どうしてブログで収益がでないのか?今からでも知っておきたいブログ収益のコツ

どうしてブログで収益がでないのか?今からでも知っておきたいブログ収益のコツ

元々文章を書くことが好きな人なら、自分のブログを持っていることがあります。しかし、そのブログで収益を得ようとしても、なかなか上手くいかないことが多いのです。 もうブログで収益を得るのは無理なのかと考えている人もいますが、そんなことはありません。一時期に比べれば大変になったところはありますが、移り変わりの早いインターネットの波へ上手く乗ることができれば、ブログで一定の収益を出すことは可能なのです。それでは、収益がでない人は何が問題なのでしょうか。そのポイントについて見ていきます。
元々文章を書くことが好きな人なら、自分のブログを持っていることがあります。しかし、そのブログで収益を得ようとしても、なかなか上手くいかないことが多いのです。

もうブログで収益を得るのは無理なのかと考えている人もいますが、そんなことはありません。一時期に比べれば大変になったところはありますが、移り変わりの早いインターネットの波へ上手く乗ることができれば、ブログで一定の収益を出すことは可能なのです。

それでは、収益がでない人は何が問題なのでしょうか。そのポイントについて見ていきます。

ブログで収益を出し続けるために必要なこと

自分では面白い記事を書いていると思っても、それを知ってもらえなければPVは増えません。しかし、実際に面白い記事だと知ってもらっても、一発屋なのか、継続して面白い記事が出る人なのかを知ってもらう必要もあります。

ある記事がきっかけで多くの人がそのブログに訪れても、継続して読もうと思ってもらえなければ、収益は短期的なものです。

SEO対策をしっかりして、検索結果の1ページ目に出続けられるなら話は別ですが、そこまでできない人は、リピーターを増やすことを意識してください。そのために必要なのは、目に見えて分かる実績です。

自分の武器を見つけよう!

自分がインターネットで探し物をしている際に、「このブログをチェックし続けよう」と思える機会はいくつもあります。その時の基準は何なのでしょうか。そのひとつが権威性です。

確かな実績を出している人だと分かれば、その人の書いた他の記事も読んでみたくなります。そこまでの有名人ではなくても、何か分かりやすい数字で示せる実績があれば、興味を持ってもらいやすくなります。

極端な話で言えば、「○年生きてきて~」という年齢ネタでも良いです。それだけでも、同年代の人に興味を持ってもらえる可能性が出てきます。もちろん嘘を書くわけにはいかないので、人を引きつけられる数字を出せるかどうかがポイントになりますが、そういう武器があるなら積極的に活用しましょう。

ブログで収益がでない人は文章構成を考え直してみよう

人を引きつけられる実績を持っていなければ、ブログでの収益がでない訳ではありません。その場合は、文章の書き方で個性を出すことを意識してみてください。

よく読んでもらうブログを作っていきたいなら、自分の中に仮想ターゲットを作る方法が効果的です。全ての人に刺さる内容のブログを作るのは、とても難しいです。それなら、最初からターゲットを絞り込んだ方が確実性は上がります。

ブログの読者の顔をイメージ

仮想ターゲットと言っても、それほど難しいものではありません。とりあえず過去の自分に対してアドバイスをする記事でも良いのです。何か失敗をしたことから改善できること、コンプレックスを解消するためにはどうすれば良いのか、その知識を知らない過去の自分に教える気持ちで文章を書くつもりで、書き方を意識してみてください。

これを意識できるかできないかで、今後もこの人の記事を読んでみようという気持ちになるかどうか、大きく変わります。ただ説明が羅列しているのではなく、「ここは疑問に思いそう」とか、「ここはもう少し掘り下げよう」などと意識すると、自然に文章の個性が出てくるようになるのです。

重要なのは、共感できるポイントを作るところにあります。成功者がその人にしかできない正攻法を語ったところで、遠い世界の出来事にしか見えません。それよりも、誰にでもある失敗体験からのリカバリーの方法のほうが興味を持たれやすいのです。

ブログで収益がでない人はブログのジャンルを見直してみる

ブログにも色々なジャンルがあります。その中でも始めやすいのは、日記ブログです。しかし、この日記ブログで収益を狙うのはとても難しいです。なぜなら、興味を持ってくれる人がほとんどいないジャンルだからです。

有名人の日記なら、その有名人のファンが興味を持ってくれます。ファンではなくても、知っている人が何かやっているだけで、一定数の読者は確保できます。しかし、何も知らない他人だとしたら、読もうという気持ちになりません。そこから得られるものがないからです。

日記形式にするとしたら、自分が勉強したことを紹介する形式にしてみてください。そこに書かれた内容は、誰かにとって知りたい情報になり得ます。そのブログを読むことで、何らかの価値を提供できるのかどうかが、収益がでるかでないかの分岐点にもなるのです。

価値あるものを提供し、それに対して対価を得る

一生懸命書いた日記よりも、雑多に色々な情報をまとめた雑記形式ブログの方が、収益を出せる可能性は高くなります。日記にするなら、ブログよりもSNSの方が反応は得られやすいです。短く、あっさり読めるからちょっとチェックしてみようという気持ちになります。

しかし、ブログのようにある程度の文章量になると、何らかの価値ある情報が得られると思えなければ読んでもらえないのです。

「価値あるものを提供し、それに対して対価を得る」ことがブログの収益だと考えて、どんなブログにしていくのかを考えてみましょう。
TOP