主婦の在宅ワークってどうなの?始める前に知っておきたいデメリットを解説

主婦の在宅ワークってどうなの?始める前に知っておきたいデメリットを解説

近年在宅ワークの種類も幅広く増えて人気が高まっています。 育児や家事で忙しい主婦にとっても魅力的な働き方です。 自宅に居ながらお金を稼げて、時間を自由に使うことができるのは理想的です。 ですが、物事には必ずメリットとデメリットがあります。 今回は、主婦が在宅ワークをする際に知っておきたいデメリットについて解説します。
近年在宅ワークの種類も幅広く増えて人気が高まっています。育児や家事で忙しい主婦にとっても魅力的な働き方です。自宅に居ながらお金を稼げて、時間を自由に使うことができるのは理想的です。

ですが、物事には必ずメリットとデメリットがあります。今回は、主婦が在宅ワークをする際に知っておきたいデメリットについて解説します。

主婦の在宅ワークのデメリットとは?【契約編】

主婦に限らずですが、在宅ワークを始める際はネットで検索して探すことが多いです。電話やチラシに貼り紙など昔ながらの求人方法もありますが、ほとんどネットが主流です。

ここでは、在宅ワークを探して契約する際のデメリットについて解説します。

信用信頼は自分の判断

在宅ワークをネットで探す際は、その依頼者や企業の信用性を調べてから応募しましょう。最近は口コミサイトも多くあるので、応募してからではなく、する前に見るのがポイントです。

会社で直接の面接とは違ってネットで完結する分、悪質なサイトからの求人も多いです。信用信頼性を自分で調べて確認してから判断し応募する必要があるので、全責任が自分自身な点がデメリットです。

顔が見えない不安

いざ在宅ワークを始めると、依頼者や企業の人に会うことは滅多にありません。直接の会社勤めとは違って、顔を見て話し合う訳ではないので不安も付きまといます。

契約もネットで完結できますし、普段のやり取りもネット環境で済ませることが可能です。相手の顔を見れれば感情なども伝わりやすいですが、顔が見えないことは時に不便さも感じます。信用信頼と同様で、しっかりした内容の仕事なのかなど心配がつきものです。

時間制での報酬ではない

在宅ワークでは基本的にタイムカードや時間を計る仕事は無いです。成果報酬といって、依頼された仕事が仕上がってはじめて報酬が支払われます。ですので、主婦の在宅ワークで育児や家事が忙しいと優先し過ぎると、仕事が捗らずにいつまで経っても報酬は得られません。

上手に時間を使って仕事をすることができれば、次々に依頼がきて頑張った分だけの報酬が得られます。
ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまわないように注意も必要です。

主婦の在宅ワークのデメリットとは?【連絡編】

在宅ワークの基本はネットでのやり取りが主流です。

パソコン作業以外の内職や、仕事物が自宅へ送られてきての作業でも最近はメールやチャット連絡で完結する仕事が増えています。ここでは、主婦の在宅ワーク時によくある、連絡のやり取りのデメリットについて解説します。

基本的な連絡はメール

主婦に限らず、在宅ワークの際の連絡はメールがほとんどです。ネット環境でおこなえるチャットや、LINEを利用している企業もあります。言葉で直接伝えられないのはときにデメリットなことも。

依頼者や企業ではなるべく電話連絡をせず、仕事も連絡も全てネット環境で完結させることで自分たちの仕事の効率化を図っています。メールの文章だけで、相手にしっかり伝わるように連絡しなければなりません。

電話連絡NGな企業もある

仕事の依頼者から在宅ワークの受注者へ、電話連絡がOKな場合はマニュアルや契約書にあらかじめ電話番号が記載されています。どこにも電話番号の記載が無い場合は、面倒ですが電話連絡がNGと思って正解です。

主婦が在宅ワークの仕事を受けて、育児や家事に忙しくいざ連絡を取りたいと思ってもどうしたらいいのか分からないなんてことがあります。連絡先を探すのが手間になって時間が経ち過ぎると、契約を切られることも。依頼を受ける前に連絡の取り方は把握しておきましょう。

連絡のタイムラグ

在宅ワークの連絡のやり取りがメールである以上、リアルタイムで返事が貰えないことも多々あります。チャットではリアルタイムなこともありますが、依頼者や企業も同じように働いているので気がついた時に対応といった形がほとんどです。

会社へ直接勤めている訳ではないので、この辺はデメリットですが妥協点でもあります。相談の連絡の場合は返事が来ないと仕事が進められないので、これもデメリットな点です。

納品の連絡などは良いですが、タイムラグが多少なりとも仕事に支障をきたすことは頭に入れておくべきです。

主婦の在宅ワークのデメリットとは?【自己管理】

在宅ワークで働く場合は、全てを自分で管理してスケジュールを組む必要があります。会社勤めでないので、上司からの指示も無ければ監視もありません。他からの指示が無いことは楽ですが、時に不便さを感じる場面もあります。

ここでは、主婦が在宅ワークをする際の自己管理に関するデメリットを解説します。

働く時間とプライベートの管理

在宅ワークは働く仕事の時間と、プライベートを過ごす時間の管理が重要です。会社にいる訳ではないので、お昼も自由ですし仕事をいつ終えるかも自由です。今日は1日お休みにしても良いし、働いても良いのです。

しかし、自由にし過ぎて生活にメリハリがないとただダラダラと過ごしてしまいます。

主婦は育児や家事もしながらの在宅ワークになるので、ある程度の時間配分を頭のなかで決めておく必要があります。いつまででも働けてしまうのもデメリットなので、区切りはきちんとつけてください。

コミュニケーションの不足

在宅ワークは依頼者や企業の顔が見えないので、会社勤めのとき以上のコミュニケーションが必要不可欠です。

ネットを返しての連絡のやりとりは直接の言葉ではなく文章なので、より丁寧に確実に伝わるように心がけなければなりません。

上手く伝わらずに相手と文章を何度も繰り返すのは、迷惑になるのと同時に時間もかかります。必要最低限の内容で完結に確実に伝える力が必要なので、文章を考えるのが苦手な主婦にはデメリットです。

正当な評価をされない

在宅ワークはどんな内容の仕事でも、自分が働いている姿を相手に見てもらうことができないです。会社勤めは納期までに頑張っている姿が相手にも見えるので、上司からも評価を得られやすいのがメリットです。

通常は、普段の頑張りと仕事の成果の両方で評価がもらえます。しかし在宅ワークではそれができない分、納品した仕事の成果内容でしか判断してもらえません。

連絡のやり取りが丁寧だったりといった点で評価されることもありますが、仕事の成果がほとんどなのがデメリットです。

主婦の在宅ワークのデメリットを理解したうえで働こう!

主婦が在宅ワークをする際のデメリットな点について解説しました。在宅ワークは相手の顔がみえない分、十分注意する必要があります。

契約が信用信頼性のあるものなのか、確実に報酬が得られるのかなど全てが自分の責任になるので見極める力も必要です。

誤解のないよう文章で伝えるコミュニケーション能力も大事です。仕事とプライベートの線引きも考えなければならないです。在宅ワークのデメリットをよく考えてから始めてみてください。
TOP