FP1級試験に合格したい!おすすめの勉強方法を教えて!

FP1級試験に合格したい!おすすめの勉強方法を教えて!

FP1級の試験は、これまでのFP3級、FP2級とは比べ物にならないくらい難易度の高い試験となっています。試験問題の難易度はもちろんのこと、試験範囲も広くなっていますので、そう簡単には合格することはできないようです。
FP1級の試験は、これまでのFP3級、FP2級とは比べ物にならないくらい難易度の高い試験となっています。

試験問題の難易度はもちろんのこと、試験範囲も広くなっていますので、そう簡単には合格することはできないようです。
ファイナンシャル・プランニング技能検定は、学科試験と実技試験で行われます。1級の実技試験は、学科試験の合格発表後、おおむね6カ月以内に実施します。

FP1級に合格するための勉強方法とは?

FP1級の試験に合格するためには、頑張って勉強すればよいというわけではありません。

しっかりと的を射た勉強方法を心がけていかないと、合格することは難しいみたいです。合格してきた方はどのような勉強方法をしているのでしょうか?

優先順位を付けて取り組む

FP1級の試験範囲は、FP2級と比べて非常に広くなっています。そのため全てを同じだけ勉強するというのは無理があります。特に社会人として仕事をしながら勉強も合わせて頑張っているような方の場合には、時間は非常に貴重です。

FP1級の試験には、出やすい分野と出にくい分野があります。

そのため、まずは出やすい分野を重点的に勉強し、出にくい分野はあえて外すといったことも必要になります。まずは過去問などをチェックし、どの分野を重点的に勉強したらよいかなどを研究するようにしましょう。

早く問題を解くクセをつける

FP1級の試験は、FP2級の試験と比べて、設問の意味を理解することが難しいケースも増えてきます。そのため、問題に慣れていないと、タイムオーバーで全ての設問に答えることができない可能性があります。

普段の勉強から、時間を意識して早く答えるクセを付けておく必要があります。特に計算問題などは、時間を取られやすくなっていますので、早く計算するクセをつけておくようにしましょう。

合格率の高いテキストの見分け方とは?

FP1級の試験に合格するためには、時間をかけて勉強すればよいというわけではありません。いかに効率よく勉強をしていくかが焦点となります。効率よく勉強していくためには、合格率を高めてくれるテキストが必要です。

教科ごとに分かれているテキスト

FP1級に合格するためにおすすめのテキストは、教科ごとに別れているテキストがおすすめです。

FP1級の試験は、リスク管理、金融資産運用、ライフプランニングと資金計画、不動産、タックスプランニング、相続・事業承継の6つにカテゴライズされています。全ての教科が一冊にまとまっているテキストもありますが、初めてFP1級の試験にチャレンジする方は、教科ごとに用意するようにしましょう。

教科ごとに別れているテキストの場合、復習がしやすくなりますし、一冊終わったあとの充実感も得られやすくなっています。

また、全ての教科が一冊にまとまっているテキストよりも内容が充実していますので、しっかりと取り組めば合格することができます。

解説のわかりやすさで選ぶ

FP1級の試験は、非常にマニアックな設問が多く出題されます。

そのため、答えを丸暗記するような勉強方法では、試験に合格することは難しいといえます。設問の内容をしっかりと理解し、正しい回答をするためには、内容を正確に把握しなければいけません。

FP1級の試験にチャレンジするかたは、FP2級に合格するレベルの知識を持っています。さらに突っ込んだ問題が出題されますので、解説がわかりやすいテキストを選ぶようにしましょう。

解説の文章量ではなく、自分にとって理解しやすいテキストを選ぶことが重要なポイントになります。

ライフスタイルに合わせた勉強方法を選ぼう!

FP1級は、かなりの労力と時間を要して初めて合格できるほどの難しい試験です。

FP2級の試験をクリアしてきた方でも、合格率は10パーセント程度だと言われています。自分の仕事や家庭の事情なども考慮して、適した勉強方法を模索しながら、努力を続けていきましょう。
TOP