頭打ちの年収をアップさせる副業のススメ

頭打ちの年収をアップさせる副業のススメ

サラリーマンの平均年収は400万円から500万円の間ほどであり、それ以上収入を上げることは難しいと言われています。普通のサラリーマンの場合、入社する企業の業種により、すぐにでも年収の頭打ちがわかってしまう時代でもあります。その頭打ちの年収をわかっていながらも、多くの人はずっと同じことをし続け、新しい事にチャレンジをする選択が抜けている事が多いのが現状です。 転職や起業を行うと、今の収入以上のお金を得られるチャンスが増えます。しかし、今の地位を捨てる覚悟が必要になるため、勉強不足やスキル不足の方にはおススメできません。
サラリーマンの平均年収は400万円から500万円の間ほどであり、それ以上収入を上げることは難しいと言われています。普通のサラリーマンの場合、入社する企業の業種により、すぐにでも年収の頭打ちがわかってしまう時代でもあります。その頭打ちの年収をわかっていながらも、多くの人はずっと同じことをし続け、新しい事にチャレンジをする選択が抜けている事が多いのが現状です。

転職や起業を行うと、今の収入以上のお金を得られるチャンスが増えます。しかし、今の地位を捨てる覚悟が必要になるため、勉強不足やスキル不足の方にはおススメできません。

副業のススメ

近年は、政府から副業について、「働き方改革」の一環として各企業に推奨するように働きかけています。今の仕事だけでなく、別の仕事も請け負って収入を増やす事について、それだけ積極的に応援しているとも言えます。

実際に、2000年代や2010年初頭の頃は副業禁止の企業が多く、1つの会社で一生を過ごす事に対して、誰も疑問に思っていなかった時代でした。しかし、近年では正社員の雇用形態が変化し、契約社員、派遣社員等の非正規雇用者が増えてきたため、1つの会社だけでなく、自分の能力を活かせるのであれば、複数の仕事を請け負う事ができる社会になったと実感できます。

そこで、白羽の矢が立ったのが在宅での副業です。自宅でPCやネット環境があれば、誰でも何時でも何処でも簡単に、本業をしながらでも働けるので、頭打ちだった年収の打破が期待できます。

サラリーマン向けの副業

今の収入を増やしたい場合、仕事に時間を多くとられてしまうというデメリットも存在しますが、それを補うほどのメリットもあります。

プログラミング/WEBデザイナー

すでにIT企業で働いている人は、多くが今の本業以外にも、副業としてプログラミングの仕事を請け負っていると言われています。

理由は、仕事の量に対してプログラマーの数が全然足りないために、時間の空いているプログラマーに仕事を依頼している現状だからです。プログラミングを副業として考えた場合、今後の人生において大きなプラスの効果が期待できます。
(1)IT系の転職に有利になる
(2)自宅に居ながらでも1件10万円以上の収入を得れるようになる
(3)最終的に起業しやすい
現在、IT系で働いていない人はチャンスです。3カ月もあればプログラミングの基礎は学習できると言われており、情報がネット上に溢れているため、無料教材などもあって、勉強がしやすい環境でもあります。更に、クラウドソーシングでの仕事も沢山紹介されているため、副業しやすいジャンルのトップと言っても過言ではありません。

せどり

商品を自分で探し、ネットショップで販売する副業です。大手ネットショップを覗いてみると、同じ商品なのに、値段や販売元が異なる商品がいくつも存在します。この手法が「せどり」です。

同じ用品なのに値段が違う理由は、仕入れ先が異なるからです。そこで、古本屋や古着店、骨とう品店などで商品を安く仕入れて、利益が出るようにネットで売るのです。商品により値段が異なりますが、相場があるため、他の人が安く売っているのに対し、高すぎる値段設定をしていると悪質とみなされ、商品が売れない事に繋がります。近年、悪質な転売屋が目立ちますが、相場や時世の勉強が必要です。

投資

投資にも種類があり、FXや株、近年では仮想通貨などが人気です。銀行口座があれば誰でも始めることが来ますが、投資はハイリスクハイリターンと言われています。

理由としては、少ない金額を投資しても返ってくる金額は微々たるものであり、むしろ時間の無駄とも言えるからです。しかし、大金を投資すると返ってくる金額も大きくなり、一度の取引で月の収入の半分以上を稼ぐ事も夢ではありません。

もちろんリスクも高く、投資したお金が一瞬で消えてしまうという事もありえますので、投資を行う際は、必ず勉強をしてから始めるようにしてください。

動画編集

動画編集は、プログラミングと同じぐらい人気のある副業です。1回の仕事で5万円以上稼ぐこともできます。最近はYouTubeの人気上昇に伴い、その動画を編集する人を大量に募集しています。今後の技術の発展とともに、更に動画投稿サービスは増えていくとも言われているため、今のうちに将来に向けて勉強するという選択もアリです。

収入アップは自分の頑張り次第

フリーランスや自宅に居ることが多い主婦とは違い、サラリーマンは時間の都合を調整する事が難しく、疲れ果てて会社から帰った後は、食事をして、趣味を1~2時間楽しんで寝るという状況が多いでしょう。

しかし、この趣味の時間を副業の時間に充て、その頑張り次第で年収を上げることも可能です。今後、よりよい生活を希望するのであれば、今から1時間でも2時間でも勉強して、副業で稼げるようなスキルを身につけましょう。
TOP