フリーランスってどんな働き方?メリットやデメリットとは

フリーランスってどんな働き方?メリットやデメリットとは

「フリーランス」という言葉をよく聞きますが、どのような働き方なのでしょうか。フリーランスとは会社に所属せず、依頼に応じて個別に契約して仕事をする人のことです。
「フリーランス」という言葉をよく聞きますが、どのような働き方なのでしょうか。フリーランスとは会社に所属せず、依頼に応じて個別に契約して仕事をする人のことです。

フリーランスってどんな働き方?

専門分野におけるスキルが高い人が、個人でも活躍できる傾向が高いです。ただし、明確な定義はないので、自分でフリーランスだと名乗ればフリーランサーになることができます。

フリーランスで活躍している方が多い職種として挙げられるのは、ライターやデザイナー、イラストレーターなどです。

フリーランスのメリット

フリーランスでいることのメリットは、会社の就業時間や規則に縛られることなく、自分の裁量で仕事ができることです。スケジュール管理能力が必要ですが、自分でその日の仕事量を決めてメリハリをつけた日々を送ることができます。

仕事をしない日には自己研鑽のための勉強や情報収集などスキルアップする努力を惜しまない人がフリーランスには向いています。また、電話とインターネット設備が整っていれば、どこでも仕事ができる時代なので、自宅でも仕事を始めることが可能です。

仕事の依頼が続々と舞い込めば、その分たくさんの報酬を稼ぐことができます。会社の枠組みがないので、様々な人と知り合うことができ、人脈が広がります。人脈が広がれば仕事の依頼に繋がる可能性もあるので、定期的に人材交流会に顔を出したり、SNSに仕事内容を発信する方も多いです。

フリーランスのデメリット

フリーランスは、会社に所属していないので労働基準法に適用されることはありません。そのため、依頼された仕事がなければ生活できませんし、反対に膨大な量や、急な締め切りの仕事があっても自己責任でこなさなければいけません。

過労にならないように働くペースを確立し、消化できない仕事量の場合は取引先に納期を延ばしてもらうなどの交渉力が必要となります。健康管理も仕事のうちだと考えて無理をし過ぎないようにすることが、フリーランスで長期的に成功するコツです。

また、フリーランスのデメリットとして大きいのは、社会的信用が低く見られがちなことです。フリーランスと似た業態に個人事業主があります。個人事業主は、個人としてその事業を行うことを税務署に開業届を提出している人のことです。

会社に所属せず、給与ではなく報酬というかたちで収入を得ているところは同じですが、フリーランスだとクレジットカードを新規作成する際や、住宅ローンを組む際に審査が通りにくかったり、借りられる額が低く見積もられることがあります。

フリーライターって何をする仕事?

フリーライターは、依頼に応じて文章を書く仕事です。書く内容が小説なら小説家、コラムやエッセイならコラムニストやエッセイスト、取材を基に深く掘り下げて書くならルポライター、ウェブ媒体が専門ならウェブライター、商品の販売促進の宣伝文を考えるならコピーライターというように、専門分野によって肩書きが変わります。

フリーライターとして活躍するには、文章力があることは大前提です。その上で、その分野において読む人が求めている情報を深掘りして書くスキルや、説明力、表現力が必要となります。また、自分を売り込むために企画を立て、それを新聞社などのメディアに採用してもらうことによって大きな収入を得ることがあります。世間の関心のありかを探り、企画内容や表現方法を考えることも大切です。

フリーデザイナーの仕事とは?

フリーデザイナーとは、依頼に応じてデザイン業務を受注する仕事です。デザイナーと聞いて真っ先に思い付くのは、洋服やアクセサリーなど、アパレル業界で販売する商品の企画やデザインを行うファッションデザイナーかもしれませんが、デザインに関するあらゆる仕事がデザイナーに分類されます。

ウェブサイトの情報を閲覧者に伝わりやすく、お洒落なデザインにするのはウェブデザイナーですし、書籍のブックカバーや表紙、帯などの本の外観をデザインする仕事はブックデザイナーです。企画や依頼に応じてデザインを考えるので、世間や依頼主が求めるデザインの一歩も二歩も先を行く目新しさや独創性が求められます。

依頼主の意向を汲み取りつつ、機能性とデザイン性の両立について頭を悩ませることも多いようです。このように常に感性を磨き続けることが必要な仕事です。

フリーイラストレーターはどんなイラストを描くの?

フリーイラストレーターとは、依頼に応じて絵筆やパソコンを使ってイラストを描く仕事です。

書籍やウェブサイトの挿絵や似顔絵、キャラクターなど見る人の印象に残ったり楽しい気持ちにさせるイラストを描くだけではなく、流れ作業の解説図や文章を絵によって補足する図解など、説明的要素が多いイラストを描くこともあります。

依頼を受けるためにSNSに自分の作品を公開している方も多いです。たくさんのイラストレーターの中から自分に依頼してもらえるように、万人に好まれる画風から個性的なタッチまで様々に使い分けて描くことができると強みになります。

イラストレーターとして地位が確立し固定のファンが付くと、作品集の出版や個展を開くことも夢ではありません。
TOP