フリーランスを目指す人必見!注意点や向いている人とは?

フリーランスを目指す人必見!注意点や向いている人とは?

フリーランスで働く人はカッコイイという意見を持つ人も多いのではないでしょうか。 会社に縛られないスタイルで働くことは確かに見ていてカッコイイかもしれません。 ただ、フリーランスとはいろいろな注意点があることは知っていますか? 今回はフリーランスの注意点や向いている人について紹介しましょう。
フリーランスで働く人はカッコイイという意見を持つ人も多いのではないでしょうか。

会社に縛られないスタイルで働くことは確かに見ていてカッコイイかもしれません。

ただ、フリーランスとはいろいろな注意点があることは知っていますか?今回はフリーランスの注意点や向いている人について紹介しましょう。

フリーランスの注意点

フリーランスはメリットも多いですが、覚えておくべき注意点もあります。こちらでは、フリーランスの注意点とはどんなものがあるのかを見ていきましょう。フリーランスを検討している人は注意点も覚えておきましょう。

孤独

フリーランスは自宅で仕事ができます。

独身の人の場合、1日に誰とも接することなく仕事をしている人もいるでしょう。ふとした時に孤独を感じてしまう人も多いようです。

フリーランスから会社員に戻る人の中には、その孤独に耐えられなかったという人も多くいます。

スキルが伸びにくい

会社員であれば、先輩などから分からないことを丁寧に教えてもらえます。

しかし、フリーランスの場合はすべて自分で解決しなければいけません。分からないところがあっても教えてくれる人がいないからです。

そのため、会社員時代よりもスキルが伸びなくなったという人がいます。

確定申告が必要

フリーランスは毎年自分で確定申告をしなければいけません。

会社員の場合は勤務先で確定申告が行われますが、フリーランスとなったら自分でする必要があります。
経費や収入の計算など、毎年大変な人もいるでしょう。

ただ、確定申告のソフトを使うことで大変さを軽減できるようになっています。フリーランスの人は確定申告のソフトで収入や経費を管理するようにしましょう。計算などはソフトを使うことで簡単に管理できるのでおすすめです。

フリーランスが向いている人とは?

どんなものにも向いている人、向いていない人がいます。

こちらでは、フリーランスに向いている人はどんな特徴を持っているのかを見ていきましょう。フリーランスを検討している人は、自分が向いているかをチェックしてみてください。

切り替えが上手

フリーランスで大切なこと、それはオンオフの切り替えが上手かということです。オンオフの切り替えができないと、仕事とプライベートが混ざってしまってストレスをためてしまうことになります。

会社員の場合は出勤と退勤で切り替えが可能ですが、フリーランスは自分で切り替えをしないといけないので注意しましょう。

スケジュール管理が上手

フリーランスの場合、仕事量は自分で調節しないといけません。来る仕事すべてを引き受けていると間に合わずに信用を失ってしまうことになります。

フリーランスにとって一番怖いもの、それは信用を失うことです。信用を失わないためにも、スケジュール管理が上手であることは必須と言えます。

お金の管理が上手

フリーランスは保険などが弱いことから、お金の管理の上手さが求められます。お金の管理が下手だと、収入があっても生活が難しくなるからです。

それだけではなく理想の収入につなげるためにはどうすればいいのか、ということもお金の管理が上手ではないと上手くいきません。さまざまな理由から、フリーランスはお金の管理の上手さが求められるのだと覚えておきましょう。

自由な働き方を求める人はフリーランスを検討しよう

フリーランスは大変な部分もあります。

しかし、自由度の高さが上がるので自由な働き方をしたい人はフリーランスを検討してみてください。さまざまな事情で自由さを求める人がいます。

大変な分、メリットも大きいので自分がフリーランスに向いているのかなど比較しながら決めましょう。
TOP