話題の副業を始めたい!お勧めの副業5選と必要なスキルとは?

話題の副業を始めたい!お勧めの副業5選と必要なスキルとは?

「働き方改革」によって、副業・兼業についての規定が設けられたことで、副業が解禁となりましたが、いまだ多くの企業が副業を認めていない状況がつづいています。そんな中、新型コロナ感染危機により、在宅や副業が一躍脚光を浴びるようになりました。一昔前の副業と言えば「内職」のイメージが強いものでしたが、現在はインターネットの普及により、在宅で気軽に始められる副業が増えています。ここではそんな副業の種類や、そのためのスキルについてお伝えします。

話題の副業を始めたい!お勧めの副業5選と必要なスキルとは?

「働き方改革」によって、副業・兼業についての規定が設けられたことで、副業が解禁となりましたが、いまだ多くの企業が副業を認めていない状況がつづいています。

そんな中、新型コロナ感染危機により、在宅や副業が一躍脚光を浴びるようになりました。一昔前の副業と言えば「内職」のイメージが強いものでしたが、現在はインターネットの普及により、在宅で気軽に始められる副業が増えています。

ここではそんな副業の種類や、そのためのスキルについてお伝えします。
副業について、実は法律上明確な定義はありません。本業のかたわら副収入を得るために行う本業以外の就労全般を指します。

副業ってどんなことをして稼ぐの?

via pixta.jp
副業と一口で言ってもいろんな仕事があります。ほとんどの人は、自分の得意なことや趣味、そしてスキルを活かせる副業を望んでいるようです。また、本業の業務以外の時間に行うため、自分のペースやわずかな時間でも進めていける副業が注目されています。

ハンドメイド作品の販売

以前に、テレビの情報番組で取り上げられたことから、「ハンドメイド副業」が話題となりました。まさに趣味を生かして、在宅で収入を得ることができる副業ですね。

ブログやYouTubeの収入

副業としてのブログはすでに旬を過ぎてしまった感がありますが、例えば本業で得た価値のある知識を、発信し続けているようなブログには、まだまだ読者が集まるようです。また、今では知らない人がいないYouTubeの動画配信ですが、人気YouTuberは副業とは呼べないほど高収入の人もいるようです。

自分のスキルと時間を使って稼ぐ

上で取り上げた副業は、特別なスキルを持つ人やセンス・個性を求められる副業ですが、この後紹介する副業は、一般的なスキルを使って稼ぐ副業です。どんな職種があるのか、次の章で1つずつ見ていきましょう。

スキルと時間を使って稼ぐ副業にはどんな職種があるの?

資格があると副業を行うにも有利ですが、特別な資格を持っていなくても、スキルアップすることにより副業で稼ぐことは可能です。

1.プログラミング

現在、コンピューターの使用は、ほとんどの事務仕事で必須となっていますが、そのコンピューターのプログラムを作ったり、システムを開発することができるスキルが、コンピュータープログラミングです。現代では、このスキルを持っているエンジニアは常に不足している傾向にあり、とても需要が高い職種です。もちろん報酬も高く、今後も当面は仕事に事欠くことはないと思われます。また、本業をそのまま副業にも活かしやすいスキルと言えるでしょう。

2.Webマーケティング

Webマーケティングとは、Webサイトなどを用いて、売り込みをしなくても物が売れる状態(仕組み)をつくり出す仕事です。良く目にするメールマガジンや、インターネットサイトのバナー広告などもWebマーケティングの手法の1つと言えます。人の心理や行動に興味があり、それらのことをロジカルに考えられる人や、データ分析が得意な人、社会や情報の変化に敏感な人に向いている仕事です。

3.動画編集

YouTubeの人気とともに、動画編集というスキルも注目されるようになりました。テレビやWeb制作など、動画編集者の需要は高いとされていますが、最新のソフトウェアを扱える知識や技術力が必要です。副業としても、個人・企業を問わず動画編集の外注という需要があります。

4.Webライティング

Webサイト上の文章を書く仕事で、基本的には文章が書ければできるため、特別なスキルを持っていなくても簡単に始められる仕事です。慣れない内は短文を書く仕事からはじめて、少しずつ長文の仕事に挑戦していくことでスキルアップが可能でしょう。ただし、書く内容については入念なリサーチが必要であり、同時に世間のニュースや最新の動向について、常に興味の目を持ち続けていることが求められます。

5.翻訳

語学のスキルがある人の仕事として、すぐに思い浮かぶのは翻訳ですが、その中でも実務翻訳は副業に最適と言えそうです。案件数が多く、初心者にも挑戦しやすいからです。実務翻訳は産業翻訳とも呼ばれており、企業の文書やマニュアル・Webサイトをはじめ、特許や医薬関係文書など幅広い需要があります。

自分に合った副業を見つけましょう!

今は整ったインターネット環境のおかげで、どんな人でも気軽に副業をはじめやすい状況になりました。また、今後はさらに副業を解禁する企業も増えていくでしょう。副業を始めることで、本業以外にも収入源があることや、副業が本業に良い影響を及ぼすなど、メリットはたくさんあると思います。この記事を参考に、ぜひ自分の副業を見つけられるよう頑張ってみてください。
TOP