心のモヤモヤを消し去る方法!ちょっとした工夫で毎日をハッピーに♪

心のモヤモヤを消し去る方法!ちょっとした工夫で毎日をハッピーに♪

「自分はこのままでいいのだろうか」「どうせ私なんて・・・」きっかけはちょっとしたことなのに、長引いてしまう心の中のモヤモヤ、イライラ。考えても仕方のないことが頭の中をぐるぐる駆け巡り、全然眠りにつけず、気がついたらこんな時間に・・・。
「自分はこのままでいいのだろうか」
「どうせ私なんて・・・」


きっかけはちょっとしたことなのに、長引いてしまう心の中のモヤモヤ、イライラ。
考えても仕方のないことが頭の中をぐるぐる駆け巡り、全然眠りにつけず、気がついたらこんな時間に・・・。

こんな状況、きっと誰でも経験したことがあるはず。家族や友達とのいざこざや仕事のストレスなど、原因がはっきりしていることもありますが、時にはモヤモヤの原因すら分からずにさらにネガティブになってしまうこともありますよね。

でも、このモヤモヤ、ちょっとした工夫をすることで簡単に軽減できてしまうものなのです。明日を笑顔で生きるために、いくつかの小ワザを覚えておきましょう。

原因のほとんどは、【自己肯定感の低さ】にある!?

心がモヤモヤする原因は、無限にあります。失恋や受験失敗など人生を大きく左右するものや、食べようと思っていたプリンを人に食べられた、嫌いな同僚が挨拶を返さなかったなど、後から考えると笑ってしまうような些細なことまで。

しかし、これらのモヤモヤ、「自己肯定感」を高めることで全て解決できるのです。

▼自己肯定感とは?


自己肯定感とは、簡単にいうと「自分の存在を肯定的に認められること」。自己肯定感が高いと、起きたことを全てポジティブに捉えることができ、ありのままの自分を快く受け入れることができます。

▼自己肯定感が低いとどうなるの?

人は、日々生活をしている上で無意識のうちに様々な判定、すなわちジャッジを受けています。会社に行けば上司からジャッジされ、デートに行けば相手から異性としてジャッジされ・・・。久しぶりに会った友達の「ちょっと太った?」という一言や、初めて会った人からの「サーフィンお好きそうですよね」なんていう何気ない言葉も一種のジャッジです。

そんなジャッジメント社会の世の中で、生きていく際、自己肯定感が低い状態だと常に他人の視線や言動が気になり、ちょっとした失敗で深く落ち込んでしまうようになります。そして、さらに悪いことに、自分が拒否される不安をかき消すために他人をジャッジし返す、つまり、悪口や陰口を言ったり、他人を認めることができなくなったりしてしまうのです。これでは、とても悪循環ですよね。

まずはモヤモヤを整理しよう


▼人の脳は意外とおっちょこちょい


心の中で漠然とした悩みを抱え、それを整理しないままでいると、人間は頭の中でその悩みを他の悩みとくっつけて考えてしまう傾向にあります。そのままどんどん雪だるま式に悩みの規模が大きくなっていき、「モヤモヤ」という感覚になるのです。

モヤモヤしている人が「私は何のために生きているんだろう・・・」などと規模の大きなことを言い出すのはそのためだと考えられます。きちんと落ち着いて整理すれば、悩みの根本は意外とシンプルなことがほとんどです。

▼実際に整理してみよう!モヤモヤのイメージと本当の原因にはこんなに差がある。

それでは、実際にモヤモヤを整理してみましょう。
何となく仕事が億劫でモヤモヤしているA子さんの心境を覗いてみます。
via pixta.jp


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


A子さん(30代・OL)の場合

何となく仕事が億劫でモヤモヤしているA子さんの心境です。

特別嫌なことがあるわけでもないけれど、出勤するのが億劫で仕方がない。もしかしたら嫌なお客さんの接客をしなければいけないかもしれないし、その対応でミスをして上司に叱られるかもしれない。そういえば上司は自分にばかり当たりが強い気がするし、同期のB子には異様に優しい。B子といえば最近彼氏といい感じらしく、次の休みはどこにいくとか、この前こんなことをしたとか、聞いてもないのに延々と話してくる。

一方の自分は好きな人に「今度食事でもどうですか?」というメールを一週間以上無視されている。相手は年下だし、こんなおばさんは相手にしないということなのか、その気になってしまった自分が恥ずかしい。自分は結婚できるのだろうか。もしかしてこのまま一生一人で寂しく孤独死するのではないだろうか。
自分は何のために生きているんだろう・・・。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

思わずクスッと笑ってしまいそうな発想の飛躍加減ですが、みなさんもネガティブモードに入った時はこんな感じではありませんか?

