フリーランスって誰にでもできる?メリットとデメリットとは

フリーランスって誰にでもできる?メリットとデメリットとは

"フリーランス"という言葉を目にしたり、耳にしたりする機会が増えてきました。フリーランスとは、企業や団体に所属することなく、自身のスキルを企業に売り込み、社会に貢献していく個人事業主を指します。フリーランサー・フリーエージェントとも呼ばれる人達は、どの様な人達を指しているのでしょう?
"フリーランス"という言葉を目にしたり、耳にしたりする機会が増えてきました。フリーランスとは、企業や団体に所属することなく、自身のスキルを企業に売り込み、社会に貢献していく個人事業主を指します。フリーランサー・フリーエージェントとも呼ばれる人達は、どの様な人達を指しているのでしょう?

フリーランスの職種

フリーランスで働いている人達の業種は様々で、ライターやデザイナー、カメラマンやエンジニア、医師など多岐に渡ります。フリーランスは自由に仕事を選べますので、自身の決めた目標に取り組みやすい環境を作ることが可能です。

しかし、フリーランスは自身のスキルを売り込む必要があるため、"ひとりで生活できるスキル"が身についていないと難しいと言えるでしょう。売り込めるスキルや特技が無い人では、仕事を受注できないからです。

フリーランスの意味

フリーランスという名前の意味は、中世ヨーロッパ時代、雇われた騎士のことをフリーランスと呼んでいたことが語源とされています。このランスは槍(Lance)を意味し、当時の騎士達は主に槍を使っていた為です。

フリーランスのメリット

「自分でもフリーランスできるかな?」と考えた人はいるでしょう。フリーランスにもメリット・デメリットが存在します。まずはこれらを理解した上で検討することをおすすめします。

自由な働き方ができる

フリーランスは企業に属していません。なので、"会社へ出勤"という概念がありません。作業環境や業種によっては移動も必要になりますが、好きにな場所で働くことができます。フリーランスの代表的な職業と言えるライターに関しては、パソコンとWi-Fi環境さえあれば何処でも仕事ができます。

なので、自宅で働くこともできますし、時には気分を変えてカフェで仕事も可能です。この様に、企業に属しないメリットを活用することで自由な働き方が可能になります。

時間に縛られない

会社に属しないということは、出社時間などに縛られる必要もありません。通勤時は「毎日の様に満員電車に揺られるので、通勤だけで疲れてしまう」という人もいるでしょう。

また、朝が苦手という人もいますよね。社会において遅刻は厳禁ですので、毎朝目覚まし時計のアラームに嫌々起こされるという人もいるでしょう。フリーランスなら時間に縛られることはありません。好きな時間に起き、好きな時間に仕事を開始して、好きな時間に仕事を終われます。

契約した納期に間に合わせれば良いので、好きにスケジューリングができる為です。納期に余裕がある場合、連休を作って旅行など計画する人もいるでしょう。

人間関係に影響されない

フリーランスは個人で企業と契約し、仕事上でのやり取り、納品までを全て1人で行います。企業に勤めていると、色々な性格や考え方を持った人達と仕事をしなければいけません。

「会社の人間関係に疲れた」「上司のハラスメントが酷い」など感じた人もいるでしょう。仕事内容は楽しくても、会社の人間に疲れてしまっては仕事も楽しめませんよね。フリーランスはこれまでに触れた様に、会社に出勤する必要がありません。

なので、上司や同僚、部下に会うこともありません。ひとり自由に仕事に取り組めるので、周囲の人達に気を使う必要もないのです。

フリーランスのデメリット

フリーランスは仕事の獲得から納品、収支の把握など一連の内容を全て自分で行う必要があります。つまり、長期的なスケジューリングや内容の把握、お金の管理などが不得手な人には向いていません。

企業という後盾が無い

仕事をする上で、失敗した経験は誰にでもありますよね。その際、上司や会社が庇ってくれることがほとんどです。しかし、フリーランスは会社に属していません。つまり、企業という後盾が無いため、失敗した場合の責任は、全て自身の責任となります。

相談相手がいない

企業に勤めていれば、不安な仕事や疑問に感じた場面などは周囲に確認することが可能です。時には上司に相談して解決する場合もあるでしょう。フリーランスは1人で仕事を行う為、相談相手はいません。常に自分のスキルで解決するしか無いのです。

収入が安定しない

フリーランスは自身で仕事を獲得しなければいけません。クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソージングを活用したり、企業に勤めていた頃の経験を使って仕事を得ることは可能ですが、企業の様に安定した収入が見込めるとは限りません。特に、スキルが無い場合は仕事が得られませんので、生活に困りかねないのです。

まとめ

フリーランスで働いている人達は数多くいます。自身のスキルを売り込み、自由な働き方を楽しんでいる人も多くいるでしょう。この一方で、企業に属していないことで様々なデメリットもあります。

まず、フリーランスとして働く前に、"自分ひとりで働き生活できるスキル"を身に付けておくことが必要です。無計画でフリーランスの世界に飛び込んでは失敗しますので、副業としてスタートし、経験を積んでからの検討をおすすめします。
TOP