年収を増やす考え方とは?年収を増やす具体例4選を紹介

年収を増やす考え方とは?年収を増やす具体例4選を紹介

サラリーマンとして働いていると、なかなか年収が上がらないと感じるかもしれません。もっと年収を増やしたいと思ったら、考え方を変えるようにしましょう。収入が高い人の思考を取り入れると、年収が高くなる可能性があります。 また行動を起こすため、より実践的な方法も試してみてください。現状を変えないやり方から、現状から抜け出す対策を解説していきます。

年収を増やす考え方とは?年収を増やす具体例4選を紹介

サラリーマンとして働いていると、なかなか年収が上がらないと感じるかもしれません。もっと年収を増やしたいと思ったら、考え方を変えるようにしましょう。収入が高い人の思考を取り入れると、年収が高くなる可能性があります。

また行動を起こすため、より実践的な方法も試してみてください。現状を変えないやり方から、現状から抜け出す対策を解説していきます。

年収を増やす考え方

年収を増やしたいなら、希望する年収に見合う自分になる必要があります。自分は何も変わらず、年収だけを高めることはできないのです。

まずは、年収を増やす考え方に変えていきましょう。

自分の価値を高める

年収を上げるには、自分の価値を高める必要があります。いくらでも替えが効く人材であれば、安い仕事しか回ってきません。ところが、企業から不可欠な人材になればどうでしょうか。高い給料を支払ってでも、企業はその人材を獲得したいと思うはずです。

自分には何が強みなのか、考えてみるようにしましょう。特別なスキルがないなら、新たに習得する努力が必要です。

利益を生む仕事を重視する

社内での仕事は、会社のためのものと、お客様のための仕事があります。仕事の多くは会社のためのもので、実は利益に直結していません。会社に必要な人材になりたいなら、利益を生む人材になることです。社内の業務をいくらやろうと利益にはならないため、注意しましょう。

一方で、利益を高める仕事をしている人は、会社から求められ収入も高まります。社内での業務が多少いい加減であっても、お客様のためになり利益を生む仕事を重視してください。

年収を増やす具体例

実際に行動を起こして年収を増やしたい方は、実践的内容を試しましょう。現状であっても、工夫次第で年収を上げられるかもしれないのです。年収を上げたい気持ちが強いなら、行動を起こすようにしてください。

給料アップの交渉をする

年収を増やしたいなら、上司に給料アップの交渉をしましょう。多くの方が現状で満足してしまい、交渉の余地があるとは考えていません。

交渉する場合は直属の上司ではなく、社長など給料アップの決定権がある人に行います。いくら給料を上げて欲しいか伝えたら、具体的な根拠を提示しましょう。「誰よりも業績が高い」「1か月で〇〇円利益を上げた」などの根拠です。

具体的な数値で提示できれば、社長も納得しやすくなります。業績があるのに見合った報酬が得られていないのはおかしいことなので、交渉の余地があります。

高い年収の職業に転職する

転職も収入を増やす手段のひとつです。伸びている業界に転職すれば、現状の給料より上がる可能性があります。今勤めている業界に未来がないと思えるなら、転職も視野に入れてみましょう。

業界自体が儲かっていれば、給料が高くなる傾向があります。求められるニーズは時代により変化するため、古いやり方の会社でいつまでも働き続ける価値はないかもしれません。

また年収が高い業種に転職すれば、確実に年収を増やすことができます。年収は求人でも確認できるため、比較するといいでしょう。

起業するかフリーランスになる

今の給料に満足できないなら、起業する道もあります。いきなり独立するのが無理なら、フリーランスとして働き自信を付けましょう。

若いころに独立しておけば、失敗しても痛手は少なく済みます。起業するなら早いうちがよく、若いからといって諦める必要はありません。万が一失敗しても、若いころの失敗なら、転職する道も残されています。

すでに年齢を重ねているなら、今までの経験を活かしましょう。社会経験があり、人脈も築いているはずなので、リスクを減らすことができます。

節税する

年収を増やす対策は、節税でもできます。マイホームを買って住宅ローン控除を受ける、ふるさと納税の控除を使うなどの方法です。医療費が一定額以上であれば、医療費控除も使えます。

サラリーマンでも使える控除や節税方法は多数あります。別居する親を扶養に入れると、扶養控除が活用できるでしょう。

年収を増やす対策をしよう

年収を増やしたいと思ったら、自分に合った対策を試してみてください。転職だけが最善策とは限りません。

手軽な対策方法でも、年収を増やすことができる場合があります。
TOP