このようにモヤモヤが雪だるま形式で大きくなっている時は、まず悩みの要素を箇条書きにしていきましょう。

〜A子さんが嫌だと感じていること〜


・嫌なお客さんと接すること
・上司に怒られること
・同期のB子の自慢
・好きな人からメールが返ってこないこと
・将来結婚できるか不安なこと
これらを見たときに、何か気づいたことはありますか?

実は、今書き出した要素、全て「まだ起こっていないこと」なのです。

では、どうしてA子さんは、起こってもいないことを起こったことのように憂鬱に感じてしまうのでしょうか。そこでキーとなるのが、先述した「自己肯定感」です。A子さんは自己肯定感が低いことが原因で、全ての事柄をネガティブに捉えてモヤモヤしていたのですね。

自己肯定感を高めるには?

本文:では、どうすれば自己肯定感を高めることができるのでしょうか?

▼成功体験を自覚する

自己肯定感を高めるために最も有効な方法は、「成功体験」をすることです。実は、人間は1日のうちに何度も成功体験をしているのですが、多くの人がそれに気づいていません。

そこでオススメなのが、寝る前に「今日できた」ことを5つ思い出すこと。朝ごはんをしっかり食べたことや、お年寄りに親切にしたことなど、些細なことで構いません。小さな成功体験の積み重ねが、大きな自己肯定感を育ててくれるのです。

▼思考のクセを理解する

自己肯定感が低い人は、何事もネガティブに考える「思考のクセ」がついています。
例えば先ほどのA子さんの場合、

・嫌なお客さんの対応が嫌→うまく対応できたらスキルアップに繋がる。
・同期の自慢話がうるさい→幸せをおすそ分けしてもらっている。
・好きな人からメールが来ない→彼は仕事で忙しい将来有望な人だ。


など、ポジティブに考える方法はいくらでもありますよね。

常に楽観的な考え方をクセにすることで、悩んでも仕方がないことに時間を取られることは格段に減ります。いきなりスーパーポジティブになるのは難しいと思うので、少しずつできることからチャレンジしていきましょう。

他にもある!モヤモヤを解消する方法


もうモヤモヤしすぎて難しいことを考えるのも嫌だ!という方のために、外側からモヤモヤを改善する方法もご紹介します。日常生活にちょっと一手間加えることで、気持ちをリフレッシュさせましょう。

▼ハーブやアロマの香りでリラックス

嗅覚は五感の中で唯一「情動」に働きかける器官と言われており、心とは非常に密接な関係にあります。ハーブティーを飲んだりアロマディフューザーを焚いたりすることで、香りの力を借りてモヤモヤをスッキリさせることができるでしょう。

▼軽い運動をする

体を動かすことは、気分転換やストレス解消に大いに役立ちます。いつもより一駅分、長く歩き、軽くストレッチをするだけでも気分が明るくなる効果が期待できます。シェイプアップにも繋がって、鏡を見るのが楽しみになるかも!

▼美味しいものを食べる

美味しいものを食べると、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されて穏やかな気持ちになります。ダイエット中の人は必要な栄養素が欠如して憂鬱な気持ちになっている可能性もあるので、たまには好きなものを思いっきり食べるのもいいかもしれません。

モヤモヤは誰にでもある!メカニズムを理解して、賢く付き合っていこう

モヤモヤ、イライラすることは誰にでもあります。大事なのは、その感情を受け入れて適切に対処すること。感情の仕組みを理解して、日常生活の様々なことをポジティブに受け止めていきましょう!それでは、また!

執筆者:三木愛加 Miki Aika

1994年 9月25日生まれ。
神奈川総合高校 個性化コース
東京音楽大学 声楽演奏家大学卒業。

小さい頃から何かを表現することが好きで、大学卒業後本格的に役者活動をスタート。
ミュージカルを中心に、ストレートプレイやオペラ、ラジオパーソナリティなど、持ち前のキャラクターとパワフルな声を生かしたパフォーマンスで様々なジャンルを渡り歩いてきた。

現在は、ヴォイストレーナーとしても活動しており、自身の人生経験やヨガインストラクターの知識を生かし、身体と心をリンクさせる発声の指導を得意としている。

趣味はタロット占い、西洋占星術。結構当たるらしい。JADP認定メンタル心理カウンセラー資格取得。

▼三木愛加さん公式WEBサイト
Miki's Voice Counseling
TOP