在宅副業で大人気のWEBライターのなり方、稼ぎ方

在宅副業で大人気のWEBライターのなり方、稼ぎ方

副業の在宅ワークで、特に人気のジャンルであるのがWEBライターです。自宅にPCがあれば誰でも何時でも簡単に始めることができます。実際にどうやって始めるのか、そしてどんな仕事があり、どのような仕様になっているのか、気になる人も多いと思いますが、実は簡単にライターになる方法があるのです。
副業の在宅ワークで、特に人気のジャンルであるのがWEBライターです。自宅にPCがあれば誰でも何時でも簡単に始めることができます。実際にどうやって始めるのか、そしてどんな仕事があり、どのような仕様になっているのか、気になる人も多いと思いますが、実は簡単にライターになる方法があるのです。

ライターの始め方

ライターになるためには、仕事がもらえる場所に登録、または契約する必要があります。登録・契約を行うと、晴れてライターと名乗れるようになります。ライターの仕事は、主にクラウドソーシングサイトにて、様々な案件が紹介されています。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトです。ライターの仕事はもちろん、プログラミングやデータ入力、ロゴ作成や動画編集まで、様々なジャンルの仕事が紹介されています。特徴は、なんと言っても仕事の数の多さです。

2020年10月初頭の時点で、ライティングの仕事は300件を超えており、新しい仕事が随時発注されています。初心者も多いため、未経験でも発注してくれる依頼主も多く、ライターを始めてみようと考えている人に向いているサイトです。

ランサーズ

こちらもクラウドソーシングとしては大手であり、クラウドワークスと二分すると言っても過言ではないサイトです。仕事の件数はクラウドワークスよりも若干少なめですが、それでも随時500件以上の仕事依頼が出ています。

クラウドワークスよりも仕事内容が難しめのため、初心者には難易度が高いかもしれませんが、ある程度慣れてきて高単価を狙いたい、または専門知識があるのでそちらを活かしたい場合に向いているサイトです。

他にも、主婦向けに特化したクラウドソーシングである「シュフティ」や、shinobiライティングなど、沢山のクラウドソーシングサイトが存在します。検索にて「在宅 ライター クラウド」と検索するとヒットします。各サイトによって仕様等が異なりますので、興味のあるサイトを覗いてみてください。

クラウドソーシングサイト以外の始め方

ニュースサイトなどを見ると、どこの会社が記事を書いているのかが載っている場合があります。その会社が独自でライターを募集している事も多々ありますので、クラウドソーシングサイトに登録するのではなく、ニュースやブログ記事を出している会社と契約する事も一つの手です。

多くの場合、クラウドソーシングサイトや転職サイトには応募は出さず、自社サイトでライターを募集していたりするので、興味のある記事の出版社があれば、そちらに直接、募集していないかを確認する方法があります。

ライターの稼ぎ

どれぐらい稼げるのかは、作業できる時間や仕事内容により異なります。平均的に1文字1円が相場ですが、これよりも低く設定されていたり、逆に高く設定されている案件もあります。

例として、1日2時間、文字の入力を3000文字できると仮定します。すると、「3000文字×30日=90,000円」稼げる計算となります。これが1文字0.5円の場合、「3000文字×30日×0.5円=45,000円」となり、1文字1円の案件の半分の金額を稼ぐ計算となります。

多くの簡単な案件は1文字1円よりも低く設定されている事が多いため、実際の稼ぎは先ほど説明したよりも少ない可能性もあります。更に、毎日案件を貰えるかどうかは提案次第であり、自分から積極的に営業を掛けるように依頼者に提案してないと、仕事を貰えず、より稼ぎが少なくなる事もあります。

ライティングの内容

ライティングには沢山のジャンルがあり、コピーライティングやセールスライティング、ブログ記事など、様々な書き方が存在します。

更に、PCやスマホ等のガジェット系ライティング、ダイエットや美容、食品関連やエンタメ、副業に自己啓発など、様々な分野で募集されており、その都度書いてほしい内容などが異なりますので、依頼者と相談しながら文章を構成していくことが主な仕事です。

記事の書き方

ライティングの仕事は、主に受けたジャンルについてわかりやすく説明する事が求められます。そのため、自分が受注したジャンルを専門的に勉強している、あるいは経験している人は、実際に自分の体験を書けばいいので、比較的楽に仕事ができます。

しかし、中には文字単価の高い、あまり馴染みのないジャンルを選ぶ人もいます。その場合はネットの検索機能を使って情報収集を行い、自分なりのまとめ記事を作成します。

注意点として、他にサイトに書かれている内容をそのままコピーする事は禁止されています。コピーチェッカー等のツールも存在しますので、楽をしようとコピーをして、文字数を稼ぐような事はできません。

依頼者は完全にオリジナルの文章を求めています。検索して知識を得た後は、頑張って文字の構成を考えて、自分の文章を書きましょう。

ライターになる事は誰でも簡単にできます。ただし、ライターの仕事は調べものをして知識を身につけ、その知識を多くの方に伝えることでもあります。そのため、文章の書き方が重要になってきますが、数をこなせば慣れてきます。難しく考えず、ひたすら文章を書いて勉強しましょう。
TOP