金融リテラシーとは?金融リテラシーが必要な理由と高める方法について

金融リテラシーとは?金融リテラシーが必要な理由と高める方法について

これまでの日本人は、国民年金の恩恵を受けることができたので、老後の生活資金に関しては、意外に無頓着な部分がありました。 しかし、老後2000万円問題が話題になると、多くの方がこぞって資産運用にチャレンジしはじめました。 資産運用がスタンダードになりつつある現在において、金融リテラシーという言葉を耳にする機会も増えてきました。
これまでの日本人は、国民年金の恩恵を受けることができたので、老後の生活資金に関しては、意外に無頓着な部分がありました。

しかし、老後2000万円問題が話題になると、多くの方がこぞって資産運用にチャレンジしはじめました。
資産運用がスタンダードになりつつある現在において、金融リテラシーという言葉を耳にする機会も増えてきました。

金融リテラシーとは?

日本で生活する大多数の人は、性別、年齢関係なくお金を使って商品やサービスを売買しています。今やお金と生活は切っても切れない関係になっているのです。

しかし、金融リテラシーについて理解している日本人の割合はそこまで高くありません。そもそも金融リテラシーとはどのようなことなのでしょうか?

金融リテラシーの基礎知識

金融リテラシーとは、経済や金融関連の知識、そして判断する力の事を総じて金融リテラシーというみたいです。つまり、お金との関係性を良くすることができる知識やスキルの事です。

そのため、金融リテラシーが無くても生活することはできますが、金融リテラシーを熟知している人と比べると、余計なお金を使ってしまっていたり、いろいろな所で損をしてしまったりしているなど、金銭面で大きなマイナスがあります。

これから先の長い人生を生き抜くために、必須となる知識が金融リテラシーなのです。

日本と世界の金融リテラシー

日本の金融リテラシーは、欧米諸国と比べて非常に低くなっています。金融リテラシーが高い国の特長として、現金や預金の額が少なく、投資商品など資産運用をしている割合が多いというものがあります。

金融リテラシーが高まってくると、自然と資産運用をする方の割合が増えていきます。日本も老後2,000万円の影響で、資産運用をする人が増えてきていますが、欧米諸国と比較すると、あまりに少ない割合となっているのです。

この資産運用をしている方の割合が低いという事は、金融リテラシーを知らない、理解できていない方が多いということの証明になるのです。

身につけておくべき金融リテラシーとは?

金融リテラシーは、身につけておいて損のない知識やスキルです。実は、金融リテラシーにはいろいろなジャンルがあります。そのため、自分にとって身近なジャンルから勉強することで、短期間で金融リテラシーを身につけることができます。

日本人と相性の良い金融リテラシーのジャンルをご紹介していきます。

家計の管理

最も身近な金融リテラシーとして挙げる方が多いものが、家計の管理です。家計の管理とは、収入と支出を正確に把握できるようになることです。

結婚して家計を預かる立場になった時に、家計簿アプリなどで家計を管理することはもちろん、小学生が、お小遣いの使い道を考え、欲しいモノと必要なモノを真剣に考えた上で購入することができるようになる事も、同じく金融リテラシーになります。

生活設計

生活設計は、ライフプランを構築することができる技術や知識です。現在だけでなく、5年後、10年後、そして定年退職をした後など、お金を踏まえた人生設計をする際に必要な技術や知識です。

車を購入する時、結婚をして家を購入する時、お子さんが生まれた時など、人生の節目でライフプランを立てる方もいますが、金融リテラシーの知識や技術があれば、前もってライフプランを作り上げることができます。
生活設計は、家計の管理から一歩先に進んだ知識やスキルになります。

金融と経済の基礎知識

金融と経済の基礎知識は、普通に生活している時には考えたことがないけど、実は密接にわたし達の生活と関係している知識になります。

例えば、住宅ローンや生命保険、インフレ、デフレなどの知識などが金融と経済の基礎知識にあたります。また、株式投資や不動産投資、資産の形成、リーマンショックなども同じく金融と経済の基礎知識のジャンルとなります。

金融リテラシーが必要な理由とは?

