ネットショップで副業を!メリットとデメリットを解説

ネットショップで副業を!メリットとデメリットを解説

副業としてネットショップを展開する人が増えてきました。最近ではせどりやオークション等の商品を流す副業や、ハンドメイドや自身のスキルなど、自分の強みを販売できるネットショップが沢山増えましたね。今では誰でも簡単にネットショップを開く事ができるようになりましたが、メリットデメリットをしっかりと把握しておかないと、全然売り上げに貢献できないなんて話も沢山あります。 またネットショップと言っても多種多様に存在するため、今から参入を考えている人にとってはどこで出店するべきなのか?どうしたら出店できるようになるのか?など、情報を集める事も大変です。
副業としてネットショップを展開する人が増えてきました。

最近ではせどりやオークション等の商品を流す副業や、ハンドメイドや自身のスキルなど、自分の強みを販売できるネットショップが沢山増えましたね。

今では誰でも簡単にネットショップを開く事ができるようになりましたが、メリットデメリットをしっかりと把握しておかないと、全然売り上げに貢献できないなんて話も沢山あります。

またネットショップと言っても多種多様に存在するため、今から参入を考えている人にとってはどこで出店するべきなのか?どうしたら出店できるようになるのか?など、情報を集める事も大変です。

ネットショップの選び方

via pixta.jp
ネットショップを展開しようとした場合、2通りの方法があります。

・独自でサイトを作る
・既存のプラットフォームに登録する

独自でサイトを作る

独自のサイトは言葉通り、1から全て自分でサイトを作り、運営する方法です。メリットとしては商品が売れた場合、全て自分の利益にできることが挙げられます!半面デメリットの方が圧倒的に多いのが特徴です。

具体的には
・サイトを上位表示させるためにSEOを意識したサイト作りをする
・商品の告知のためにLP(ランディングページ)を作る
・サイトを1から全て作らないといけない
・常に自分で管理運営しないといけない
・認知されるまで時間がかかる
・支払い方法の管理

これらを全て自分で管理する必要があります。

特に認知の問題とSEOの問題が難しく、競合が多すぎる場合は上位に表示されにくく、競合が少なすぎる場合も同様に検索してくれないという問題が発生するため、商品を売る事はなかなか難しいですよね。

既存のプラットフォームに登録する

Amazonや楽天、Yahooなど、ネットショッピングを展開している場所で自分のサイトを登録する方法です。

メリットとしてはショッピングモールと同じような考え方で、沢山の人がそのサイトを訪れますので、自分のサイトや商品に目を向けて貰える確率が増えていきます。

他にもサイトや商品の管理などもプラットフォーム側が行ってくれるため、自分は商品の仕入れや作成に力を沢山注げる事も挙げられます。

デメリットとしては手数料が発生します。ショッピングモールでいうところの家賃のようなものであり、売り上げに対しての手数料や登録自体に手数料が発生する場合もあります。

こちらは各プラットフォームにより異なりますので、登録の際はどれくらい手数料が発生するのかはしっかりと確認しましょう。

プラットフォームの種類

それぞれ自分が出品したい商品により登録するサイトは異なります。

・せどり系・・・Amazonや楽天、Yahooやメルカリなどの大型ネットショッピングサイト
・ハンドメイド・・・minne(ミンネ)やCreema(クリーマ)等のフリマサイト
・スキル・・・ココナラ等のスキルマーケットや、note(ノート)やBrain(ブレイン)、Youtubeのメンバーシップ等で販売


自分が何を売りたいかにより登録するべきサイトが異なりますので、事前に調べておきましょう!

副業でネットショップを運営する際のメリットデメリット

メリット

・収入が増える
・小さな商品からでも始めることできる
・事業が拡大し、最終的に独立できる


ネットショップの運営が成功すれば、もちろん自身の収入も上がるようになります。

更にネットショップの場合、小さな商品から始めることができる事も魅力的ですね!例えば古本屋で購入した本やリサイクルショップで売られていた食器なども販売することできます。

また軌道に乗る事ができれば、事業を大きくし、最終的に起業する事も可能です!人を雇ったり倉庫を借りたりと、本当に自分で会社を運営することもできるようになります!

デメリット

・モチベーションの維持が難しい
・収入を得られるようになるまで時間がかかる
・本業の作業時間に左右される


残念ながらネットショップを開業して、いきなり商品が売れる事はありません。

商品を出品しても何週間も売れない日々が続いちゃいます。その際は宣伝や広告に力を入れる必要がありますが、本業を行っている場合、副業に力を注げるだけの体力があれば良いですが、ない場合はその宣伝自体も難しくなりますよね。

商品が売れないとモチベーションの低下にも繋がり、まったく売れる気配がないと途中で諦めてしまう人も多くいます。

ネットショッピングが軌道に乗った場合、最終的に本業を超えるほどの収益を生み出す事は可能です。

しかし、どうしても軌道に乗るまでには時間がかかるため、途中で止めない根気強さが必要でしょう。また集客方法が分からないと商品を売る事できませんので、ただ商品を出品するのではなく、集客方法などをきちんと勉強し、商品を売るための努力が必要となりますので、頑張って勉強しましょう!
TOP