【個人向け】おすすめファクタリング業者とは?優良業者を見分けるポイント

【個人向け】おすすめファクタリング業者とは?優良業者を見分けるポイント

ファクタリングを考えているなら、優良業者かどうかを見分ける必要があります。個人でファクタリングを行う際に、どのようなことが必要になってくるのか、きちんと理解しておくことが大切です。 まずは正しい情報から、個人向けおすすめのファクタリング業者を選んでいきましょう。
ファクタリングを考えているなら、優良業者かどうかを見分ける必要があります。個人でファクタリングを行う際に、どのようなことが必要になってくるのか、きちんと理解しておくことが大切です。

まずは正しい情報から、個人向けおすすめのファクタリング業者を選んでいきましょう。

ファクタリングとは?

「ファクタリング」の意味をご存じでしょうか?
企業から売掛債権を買い取り、管理や回収などのサービスを行う金融サービスになります。また、保証を付けられるサービスのものもありますので、万が一のときでも安心です。

このようなことからファクタリングは、すぐに手元資金が必要となる場合、資金調達として現金化し利用されていることも。さらに、ファクタリングには、売買型と保証型の2種類があります。

売買型は、売掛債権をファクタリング会社へ売買し、手数料を差し引かれた金額を受け取る仕組みになっており、「ファクタリング」と言えば売買型を意味することがほとんどです。また保証型を選ぶ際には、保証会社が売掛先の信用調査後、保証額が決まるシステムになっているので、選ぶ先により金額も変わってくるでしょう。

ファクタリングのメリット・デメリットとは?

では、ここからはファクタリングのメリットとデメリットについてご紹介していきます。ファクタリングを考えているなら、いいところばかりでなくデメリットにもきちんと目を向けておく必要があります。デメリットを事前に知っておくことで、ファクタリングをスムーズに行えるようになるのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングの良いところは、何と言っても急な資金調達にも早く対応できる、最短即日に現金化することも可能なところです。さらに、自社の財務状況や信用情報にも影響なく利用可能なので、銀行から融資を断られていても利用可能となっているのもメリットの一つと言えます。また、万が一取引先が倒産しても、売掛金が未回収でもリスクを回避できるのもファクタリングの良さと言えるでしょう。

ファクタリングは信用情報に残らないこと、保証人や担保が不要なこと、月ごとに繰り返し利用できるのも利点になります。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングの際に、手数料を確認しておく必要があります。なぜなら、ファクタリングの手数料は比較的高額と言えるからです。とくに、それぞれ取引を行う会社が2社なのか、3社なのかによっても手数料の割合が変わってきます。

とくに何の計画もなくファクタリングを行ってしまうことで、キャッシュフロー悪化の原因になってしまうことがありますので、気を付けるべきでしょう。

優良ファクタリングかどうか見分けるポイント

では、ファクタリングを実際に行う前に、きちんと優良であるのか確認しなければなりません。どのようなところに気を付けて、ファクタリングを選ぶべきか検討し、自身の運営に役立てられることが重要です。
まずは、優良なファクタリング会社かどうか見分けるポイントについておさらいしていきましょう。

手数料が記載されているか

ファクタリングは、比較的新しい債権になります。そのため、情報も少ないことをいいことに悪質なファクタリング会社が高めの手数料を設定し、回収していることがあります。
手数料が無記載であることから、違法な額の手数料や、悪質な高額手数料を提示してくる可能性がありますので、記載のない会社には、事前に問い合わせて聞いてみるか、不安な場合、違うファクタリング会社を選ぶと無難でしょう。

手数料は、2社間での手数料が10~30%、3社間では手数料が1~10%ほどが一般的ですが、これらを上回る手数料であれば、高い手数料と言えます。また個人の場合、手数料は10~50%とやや高い傾向がありますが、それらが一般的です。

運営会社の情報が開示されているか

運営会社がどこにあり、固定電話などの記載など詳細に記載されているファクタリング会社が優良と言えます。とくに、悪質なファクタリング会社は、住所の記載や固定電話番号の記載すらしていないこともあります。また、固定電話やお問い合せ窓口の記載があるか無いかによっても、優良かそうでないかの見分けるポイントになります。

固定電話や問い合わせの窓口が設けられていないファクタリング会社は、優良ではない可能性が高いと言えます。なぜなら、固定電話を設置できない業者は、過去になんらかのトラブルを起こしている、また反社会勢力との関わりがあるなどといった理由から、固定電話を設置できない可能性があるからです。

「償還請求権なし」を確認しておく

「償還請求権」とは、支払いする側が支払いを行わなかった場合、利用者に費用分の返金を求める権利になります。「償還請求権なし」の場合、万が一、支払われていない状態でも、請求権がありませんのでファクタリング会社が負担してくれます。

また、日本国内のファクタリング会社は、一般的に償還請求権がありません。しかし「償還請求権なし」の場合、手数料が割高になりますが、リスク軽減を考えてもそちらを選ぶべきでしょう。

個人のファクタリング利用の審査基準とは?

