株はサラリーマンの副業になるのか?税金の注意点や取引時間について

株はサラリーマンの副業になるのか?税金の注意点や取引時間について

サラリーマンで株取引に興味がある方もいるでしょう。 しかし株取引が副業に当たるのではないかと、気になってしまうものです。 株はサラリーマンの副業に当たるのか、事前に知っておいてください。 また税金の注意点から、おすすめの取引時間についても解説していきます。
サラリーマンで株取引に興味がある方もいるでしょう。しかし株取引が副業に当たるのではないかと、気になってしまうものです。

株はサラリーマンの副業に当たるのか、事前に知っておいてください。また税金の注意点から、おすすめの取引時間についても解説していきます。

株はサラリーマンの副業か?

サラリーマンが副業をするなら、会社の就業規則が気になります。会社で副業を禁止されていると、株もできないのではないかと不安になるでしょう。まずは、株はサラリーマンの副業なのか知っておいてください。

株式投資は副業ではない

株式投資は、資産運用のひとつです。資産運用は、定期預金や積立預金なども当てはまります。つまり、株は資産を増やすための投資であり、副業ではありません。

会社であっても、個人が保有する資産に口を出すことはできません。規制に関する法的根拠もないため、個人が自由に資産運用しても大丈夫です。もし就業規則に株が禁止されていたとしても、法的効力はないと思っておきましょう。

副業とは別に副収入を得る仕事

そもそも副業とは、本業とは別の副収入を得る仕事のことです。会社から給与をもらっている人が、別の会社でわずかでも収入を得ていれば副業です。アルバイトやパートを別にしている場合も、副業扱いになります。

または個人で何らかの収入を得ている場合も、副業といえるでしょう。副業扱いになるのは、せどり・クラウドソーシングの利用・手作り品の販売などです。誰かに雇われていなくても、何らかの利益があれば副業扱いです。

株式投資と税金の注意点

サラリーマンが株取引をするなら、税金面に注意が必要です。口座の種類によっては、確定申告の必要性が出てしまいます。手間を減らしたいのか、自分で確定申告したいのかでも、口座の選び方は変わります。

一般口座

口座が一般口座になっている場合は、確定申告が必要です。証券会社から年間取引報告書をもらい、年間所得が20万円以上になったら、確定申告してください。

ただし住民税に関しては、20万円以下でも申告が必要な場合があります。住民税の納付で会社にバレやすいため、自分で支払う普通徴収を選びましょう。

源泉徴収ありの特定口座

源泉徴収ありの特定口座なら、確定申告がいりません。面倒な書類作成も必要なく、税金の支払いも口座内で完結します。

確定申告が不要で会社にバレる可能性もないため、サラリーマンにおすすめです。特別な理由がない限りは、源泉徴収ありの特定口座を選んでください。

源泉徴収なしの特定口座

特定口座でも、源泉徴収がないタイプがあります。口座内で税の支払いがないため、自分で確定申告しなければなりません。年間取引報告書は、証券会社ではなく、自分で作成するタイプです。

株で副業するおすすめ時間

サラリーマンが株取引をするなら、就業時間外を活用しましょう。株取引におすすめの2つの時間を活用してみてください。

お昼休みに取引

会社のお昼休みは、就業以外の時間です。休憩時間はあくまでも個人のプライベートな時間です。お昼休みに株取引をしても問題はないため、隙間時間を活用してみましょう。

ただし会社のパソコンを株取引に使うと、就業規則に違反する恐れがあります。昼休みに株取引をするなら、自分のスマホを使うのがおすすめです。スマホアプリに対応する証券会社を使っていれば、チャートの確認から、株取引も利用できます。

短時間の株取引なら、デイトレに向いています。またはスイングトレードなら、数日ごとの取引で、無理がありません。

平日帰宅してから

夜間は取引所が終了していますが、指値や成行注文で株取引ができます。指値取引は、希望する額になったら取引する注文法です。成行注文は、売買の成立を優先するもので、翌営業日の9時から取引させます。

サラリーマンの株取引は副業におすすめ

株取引は、サラリーマンの副業に当たりません。会社員の方でも、プライベートの時間を活用して株取引ができます。サラリーマンの方は株に長時間使えませんが、昼休みや夜間を使って取引してみてください。
TOP