Webデザインの仕事がしたい!主婦が在宅でWEBデザインの仕事に就く方法は?

Webデザインの仕事がしたい!主婦が在宅でWEBデザインの仕事に就く方法は?

Webデザイナーという言葉を聞いたことはありますか? インターネット上で使われるデザインを作成する仕事で、一般の人からプロの人まで多くの人が携わっていてその報酬はピンキリです。 今回は、注目の集まっているWebデザインの仕事に主婦が就くにはどうしたらいいのか?徹底解説します。気になる人はぜひ参考にしてください。
Webデザイナーという言葉を聞いたことはありますか?

インターネット上で使われるデザインを作成する仕事で、一般の人からプロの人まで多くの人が携わっていてその報酬はピンキリです。

今回は、注目の集まっているWebデザインの仕事に主婦が就くにはどうしたらいいのか?徹底解説します。気になる人はぜひ参考にしてください。

主婦が在宅でWebデザインの仕事をするには?

どんな仕事にも必ず基礎があって、覚えなければ始まらないです。勉強の方法はさまざまで、自分に合った習得方法でスキルを身につけるのがおすすめ。

ここでは、主婦が在宅でWebデザインの仕事を始めるにはまずどうしたらいいかを解説します。

教室に通う

在宅でWebデザインの仕事をするためのスキルは、定番の教室で習うことができます。いわゆるスクールと呼ばれる場所で、学校のように先生がついてくれて、机の上のパソコンに向かって実践しながら覚える方法です。

週1から通えますが、金額は高めな設定が多い印象です。分からない疑問点が直ぐに聞けるメリットがあるので、しっかり確実に覚えたい人におすすめです。

オンラインスクールで学ぶ

在宅でWebデザインの仕事をするためのスキルは、オンラインスクールでも学べます。オンラインなのでネット環境が必要になりますが、自宅で学べるので外出する手間が省けるといったメリットがあります。

オンラインで学ぶ方法は現代ならではで、まるで目の前で習っているかのように会話や質問も可能です。

有料から定期的に無料オンラインを実施していることもあります。YouTubeなど動画を見ながら身につける人もいますが、1人での勉強なので挫折する人が多い点もあげられます。

独学で学ぶ

在宅でWebデザインの仕事ができるように、独学で勉強する方法もあります。デザインの基礎が載った本や、無料動画を見ながら独自で学ぶ方法です。自分との戦いになるので、長続きせずに挫折する人も多いのがデメリット。

外出せず無料でお金をかけずにすむ点は良いですが、相当な目標や信念がないと続かないことも多々あります。自由な時間で好きなように勉強できるのも良い点です。

主婦が在宅でWebデザインの仕事を取る方法は?

スクールや独学でWebデザインの基礎を学んだら、練習を積んで実践します。仕事の数をこなさなければ高いスキルはえられません。最初は緊張しますが、どんどん挑戦することが技術向上のポイントです。

ここでは、主婦が在宅でWebデザインの仕事を受注するにはどのような方法があるのか?解説します。

スクールからの紹介

主婦が在宅でWebデザインの仕事を初めて受注するなら、デザインのスキルを学んだスクールから紹介してもらうのがおすすめです。

最近はほとんどのスクールで仕事の紹介制度があるので、こだわりがなければ最初のステップアップとして気楽に受注すると良いかと思います。

スクールからのバックアップもあるので、仕事先との連絡やトラブルの相談にも応じてくれて、1人ではないという安心感があるのもメリットです。

クラウドソーシングで探す

CMなどでもよく見かけるクラウドワークス、ランサーズ、ココナラといった代表的なクラウドソーシングは仕事を受注しやすくおすすめです。

仕事を発注したい依頼者と、受注したい側とで詳細や報酬など働く内容がマッチすれば契約完了となります。依頼者からの報酬は先に仮払いしてクラウドソーシング側が管理してくれるので、報酬の未払いも防げるのがメリット。

求人を簡単に検索したり、オファーが来ることもあるので仕事が見つかりやすいです。

知人からの紹介

知り合いにWebやデザイン関連に詳しい人がいるならば、紹介してもらうのも手です。IT関係などパソコンやネットに詳しい知人なら、困ったときに相談ができたり気を使わないでお願いすることもできるかもしれません。

さらにその知人からデザインに詳しい人を紹介してもらったりと、知り合いや人脈が増えていく可能性があるのもメリットです。

仕事を増やしていくには知り合いを増やして、顔を広くしておくこともポイントになります。人伝いから急な仕事が舞い込んでくることもあるので重要です。

主婦の在宅Webデザインの仕事内容とは?

主婦だけでなく、在宅でできるWebデザインの仕事はさまざまな内容があります。パソコン1つでいつ何処にいても作業ができて、世に広まって多くの人が目にするデザインの仕事ばかりです。

ここでは、主婦が在宅でWebデザインの仕事をするならば、どんな内容の仕事があるのか?その代表的な仕事内容について解説します。

ホームページの作成

ホームページをつくる仕事は、Webデザインの代表です。ネットで検索すると、ホームページ作成募集なんて文言もよくみかけます。

主に手掛けたページ数と内容で報酬が決まり、単価は5千円から5万円ほどです。受注する仕事内容によっては、在宅で月収50万円以上も稼ぐ主婦もいます。

ページデザインやコーティングといった、デザインしたホームページを構築していく仕事もあります。スキルがあがってきたら難易度の高い仕事をすれば、高い報酬が得られます。

トップページの作成

ホームページのなかのトップページ作成の仕事も、受注数の多い案件です。ホームページ作成といってもそれぞれ段階の分かれた作業になっていて、部分部分で作成している人が違います。

トップページとはアクセスした際に1番最初に目に飛び込んでくるページ。ホームページの印象が決まる重要な部分です。単価は1ページ5万円~が相場で、依頼者と相談して決めます。

ホームページ全体を作成できるようになるには、何年か技量をあげていく必要があります。プロで活躍するデザイナーはページ全体を手掛けていることが多いです。

バナー制作

バナーという言葉も多くの人が聞いたことがあると思います。これもホームページ内の至るところにあって、旗やのぼりのようなものです。

バナーをクリックすると、その商品ページや気になるページにアクセスできます。バナーにはサイズがあって、小、中、大と制作した大きさと内容で単価が決まるのが一般的です。

単価は1サイズ5千円~で、依頼者と相談しながらの決定となります。ホームページを手掛ける仕事は、初心者ならまず最初にバナー制作が良いかもしれません。

主婦が在宅でできるWebデザインのスキルを身につけよう!

主婦が在宅でWebデザインの仕事をはじめる際の、基本を解説しました。学校のようなスクール、現代ならではのオンライン、独学などいくつか学ぶ方法があるので、自分の生活スタイルに合った学び方を選んでください。

スキルを身につけた後の仕事の受注方法は、意外にも身近な方法です。忙しい主婦でも手掛けるデザインの仕事内容は、スキルに応じて好きに選べます。主婦にもできる在宅のWebデザインの仕事で、楽しく稼いでみてください。
TOP