ブログで収益が出るまでのおおよその目安と対策

ブログで収益が出るまでのおおよその目安と対策

ブログに広告を貼ってお金を稼ぐ人は多く、気軽に始められる副業として人気を集めています。ただ、ブログ運営でお金を稼ぐのはそれなりに難しく、月に1万円程度の収益があれば上等な部類です。

どれくらいブログを運営すればよいか

まず、ブログを立ち上げてから収益が出るまでにはかなり時間がかかるのが普通で、3ヶ月以内にお金を手にするのはかなり難しいのが実情です。

レンタルサーバーと独自ドメインでブログを立ち上げた場合、独自ドメインは最初はドメインパワーが弱く、検索エンジンから正当に評価されません。ドメインパワーとは検索エンジンの検索結果に大きく関係している要素で、長く運営されているドメイン、他のサイトからのリンクを多く獲得しているドメインほど高く評価されやすいのです。

ダイエットのみで検索すると上位にはまず間違いなく企業運営のサイトが出てきますが、基本的に企業運営のサイトはドメインパワーが強く、個人で対抗するのは困難です。

独自ドメインでブログ

ブログの立ち上げに話を戻しますが、独自ドメインでブログを立ち上げた場合のドメインパワーは皆無で、基本的に検索エンジンで上位には表示されず、アクセス数には期待が持てません。

Googleハネムーンと呼ばれる、ドメインパワーが弱いサイトがGoogleの検索結果で上位に表示される例はありますが、意図的に起こすことはできません。

また、Googleハネムーンにより上位表示されたとしても、次第に検索順位が落ち検索エンジンからの流入も減るので、いずれにしてもドメインパワーが弱い時期にはアクセス数が伸びず苦労するものです。

SNSでフォロワーが多い人がブログを始めるのであれば、SNSからの流入が期待できますが、そのような誘導ができない場合はブログ運営で苦労する日々が続きます。

ドメインパワー

ドメインパワーがつくまでにどれくらい時間がかかるか、これは個人差がありますし、記事のクオリティや扱うジャンルによっても変わるため一概には言えません。

ただ、早くても2ヶ月から3ヶ月、遅いと半年以上かかってもおかしくありませんので、ブログの収益が発生するまでに最低半年くらいはかかると見込む方がよいでしょう。お金を稼ぎたいという気持ちが強いと、まるで稼げないことにストレスを感じる可能性が高く、挫折につながりかねません。

そのため、ブログでお金を稼ぎたい場合はじっくりと腰を据えて取り掛かる方がよく、最初は報酬について全く考えないくらいが理想です。ただ、無報酬で作業を続けるのはかなり難しく、何かしらの見返りがないとモチベーションを維持しにくいのが現実です。

ブログで稼ぐためのコツは

グーグルアドセンスの審査

モチベーションを保つためにクリック報酬型広告のGoogleアドセンスを狙うのも手で、こちらは広告がクリックされるだけで報酬が発生します。ただ、ハードルが低い分だけ報酬の単価は低めなので、あまり期待し過ぎない方が無難です。

しかし、仮に10円、100円クラスであっても報酬が発生すれば、モチベーションを保ちやすいのです。Googleアドセンスを利用するためには審査をパスする必要がありますが、2015年頃まではフリーパスのような状態で審査の意味はほぼありませんでした。

限り役立つ記事を意識

しかし、2016年頃からは一気に審査が厳しくなっており、記事作成に慣れていないと相当に苦労するのが普通です。審査基準についてGoogle側は明確にしていないため、どのようにすれば審査に通ると断定はできませんが、できる限り役立つ記事を意識してください。

検索エンジンが利用されるのは何か知りたい、調べたいことがあるからで、ブログの記事を読めば調べたいことが分かるようにするのが理想です。

しっかりと稼きたいのであれば、読者のニーズに応えることが欠かせませんので、Googleアドセンスの審査を通してその辺りを意識すると後々に役立ちます。

クリック報酬型広告の最大手はGoogleアドセンスですが、忍者AdMaxなど他にも同様のサービスはあるので、審査なしで利用できるものを選ぶのも手です。

収益までは半年ほど

先にも書いたように、収益までは半年ほどの時間を見込んでおいた方がよいですが、これは半年ほど時間をかければ誰でも収益を得られるという意味ではありません。

半年間で記事をほとんど書かなかったら、当然ながら検索エンジンの評価も期待できず、収益はほぼゼロの可能性大です。必ずしも毎日投稿にこだわる必要はありませんが、記事作成を習慣化にする意味でも最低2日から3日に1回は記事を投稿するのが基本です。

日記のような記事では駄目で、先に書いたような読者が求めているクオリティの高い記事を定期的に投稿することが、お金につながります。クオリティの高い記事を書くコツですが、オリジナリティのある記事は高く評価されやすいので覚えておいてください。

あまり他の人が経験していないであろう特殊な人生経験や、持っている資格や特技に関する記事は書きやすく、かつクオリティにも期待が持てます。記事はある程度の長さは必要で、最低でも1,500文字くらい、できれば2,000文字くらいの分量は欲しいところです。
TOP