躍している職業の一部について見ていきましょう。今後、フリーランスを検討している人は参考にしてみてください。

ライター

メディアから依頼を受けて記事作成をする人のことです。

ライターと言っても、そのジャンルは豊富なので簡単にひとくくりには出来ないでしょう。コピーライター、ルポライター、シナリオライター、同じ文章を仕事にしていてもさまざまなジャンルに分けられます。

イラストレーター

書籍や雑誌、WEBなどで掲載されるイラストを描く人です。会社に所属している人もいますが、多くの場合がフリーランスで働いている傾向があります。イラストレーターの中には独自で展示会などを行う人もいるようです。

プログラマー

企業から依頼されてハードウェアやソフトウェアを動かすためのプログラムを行う人です。フリーランスのプログラマーも少なくはなく、会社に常駐する人と自宅で行う人、さまざまなスタイルを持っています。

フリーランスのメリット・デメリットを知ろう!

フリーランスと聞くとメリットの方を先に考える人も多いでしょう。しかし、デメリットも把握しておかないと実際にトラブルに直面した時が大変です。メリットばかりを考えるのではなく、デメリットも把握した上で検討するようにしてください。
TOP