フリーランスで白色申告に挑戦したい!申請のポイントや必要書類とは?

フリーランスで白色申告に挑戦したい!申請のポイントや必要書類とは?

フリーランスの確定申告には、青色申告と白色申告があります。 どちらも税務署へ提出するのは同じで、申請書の記入方法が違います。 青色申告に比べて、白色申告は簡易的な書類の申請です。 今回は、フリーランスが白色申告をする際のポイントや必要書類について解説します。
フリーランスの確定申告には、青色申告と白色申告があります。

どちらも税務署へ提出するのは同じで、申請書の記入方法が違います。

青色申告に比べて、白色申告は簡易的な書類の申請です。

今回は、フリーランスが白色申告をする際のポイントや必要書類について解説します。
白色申告制度は、平成25年まで不動産所得・事業所得・山林所得の収入の合計が300万円を超える事業者に記帳や帳簿保存の義務が発生していましたが、平成26年度の制度改正により300万以下の事業者にも記帳・帳簿保存が義務付けられました。帳簿や書類の保存期間は、法定帳簿で7年、任意帳簿や書類関係(請求書や領収書など)は5年と法律により定められています。

フリーランスが白色申告する際のポイントは?

フリーランスで白色申告をするならば、白色申告が向いている人のポイントがあります。

性格での向き不向きもあるし、収入状況で白色申告にすべきか考える必要もあるんです。

ここからは、フリーランスが白色申告を検討する際のポイントについて説明します。
via pixta.jp

事務作業が苦手な人

フリーランスで白色申告をしたいなら、経理など事務作業が得意なのか考えてください。

白色申告は青色申告と比べて、作成する書類が簡易的です。

埋める項目欄も少ないので、経理作業などが苦手な人におすすめです(^^)

日々の帳簿付けは必要ですが、どれが経費で所得がいくらでといった簡単な内容でOKです。

青色申告のような細かな項目欄がない分、情報量も少なく作成することができますよ。

利益が少ない人

フリーランスで白色申告をするなら、年間の所得が少ない人や赤字の人に向いています。

税金は収入を多く稼げば稼ぐほど課税されることは知っていると思います。

白色申告は控除特典が少なくて節税には期待ができません。

収入が多くて黒字なら青色申告、収入が少なくて赤字が出ているなら白色申告がいいです。

また、事業をはじめたばかりのフリーランスも初年度は低所得な可能性が高いので、簡易的な白色申告がおすすめです。

節税を気にしない人

フリーランスは自由な働き方ができる一方、収入が安定しなかったり、仕事の都度契約がなかなか決まらないこともあります。

ですので、なるべく節税をしようという意識の人が非常に多いです。

けれどこれも全員ではないので、節税を気にしなければ白色申告でもOKです。

節税したいなら控除が多い青色申告の方がお得なんですね(*_*;

控除や税金にあまり関心がないフリーランスは、白色申告でも問題ないでしょう。
via pixta.jp

フリーランスが白色申告するために必要な書類は?

フリーランスの白色申告がいくら簡易的でも、書類の不足や不備があっては駄目です。

確定申告で白色申告をする前に、きちんと必要な書類を揃えておくと楽に申請できます。

ここからは、フリーランスが白色申告する際に必要な書類について説明します。

収支内訳書

フリーランスの白色申告には「収支内訳書」が必要です。

シンプルな書類で、日々のお金の流れを記録した帳簿を見ながら、売上や経費などを記入してまとめていきます。

収入内訳書の作成には会計帳簿が必要です。

先に会計帳簿へデータを記録しておいて、そこから収入内訳書を作成していくので毎日の記録は忘れずにつけるようにしましょう。

確定申告書B

フリーランスの白色申告には「確定申告B」の書類が必要です。

税務署や国税庁のホームページから確定申告の書類を印刷できるので、その際にBの書類を用意するほか、税務署で直接貰うことも可能です(^^)

確定申告書Aは会社員の人、確定申告書Bはフリーランスや個人事業主と決まっています。

書類は2枚セットで、確定申告書Bの第一表と第二表があるので確認してくださいね。

証明書や通帳

フリーランスの白色申告には、控除証明書やお金の流れが分かるものが必要です。

控除と一言でいってもさまざまな種類があって、生命保険や国保や住宅ローン、ふるさと納税などなど・・・、控除されたものの証明書の原本が確定申告では必要です。

これを添付して一緒に提出することで、節税になるんですね!(^^)!

お金の流れが分かる通帳なども重要です。

書類の記入の際や、確定申告後に税務署から問い合わせがあった場合などに直ぐに見せられるように準備しておくといいですよ!

フリーランスの白色申告に挑戦してみよう!

フリーランスが白色申告を検討した際に、ポイントにするべき点について説明しました。

経理などの事務作業が苦手な人や、収入が少なかったり赤字になっている人、事業をはじめたばかりの人などは白色申告がおすすめです。

白色申告は節税メリットが少ないので、税金を気にしない人にも向いています。

フリーランスの白色申告には収入内訳書、確定申告書B、控除証明書や通帳が必要です。

確定申告の時期が来る前に揃えておいて、白色申告の時期に慌てないようにしましょう!
TOP