自由で気楽な仕事ではない?!フリーランスが抱える不安とその解消法

自由で気楽な仕事ではない?!フリーランスが抱える不安とその解消法

フリーランスで働く人は、それぞれ境遇が異なります。副業でフリーランスの活動している人、専業のフリーランスとして活動している人など様々ですが、一律に言えることがあります。 それは、「常に仕事があるかわからない」ということです。 会社員であれば、毎日会社に行けば仕事が多かろうが少なかろうが、そこでお給料が発生しますね。しかし、フリーランスは仕事がなければ当然収入はゼロになってしまいます。そのため、フリーランスは仕事と収入の不安定さにおいて、さまざまな不安を抱えている人が多いのです。
フリーランスで働く人は、それぞれ境遇が異なります。副業でフリーランスの活動している人、専業のフリーランスとして活動している人など様々ですが、一律に言えることがあります。

それは、「常に仕事があるかわからない」ということです。

会社員であれば、毎日会社に行けば仕事が多かろうが少なかろうが、そこでお給料が発生しますね。しかし、フリーランスは仕事がなければ当然収入はゼロになってしまいます。そのため、フリーランスは仕事と収入の不安定さにおいて、さまざまな不安を抱えている人が多いのです。

不安が尽きないフリーランス

フリーランスでない人から見ると、

「好きな時に起きて好きなタイミングで仕事ができる」
「フリーって気楽そうでいいなぁ」

と映ってしまうかもしれません。

しかし、それは単に“隣の芝生が青く見える”だけのことかもしれませんよ。

収入の不安定による悩み

フリーランスにおいて、多くの人が悩みを抱えるのは収入による不安でしょう。これは決して収入が少ないというわけではありません。中には会社員よりも多くの額を月単位で稼ぐ人もいるんです。

しかし、このような案件が毎月続くわけではありません。そのため月々の収入には大きな変動が生じてしまいます。今月の収入は数百万でも翌月はゼロということもあり、変動が多いほど不安にさいなまれてしまうのです。

ヒマになる不安

フリーランスの繁忙期は目が回るくらい忙しくなることがあります。そのようなときは、「身体が持つかなぁ…」といった、健康上において不安を感じてしまうときもあります。一方で、何も仕事がなければそれはそれで不安になってしまうのです。

フリーランスにとってヒマになることは、まさに死活問題です。そのため、仕事が途切れないように常に次の仕事のことを考えている人も多いものです。中には、「本当は断りたいけど、今後仕事を回してくれなくなったらどうしよう…」という気持ちから、仕事を受けるということもあります。そのため仕事をするときは常に、複数のクライアントと契約関係を結ぶフリーランスの人も少なくありません。

将来の不安

フリーランスで大切なことは、セルフマネジメントです。

自分自身の管理をしっかり行わなければなりません。しかし年齢を重ねるにつれて、徐々に体力的な面で変化が生じてしまいます。バリバリ仕事をこなす一方で、「このまま今のような状態で仕事が続けられるのだろうか…」と不安に襲われることも少なくありません。

また、10年、20年経った後に、自分がフリーランスとして必要とされているのだろうかという悩みもあります。目の前の仕事をこなす一方で、今の働き方を継続していけるのかという将来への不安は、多くのフリーランスの課題になっているのかもしれませんね。

不安と向き合いながらどう頑張る?

とはいえ、不安ばかりを抱えていては何の解決にもなりませんね。不安を解消するには、原因をしっかり見つめ、元となる部分を潰していくことが大切です!

フリーランスでも加入可能な保険制度を調べる

お金の問題については、さまざまな制度を調べてみることで解決策が見えてくるかもしれません。

フリーランスの仕事を万一廃業してしまった場合、小規模企業共済というものが存在します。小規模企業共済は、企業の退職金制度に代わるものとも言えます。

20年間積み立てることで、事業が廃止した場合最大120%の共済金を受け取ることができるという制度です。ちなみに掛け金は月額1000円からでOKなので、無理なく利用できる制度といえますね。ただし積立てが20年未満だと元本割れになってしまうので注意が必要です。

「長期にわたりフリーランスを継続していく!」という決意を固める保障として考えておくといいかもしれません。ただし小規模企業共済は、開業届の控えが必要になるので、加盟したい場合はあらかじめ開業届を提出しておきましょう。

ポートフォリオを充実させよう

仕事がなく時間だけがあるというときは、自分を見つめ直すチャンスとも言えます。これを機に自分の仕事を棚おろしてしてみるというのも一つの方法と言えるでしょう。

ポートフォリオの作成や手直しをすることで、自分の仕事内容を今一度整理してみるといいかもしれません。ポートフォリオは自身の営業活動にも繋がります。

もしも著作権の関係などで、掲載許可などがとれない場合は、

・自分がしてきたこと
・自分ができること
・今後やりたいこと


を整理してみるだけでも違いますよ。

新たな仕事につながるきっかけになるかもしれませんね。

専門知識の習得

フリーランスとして長く続けて行く上で大切なのが、技術や知識の研鑽です。今自分が関わっている業界の現状や問題をチェックしてみましょう。

また、WordPressやHTMLの勉強をするなど、仕事の幅を広げるための知識を獲得する絶好の機会でもあります。他にも、フリーランスとして欠かせないのが事務処理のスキルです。確定申告などの税金の仕組みや、社会保険の制度など、仕事をスムーズに進めていくためのスキルを磨く期間として過ごしてみるのもいいでしょう。

一見自由で気楽に見えるフリーランスも、さまざまな悩みや不安の中で仕事と向き合っています。フリーランスにとって空いた時間は、不安を捉えるものではなく、いろんなことを吸収する期間と捉えることが大切かもしれませんね。
TOP