40代で副業につながる資格はどんなものがある?どんな資格が副業に向いているのか?

40代で副業につながる資格はどんなものがある?どんな資格が副業に向いているのか?

今回は40代で副業をする際に資格が必要なのか、ということを見ていきましょう。 40代から副業を検討している人などは、しっかりチェックしてみてください。 どんな資格が向いているのか、本当に資格が必要なのかを見ていきましょう(`・ω・´)
今回は40代で副業をする際に資格が必要なのか、ということを見ていきましょう。40代から副業を検討している人などは、しっかりチェックしてみてください。

どんな資格が向いているのか、本当に資格が必要なのかを見ていきましょう(`・ω・´)

40代で副業につながる資格とは?

こちらでは、40代で副業につながる資格について見ていきましょう。現在取得している人もいるかもしれませんし、どんな資格が副業につながるかチェックしてください。

社会保険労務士

社労士会から斡旋されて短期バイトのような感じで書類作成や相談に乗るなどがあるようです。副業でアルバイトをする場合、日当2万円もらえたという人もいました。

ただ、社会保険労務士を開業のためにはお金がかかるんですよね(;^ω^)

登録料、研修費、入会金など初期費用で20万円前後がかかるようです。長期的に見れば収入で取り戻せる金額ですが、年会費は約10万円なので結構回数をこなさないと負担が大きいと言えます。

ファイナンシャルプランナー

資格を取得したからと言って、副業の安定につながるわけではありません。ただ、近年はお金の知識を求める人が多く、ファイナンシャルプランナーの需要も高くなっています。そのため、資格を取得していれば、比較的副業につながりやすい資格です。

ただ、先述したように営業の仕方などによっては安定につながる場合もありますし、つながらない場合もあります。

税理士

独立開業を視野に入れるなら、成功率が高い資格として注目されています。ただ資格取得までの期間が長く、短くても3年前後、長ければ10年ほどかかるのだそうです。

そのため、40代でゼロから税理士を目指すにはリスクが高いかもしれませんね(;^ω^)

既に資格を取得しているなら、活躍の場が高いと言えるでしょう。

行政書士

税理士と同様に将来を見据えるなら有効性の高い資格です。ただ、副業として有利になるとは必ずしも言えないようですね(;^ω^)

こちらも既に取得している人が有利に行動できる資格と言ってもいいでしょう。

40代で副業のためにはどんな資格が向いている?

40代で副業のために資格取得をするならどんなものが向いているのでしょうか。こちらでは、どんな資格が向いているのか資格が本当に必要なのかを見ていきましょう(`・ω・´)

難関の資格がいい

難関の資格がいいとは言われていますが、40代でゼロから始めるにはリスクが高いです。そのため、既に持っている場合は難関の資格の方がいいという考えを持ちましょう。

20代、30代で取得した資格が40代になってから副業の面で有利に働いてくれるのです。

将来性のある資格か

取得する資格に悩んでいるなら、将来性があるかをチェックしましょう。例えば介護系の資格は超高齢化社会になっていることもあって、需要性は増しています。

ただ、ハードな仕事から積極的に資格取得をしようという人が少ないのです。

40代の副業で資格は必要か?

40代で副業をする場合、資格が必要かどうかははっきり言って「積極的に取得しよう!」とは言えないのが現状です。

資格取得までの期間を考えると、副業のためにするには時間がかかりすぎる傾向があります。

40代で副業を検討している人は資格について真剣に考えよう

40代で副業を始める場合、果たして本当に資格が必要なのでしょうか。40代となれば、これまでに培ってきた経験や実績があります。それらを駆使して出来る副業もあるはずです。

無理に資格取得を検討するのではなく、今のままの状態で出来る副業があるかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

その方が手軽に副業に取り組めるような気もしますけどね(;^ω^)

副業は仕事は仕事ですが、難しく考えすぎないようにしましょう。
TOP