個人でファクタリングを利用する場合、個人の財務情報や信用情報にも関係なくサービスを受けられることは利点ですが、ファクタリングの利用には、ファクタリング会社の審査に通過しなければなりません。ファクタリングの審査対象には、主に回収の可能性や支払い期限などといった金銭責健の信用力がポイントとなります。

ファクタリング会社が、あなたに返済能力の不安がある場合、初めの審査で落ちてしまうこともあります。また、ファクタリング会社により、それぞれ審査の基準も違いますので、「こうすれば、審査に通る」なとどいったことは一概には言えないのです。
逆を言えば、あなたが対象としているファクタリング会社の基準を満たし、信用力のある債権なら審査も難しくはないでしょう。

個人のファクタリング利用で気を付けるべきこととは?

最近では需要が伸びつつあるファクタリングですが、その加速とともに違法行為を行う悪質業者やファクタリングを装った高額貸付などを行う業者もいます。
このような悪質な業者も増えていることから、金融庁が注意喚起をしています。

ファクタリングを装った高額貸付や賃金業に該当する取引か確認する

ファクタリングを装い、売掛債権を担保に、法定金利を超えるような高額な利息を請求された事例があります。賃金業の登録を行っていない業者が、ファクタリングを装い貸付した場合、これは違法行為となるのです。

そもそもファクタリング会社は、賃金業ではありません。そのため、貸付による利息を請求することができないのです。

【個人におすすめ】優良ファクタリング会社とは?

個人事業主におすすめファクタリング会社をご紹介する前に、もう少しファクタリング会社について学んでおきましょう。とくに、個人事業主がファクタリングを利用するとき、10~50%と高めで、手数料の金額にも幅があることはもちろん、取り扱いサービスとして「後払い現金化」が一般的といえます。

では、個人でもおすすめな優良ファクタリング会社には、どのような会社がおすすめなのでしょうか?ここからは、そんな安全性の高い優良ファクタリング会社をいくつか紹介していきます。

FREENANCE

個人事業主におすすめファクタリング会社「FREENANCE」は、最低1万円から利用が可能で、GMOインターネット株式会社の子会社なので、信頼できますよね。また、取り扱いサービスも2社間、3社間と可能であり、手数料も3~10%と良心的な価格がメリットとなります。

さらに、FREENANCEの専用口座に売掛金の入金を設定しておくと、業務中に賠償責任が起きた場合に「フリーナンス安心保障」が申し込みなしで、自動に付帯されるのも嬉しいポイントです。フリーランスの所得を保障してくれる「フリーナンスあんしん補償プラス」など、必要に応じて加入することができるので、加入しておくことで万が一のときにも安心です。

QuQuMo

「QuQuMo」の魅力は、手数料が1%~最大でも14.8%とかなり良心的な価格なだけでなく、必要書類がそろっていれば、最短2時間でサービスを受けられるところも魅力の一つです。さらに、来店不要のオンライン契約で完結させることができるので、時間の無い個人事業の方にもおすすめです。金額の上限がないので、少額からでも対応可能になります。

また面倒な書類などもほとんどなく、提出するのは「請求書」と「通帳」の2点のみになります。弁護士ドットコムが監修するクラウドサインでの契約締結なので、他に情報が洩れるといった心配がありません。
業界でも8割をしめているほど、人気のファクタリング会社になります。

事業資金エージェント

こちらも、来店不要で電話での契約やオンライン契約が可能です。さらに、1,000万円まで即日対応可能なだけでなく、最大2億円まで調達可能になります。また、手数料も1.5%~と業界でも最低水準になっています。

赤字の事業でも、銀行に融資を断られていても、事業エージェントで資金調達できた事例がありますので、まずは無理だと諦めずに、連絡し相談することから始めてみましょう。これまで諦めていたことに、希望が持てるようになるかもしれません。

個人でファクタリング会社を選ぶときの見極めは重要!

あなたの会社が成長する機会を逃さないためにも、資金調達を行うことは、経営者にとってとても重要なことです。また、個人事業主でファクタリングを行う場合、優良であるか否かの見極めるポイントが重要になってきます。

下調べはもちろん、本当に安心・信頼できる会社なのか確認することが大切です。まずは、個人事業に合ったファクタリング会社を選んで、会社の拡大につなげていきましょう。
TOP