これまで、金融リテラシーについて考えたこともなかった方が、いざ金融リテラシーが必要だといわれても、そもそも金融リテラシーなんて知らなくても普通に生きてこられたし、不満を持ったことがないために、改めて金融リテラシーの勉強をすることにメリットを感じることができないかも知れません。

しかし、金融リテラシーのメリットを知れば、誰でも金融リテラシーを身につけたくなるはずです。

生活スキルの向上

金融リテラシーの知識や技術を身につけることによって、得られるメリットの中でも特に大きいのが、目に見えて生活スキルを向上させることができることです。生活スキルが向上することによって、同じ収入であっても、より豊かな生活を送ることができるようになるのです。

金融リテラシーを身につけると、余計な出費を控えることができ、同じ額のお給料であっても、より効果的に使うことができるようになります。

しかも、金融リテラシーを一度覚えてしまえば、多少の知識のアップデートは必要になるかもしれませんが、その効果は一生涯続きます。

お金関連のトラブルリスクを軽減する

金融リテラシーを身につけることで、お金関連のトラブルに対するリスクを軽減することができます。例えば、知人からお金が儲かるなどといった怪しい儲け話を紹介されたとしましょう。

その話を鵜呑みにしてしまい、損をしてしまう方の大半が、金融リテラシーの知識が疎い方です。金融リテラシーを身につけて入れば、話の内容でそういったリスクから身を守ることができます。またその逆で、怪しいと思った話であっても、実は本当に美味しい話のケースもあります。

そういった時に、しっかりと儲け話にのることができるようになるのも、金融リテラシーの知識があればこそです。

効率的な資産形成が可能になる

金融リテラシーを身につけることができれば、効率的に資産形成をすることができるようになります。金融リテラシーがあると、世界情勢を正確に把握することができるようになります。もちろんある程度、正確な見通しも立てることができるようになりますので、その時々で適した投資商品を選ぶことができるようになります。

資産運用方法は、株式投資だけでなく色々な手段があります。

自分の収入や資産状況に合わせて、効率的な資産運用をすることができますので、効率的に資産を増やしていくことができるようになるのです。

仕事に活かすことができる

金融リテラシーは、仕事に活かすこともできます。金融リテラシーは、お金の流れや経済などを理解する力です。例えば取引先との話題などで、経済や金融商品の話をすることができますし、会社で商品開発をする際の参考にできるなど、プライベートだけでなく、仕事においても多くのメリットがあります。

また、金融リテラシーを理解することで、無駄な出費が減ります。

無駄使いが減った分、有効にお金を使うことができます。浮いたお金を使って、会社で必要とされている資格を取得することもできますし、取引先の方と会う時のために、少し良いスーツや靴、ネクタイなどを購入することができるようになります。

世界経済や日本経済を理解できるようになる

金融リテラシーの勉強をし、理解度が増してくると、これまでわからなかった世界経済や日本経済の内容を理解することができるようになります。世界経済や日本経済を理解することができると、新聞や朝のニュースなどが、より深く理解することができるようになります。

世界経済や日本経済に詳しくなると、身の回りのものや出来事など、全てが関係している事がわかるようになります。

これまでは、なんとなくで流していた部分が、よりハッキリと理解できるようになるのです。

金融リテラシーを高める方法

金融リテラシーを身につけるメリットは理解できましたが、どうしたら金融リテラシーを理解することができるようになるのかがわかりませんでした。

どのようにしたら金融リテラシーを効率的に身につけることができるようになるのでしょうか。

投資の勉強をする

金融リテラシーを理解するためには、投資の勉強をすることが最も近道だという意見が多く見られました。投資は、世界情勢、日本情勢によって値動きを予想することができます。

以前のリーマンショックの時や、今回の新型コロナウイルスの影響が色濃く出た時には、金融リテラシーを理解している方は、いち早く株価が下落する前に対処することができていました。

実際に投資をすると、お金がかかっていますので、本気で勉強することができますので、短期間で金融リテラシーを理解することができるようになります。

資格を取得する

金融リテラシーを理解するためには、金融リテラシー関連の資格を取得するのも効果的です。金融リテラシー関連の資格として有名なのがファイナンシャルプランナーや簿記です。

ファイナンシャルプランナーや簿記は、就職や転職にも有利になりますし、難易度もそこまで高くありませんので、ライフスタイルを大きく変化させずに勉強をすることができます。

新聞やニュースを見る習慣をつける

新聞やニュースを見る習慣をつけることも、立派な金融リテラシーを身につける手段になります。これまでスポーツニュースや芸能ニュースしか見ていなかった方も、意識して経済関連の情報を入手していくことができるようになると、自然と金融リテラシーが身についてきます。

この方法は、初期投資費用を安くおさえることができますので、これから初めて金融リテラシーについて勉強しようと思っている方に有効です。

金融リテラシーの勉強をはじめよう!

金融リテラシーは、一見すると難しそうに思えるかも知れませんが、少しずつ理解していくにつれ、どんどんと楽しくなっていきます。また、金融リテラシーの知識は、今後も必要になっていくものとなりますので、積極的に身につけていきましょう。
TOP