主婦でも在宅で稼ぐ方法がある?ネットショップ経営がおすすめな理由

主婦でも在宅で稼ぐ方法がある?ネットショップ経営がおすすめな理由

一昔前は、主婦の立場で在宅の仕事をしようと思うと、内職ぐらいしかありませんでした。ですが、今は時代も変わり、インターネットを使ったオンラインの仕事が激増しているので、主婦でも在宅で稼ぐ方法が増えてきました。中でも、ファッションに興味があってなおかつパソコンを使った仕事が苦にならない主婦に人気の在宅仕事がネットショップです。

主婦の在宅仕事事情

一昔前は、主婦の立場で在宅の仕事をしようと思うと、内職ぐらいしかありませんでした。

ですが、今は時代も変わり、インターネットを使ったオンラインの仕事が激増しているので、主婦でも在宅で稼ぐ方法が増えてきました。

中でも、ファッションに興味があってなおかつパソコンを使った仕事が苦にならない主婦に人気の在宅仕事がネットショップです。

主婦の在宅ワークにネットショップがおすすめな理由

自分で予定を決められる

「主婦だから家事が大変だし、フルタイムでなんてとても働けない。
でも、全く収入がないのも不安。せめて月に3万~5万円くらい稼げる仕事があればうれしいのに」
と思っている人は多いのではないでしょうか。

とはいっても、子どもがいれば保育園に預けるのも難しいご時世だし、急な子どもの熱や病気でも身近に頼める人もいず、決まった時間に拘束されるアルバイトは難しいという人もおられます。

ネットショップなら基本的には自宅にいながら商品の仕入ができ、販売もインターネットを使って家から販売するスタイルの仕事です。

日々の作業量や毎月の稼働時間はもちろん自分で決めることができますし、それこそ洗濯機を回している間や子どもが寝ている間にスマホから作業なんてことができちゃいます。

これなら、主婦や子どもがいるママでも始めやすいのではないでしょうか。

得意な分野の商品を販売できる

在宅での仕事を探している主婦の中には、過去にアパレル関係の仕事をしていた方や、ファッションに興味のある人が多いです。

子どもがいるなら、子ども服の知識や最近の流行りのファッションスタイルについての情報なんかも、よくチェックしていますよね。

ネットで服を購入する人は同じような主婦や子どもがいる人が多く、当然そのような購入層の需要が一番よく分かっているのも、ママ世代の人たちと言えます。

そんなワケで、ネットショップでの女性服・子ども服の販売は在宅ママにぴったりの仕事といえるんです。

また、ネットショップはファッション分野に限られているわけではありません。

自分が得意とする分野の商品を販売することで、より魅力的な情報を発信したり、よりよい商品を選択して揃えることができます。

また好きな分野の商品なら自分の関心やモチベーションも保ちやすく、ネットショップ運営を長く続ける助けにもなりますね。

ネットショップ経営の注意点

via pixta.jp
在宅の主婦にぴったりかと思えるネットショップ経営ですが、注意しておくべき点もいくつかあります。

自分の時間が持ちにくい

まず最初に挙げたいポイントは、自分の時間を確保しにくくなるという点です。

在宅で仕事ができるとなると、最初はスキマ時間を使って作業ができることがうれしく感じるかもしれません。

家事の合間やちょっとした時間の空きを利用して自宅にいながら仕事できちゃうので、テンションがあがりますよね。

でも、逆に言えばプライベートの時間と仕事の時間があいまいになってしまう可能性があるんです。

ゆっくりしたいと思っても、お客さんから問い合わせがあると対応しないといけませんし、ネットショップならではの問題は注文が昼夜問わず入ることです。主婦にとっては忙しい夕方以降の時間帯にこそ、学校や仕事終わりの顧客からの注文や問い合わせが増えることも十分考えられますね。

そうなると、自分である程度仕事に費やす時間をコントロールしていかないと、空いている時間はすべて仕事に使ってしまうということになりかねません。

ただでさえ子育てや家事で疲れているところに必要な休息が取れず、体調や健康にも影響が及ぶ危険があります。

集客活動が大変

via pixta.jp
ショップを立ち上げて商品を並べれば、あとはお客さんが来てくれるのを待つのみですが、ここで一つ落とし穴があります。

それは、お店さえ出せば人の目に触れる実店舗と違って、ネットショップは大量の情報の中に埋もれて、肝心の顧客に自分のお店が認知されないという状況が起きかねないんです。

そのため、個人でネットショップを経営する場合には、とにかくみんなに「お店をオープンしたよ!」という事実を認知してもらうことが大前提となります。

みんなが存在を知らないお店なら、もちろんお客さんが来ることもないですし、ましてや商品が購入されることもないですよね。

というわけで、ネットショップをオープンさせる前に、どのように集客を行うのかプランが必要になります。

方法としては、たとえばメルマガを発行する方法がありますし、他にもインスタグラムやツイッター等のSNSで情報発信するのも有効です。

特に、フォロワーがもともと多い方なら、SNSでの集客活動は効果的といえます。

ネットショップ経営ではこのように、ショップ運営やサイトを魅力的なものにする以外にも、他の媒体を駆使して集客のための努力が欠かせません。

ビジネスが軌道に乗るまではしばらく時間がかかりますが、少しずつ顧客を広げて実績を積み上げていき、地道にショップを育てる粘り強さが必要といえます。
TOP