月30万円以上の個人事業主が税金を節税する具体的な方法とは

月30万円以上の個人事業主が税金を節税する具体的な方法とは

個人での副業や本業で月30万円以上稼いでいるのなら、個人事業主になることをおすすめします。 個人事業主になれば、より効率的に税金の節約が可能になるんです♪ ここでは、個人事業主になり節税する具体的な方法をご紹介します。 気になる方はぜひ目を通してくださいね♪
個人での副業や本業で月30万円以上稼いでいるのなら、個人事業主になることをおすすめします。

個人事業主になれば、より効率的に税金の節約が可能になるんです♪

ここでは、個人事業主になり節税する具体的な方法をご紹介します。

気になる方はぜひ目を通してくださいね♪

節税のための準備をしよう

個人事業主が節税するには、青色申告の準備をする、経費を知るの2点が重要なポイントです。

個人事業主が節税を考えるにあたり、青色申告は決して外せません。

経費について詳しく理解することも大切です。詳しく見ていきましょう。

青色申告の準備をする

複式簿記で帳簿づけする青色申告なら、白色申告に比べて大幅な節税が可能です。

そのため、節税意識の高い個人事業主なら、まず間違いなく青色申告をしていると断言できます。

青色申告は、開業届と青色申告承認申請書を作成し、税務署の窓口に提出して受理されればできるようになります。

経費を知る

節税のためには、どのような費用を経費として計上できるのかを理解しなくてはなりません。

個人事業主として事業を行っている方の中にも、経費への理解が足らず本来計上できるものをしていないケースが少なくないんです。

これはもったいないので、経費として計上できるもの、そうでないものをきちんと把握しましょう。


より具体的な節税方法

ここからは、より具体的な節税方法を見ていきましょう。

とりあえずここに挙げたことを理解し、実践すれば効果的な節税が可能です。

しっかり最後まで目を通してくださいね♪

とにかく経費を計上

といっても、どのような費用でも経費にできるわけではありません。

経費として計上できるのは、事業に関わりのある費用だけです。

たとえば、仕事で使っている携帯電話の料金や、インターネット料金なども経費として計上できます。

取引先の人と飲食したときの費用も経費にできますよ♪

水道光熱費も経費になる

自宅をオフィスにしている場合、水道光熱費や家賃を按分して経費計上できます。

実際に仕事で使用しているスペース分や電気料金などを、経費にできるんです。

キッチンやトイレ、シャワールームなども、按分すれば経費計上できますよ♪

ふるさと納税をする

最近流行りのふるさと納税ですが、実は節税に効果的なことをご存じでしょうか。

ふるさと納税したお金は寄付金控除として計上できるので、節税が可能になるんです。

ふるさと納税する自治体によっては、相当高価な返礼品をもらえることもあるので、利用しない手はありません。

小規模企業共済に入る

お金を毎月積み立て、個人事業主自身の退職金とできる制度です。

仮に月3万円の支払いをしている場合、3×12=36万円を控除できるんです。

自らの退職金を用意でき、しかも節税まで可能になる制度なのでメリットは大きいといえるでしょう。

ぜひ活用したい制度のひとつですね。

経営セーフティ共済を検討する

個人事業主や中小企業などの倒産を防ぐ目的で誕生した経営セーフティ共済。

加入していれば、万が一取引先が倒産し、売上金を回収できなくても共済金で賄えるんです。

つまり、共倒れを回避するためのサービスですね。

小規模企業共済と同じく、こちらも掛け金を必要経費として計上できます。

税金も経費にできる

固定資産税や消費税、印紙税、自動車税などは、経費として計上できます。

もちろん、あくまで事業に関わりがあることが大前提です。

事業に関わりがあるのなら、按分することで必要経費として計上できるんです。

個人事業主になって効果的な節税をしよう

まずは青色申告の準備をし、経費について理解を深めましょう。

そのうえで、ここでご紹介した節税方法を実践してください。
驚くほど節税できるかもしれませんよ♪


TOP