収入を増やすためのおすすめ資格8選!難易度別と女性向けを紹介

収入を増やすためのおすすめ資格8選!難易度別と女性向けを紹介

収入を増やしたいと考えるなら、資格取得がおすすめです。 資格の中には、独占業務で高収入が見込めるものがあります。 難易度が高いほど年収が高くなりやすく、年収アップにおすすめです。 年収を増やすために考慮したい、おすすめ資格を8つ紹介します。 難易度が高めから低め、または女性におすすめの資格から比較してみてください。
収入を増やしたいと考えるなら、資格取得がおすすめです。資格の中には、独占業務で高収入が見込めるものがあります。難易度が高いほど年収が高くなりやすく、年収アップにおすすめです。

年収を増やすために考慮したい、おすすめ資格を8つ紹介します。難易度が高めから低め、または女性におすすめの資格から比較してみてください。

難易度高めのおすすめ資格

難易度が高い資格は、1年以上の勉強が必要なものがあります。合格率が低いものが多いのですが、それだけ資格を所有している人の数が少なくなります。独占業務であれば、1,000万円以上の年収も可能です。

中小企業診断士

中小企業診断士は、コンサルタントとして活躍する際に必須の資格です。民間の企業に経営のアドバイスをするなら、取得しておいて損はありません。国家資格のため難易度はやや高めです。

資格を取得すれば、全国のコンサルタント会社や一般企業に就職できます。年収は700~800万円程度で、安定した収入なのが特徴です。勉強は専門学校などで、最低でも1年は必要になります。

税理士

税理士は税金のプロで、平均年収は約700万円です。国に税金がある以上仕事はなくならず、一生安泰の仕事だといえます。業務内容は、確定申告など税務に関する書類作成です。

税理士は独立も可能で、自宅を使って開業もできます。開業資金があまりかからず、うまくいけば1,000万円以上も可能です。頑張れるほど年収に繋がりやすく、やりがいのある仕事です。

弁護士

弁護士の平均年収は1,000万円程度です。

合格率は1%以下で難易度は高めですが、チャレンジしてみる価値はあります。資格は国家資格で、合格すれば一生活用できます。

弁護士は独立開業も可能で、大きく稼ぐことができます。ただし実力がなければ、数百万円程度止まりの方もいるのが現状です。格差が激しく、2,000万円クラスの人もいれば、サラリーマン規模の人もいます。

行政書士

行政書士は、不動産関連の仕事に役立つ資格です。一般的には事務所に所属しますが、独立開業もできます。年収は600万円からで、有名な企業に就職すれば1,000万円クラスです。

資格の難易度が高く、合格率は10%以下です。人によっては数回から10回以上試験を受ける方もいます。難易度は高くても、一度資格を得てしまえば安定して稼げる仕事です。

難易度低めのおすすめ資格

難易度が高い資格だと難しいと感じるなら、難易度を少し下げましょう。不動産関連の資格や、金融業に役立つ資格なら稼げる可能性が高くなります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士の資格があると、不動産の専門家になれます。企業に就職するだけでなく、独立開業をして安定して稼げる仕事です。

勉強する期間は、半年から1年でやや難易度が下がります。不動産関連の会社に勤めるなら、5人に1人の割合で資格取得が必要です。独立開業する際も、建物の取引の際に資格が必要になります。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、ローンや保険などのプロです。金融商品のアドバイスをする仕事で、保険会社や保険アドバイス業などに役立ちます。企業に勤めるとサラリーマン程度ですが、独立開業すれば1,000万円も可能です。

資格は、3級から1級までで、できれば2級か1級がいいでしょう。最初は3級から始めて、働きながらレベルアップできます。

女性向けおすすめ資格

稼げる資格の中には、女性向けのものがあります。専門職に就くため資格を取得しておけば、女性でも高収入を目指せます。

看護師

今後は高齢化社会に伴い、医療関係の人材が求められています。看護師の資格を取得しておけば、結婚してブランクがあっても、再び働けます。

平均年収は500万円程度で、女性の職業の中で高収入です。パート勤務として働いても、一般のパート勤務と比べて時給が高くなります。看護師の職場は女性が多く、保育施設や福利厚生が充実する職場もあります。

資格取得は、看護学校を卒業する必要があります。何歳でもチャレンジしやすく、30代以降に資格取得を目指すのもおすすめです。

医療事務

医療事務の資格があれば、病院で長く勤務できます。安定した職業であるため、女性の中でも人気の資格です。病院がある以上求められる人材で、女性の中でも年収は高めです。

資格取得は、専門学校などで勉強する必要があります。一般事務とは異なり、レセプトの知識が必要です。デスクワークで仕事内容がハードではなく、何歳になっても続けられます。

収入を増やすため資格を取得しよう

収入を増やしたいと考えるなら、高収入を目指せる資格取得を考えてみましょう。難易度が高いものは、1年以上の勉強が必要なものがあります。勉強できる期間や費用を考慮しながら、自分に合った資格を見つけてみてください。
TOP