FP(ファイナンシャルプランナー)3級に合格するための勉強方法とは?

FP(ファイナンシャルプランナー)3級に合格するための勉強方法とは?

FP技能士の中で入門的な資格と言われているのが、FP3級です。 FP3級はお金と暮らしに関わる幅広い分野を勉強しておかないといけません。 今回はFP3級に合格するためにはどんな勉強方法をすればいいのかを見ていきましょう。
FP技能士の中で入門的な資格と言われているのが、FP3級です。FP3級はお金と暮らしに関わる幅広い分野を勉強しておかないといけません。

今回はFP3級に合格するためにはどんな勉強方法をすればいいのかを見ていきましょう。
人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

FP3級合格のための勉強時間は?

こちらでは、FP3級に合格するためにはどれだけの勉強時間が必要かをチェックしましょう。ある程度の目安を紹介していくので、FP3級の試験を受ける人は参考にしてみてくださいね。

勉強時間の目安は?

FP3級は入門的な資格ということもあって、2級や1級と比較すると勉強時間は少なくで構わないと言われています。

勉強時間の目安としては20時間程度と言われていて、試験に出る部分のみを勉強するので構いません。

この範囲を勉強する時間が大体20時間だと言われているのです。

試験で問われることは?

FP3級で問われる内容は初歩的な部分のみです。

難しく考えずに初歩的な部分、つまり基礎となる部分のみを勉強しておくようにしましょう。ただ、試験範囲をしっかり勉強するのは悪いことではありません。

FP2級やFP1級を目指すのか?

将来的にFP2級やFP1級の資格を取得するのであれば、しっかり最初から勉強した方がいいと言えます。FP技能士となるためには、FP2級やFP1級を目指す人が多いです。

そのため、FP3級の資格を受ける時点から試験範囲だけではなく、全体をしっかり勉強した方がいいでしょう

FP3級に合格するための勉強方法は?

こちらでは、FP3級に合格するための勉強方法について見ていきましょう。どうすれば合格できるような効率の良い勉強をすることができるのかチェックしてください。

初歩的な部分はマスターしておく

先述したように、FP3級は初歩的な部分の試験となります。そのため、初歩的な部分はしっかりマスターしておくようにしましょう。

初歩をマスターしておかないと、その後に来る応用編などに活かすことができないからです。

将来を見据えた勉強方法もいいですが、目の前の資格取得のことをおざなりにすると足元をすくわれる結果になりかねないので気をつけましょう。

実技試験も考えておこう

FPはさまざまな知識を活かして各自に合ったファイナンシャルプランを考えなければいけないのです。実技試験でそういった部分も想定した内容が来ると考えましょう。

勉強の時間を過ぎたからと余裕ぶるのではなく、実技試験も考えてファイナンシャルプランを組み立てられるようにしておいてください。

どのようなケースでも対応できるように知識をしっかり学んでおくことをおすすめします。

過去問を解いてみる

FP3級の勉強方法で重要なもの、それが『過去問を解く』ということです。過去問は実際に過去の試験で出題された問題であり、過去問を解くことで問題の傾向などを予測することができます。

それだけではなく、過去に出題された問題は今後も出題される可能性が高いので過去問をしっかり解いておくことに損はないので積極的に解いておきましょう。

3級の試験だからと甘く見ずに、しっかり対策をしたうえで資格試験に臨むようにしましょう。意外と甘く見たせいで、最悪の結果になってしまったというケースもあります。

基本的にしっかり試験範囲を勉強しておけば問題ないという意見の方が多いですけどね。

FP3級合格のためには勉強方法を工夫しよう

FP3級の合格をするために、しっかりと勉強方法は工夫しましょう。

過去問を解く、自分なりにファイナンシャルプランを組み立てるなど、出来る対策はしっかりしておくべきなのです。

試験などに置いてもっともしてはいけないことが「油断」です。油断することで本来の実力の半分も出せなかったというケースもあるので気をつけましょう。
TOP