ランサーズの仕組みを知ろう!仕事の受注発注を徹底解説!

ランサーズの仕組みを知ろう!仕事の受注発注を徹底解説!

クラウドソーシングサービスで仕事を受発注する働き方はもはや定着してきました。時代の流れや新型コロナウイルスの影響もあり、これからもクラウドソーシングサービスの利用者は増えることでしょう。 そこで今日は、そのなかでもランサーズについてその仕組みを徹底解説をしていきます。
クラウドソーシングサービスで仕事を受発注する働き方はもはや定着してきました。時代の流れや新型コロナウイルスの影響もあり、これからもクラウドソーシングサービスの利用者は増えることでしょう。

そこで今日は、そのなかでもランサーズについてその仕組みを徹底解説をしていきます。

ランサーズを安心して使える仕組み

新型コロナウイルスの影響で、働き方が変化した方も多いことでしょう。インターネット上で仕事が受発注できるクラウドソーシングは、これからも新しい仕事の形としてもっと増えていくことが考えられます。

その中でも、ランサーズは業界トップクラスの受発注数。安心して使える仕組みを解説していきます。

秘密時保持の徹底

受発注するクライアントとワーカーとの間で、秘密保持が徹底されています。そのため、仕事を発注する側は信頼して仕事を任せることができ、そのためワーカーが選ぶ案件が増えるという仕組みです。

クライアントが発注する仕事ごとに、PDF書面にて秘密保持契約書に同意する機能があり、双方が安心して仕事に取り組めます。この秘密保持契約書の同意機能は、認証クライアントのみが利用することが可能です。

ランサーズが用意した秘密保持契約書のテンプレート、発注側が用意した秘密保持契約書を登録できるため、安心感は高いでしょう。

セキュリティのチェック

ランサーズに登録をしているワーカーを対象に、ランサーズで仕事をするにあたって必要な情報や知識に対する理解度を確認する任意のチェック機能があります。

作業環境確認、個人情報保護法をはじめとした関連法規や基本的なビジネス知識に対する理解度などをチェックし、プロとしての意識を強化しているため、セキュリティ面が万全になるのです。

チェックが完了したらプロフィールページにチェックマークが表示されます。仕事を発注するクライアントが安心してお仕事を任せられる仕組みになっているのですね。

安心のサポート体制

ランサーズをはじめとするクラウドソーシングで仕事を受注する方も発注する方も、初めてだとさまざまな不安があることでしょう。とりわけ、報酬に関することは双方間での信頼が大事です。

この不安を取り除くのは、24時間365日体制のサポート窓口。仕事の受注側と発注側のクライアントの双方からのフィードバックを最重視しているとのこと。そのため、ランサーズへのあらゆる報告や、無料で使える相談室がホームページ上で完備されています。

サポートがしっかりしているので、不安に感じることなく仕事を続けることが可能です。

ランサーズで仕事受注する仕組みと流れ

クラウドソーシングサービスを利用したことがある方は、サイトがどれであってもだいたいの流れは把握していることでしょう。ですが、初めての方にとっては、本当に仕事があるのか不安ですよね。

そこで、どのようにランサーズでお仕事を受注できるのか、その流れをみていきましょう。

ランサーズからおすすめしてくれる

あなたが登録したスキルと実績に応じて、ランサーズから仕事のおすすめが通知されます。ですので、ランサーズに登録したら、まずは、過去の経験やスキルを登録しましょう。

ランサーズに登録をされている仕事の量は約210万件。プロ向けの案件から初心者でも取り掛かることができる案件まで幅広く取り扱っています。

あなたにおすすめの案件を、メールやマイページを通じて紹介してくれるので、通知は見逃さないようにしましょう。

クライアントから相談がくる

プロフィールを充実させておくと、仕事を発注するクライアントから依頼が直接くることもあります。

ランサーズを使用している40万社以上の企業が、発注する仕事のベストパートナーを探しているので、十分にアピールができるようにプロフィールはしっかりと魅力的にかき上げましょう。もちろん、本人確認書類の提出もプラスになります。

あなたが得意とするスキルを登録しておくと依頼が来やすくなるので、あなたのペルソナがわかるようなプロフィールを作成してください。

自分で見つける

お仕事の案内を待っているのも良いですが、より多くの案件をこなして実績をあげるならやはり自分で勝ち取ることも必要です。

それに、ランサーズに登録をしているワーカーは増加傾向にあります。有能なベテランのフリーランサーもいるので、初心者だとそんなベテラン勢の影に隠れて仕事が回ってこないことも否定できません。

案件は常時約210万件を誇るランサーズですから、きっとあなたに合ったお仕事が見つかるはずです。

ランサーズで仕事を発注する仕組み

今度はランサーズでお仕事を発注する仕組みを知りましょう。受注をする人も、発注の仕組みを知っていれば、どのように仕事を受注すれば良いのかクライアント目線が考えることがきます。

これからの時代に合った仕事の提供方法とは、どのように行われるのでしょうか。

仕事を登録する

ランサーズに仕事の案件を掲載するには、ランサーズから指示される項目・順番で入力していけば大丈夫です。まずは、最初に依頼する業務のカテゴリーを選択します。

仕事のカテゴリーは、システム開発からWeb制作、デザイン、設計、タスク・作業などで分類されています。更に細かいジャンルに分かれていくので、順に従って選択肢の中から最適な項目を選んでいくだけ。

そこから報酬や納期の入力となりますが、どれくらいの報酬が妥当か迷ったら、他のクライアントを参考にするのも良いでしょう。

ワーカーを検索

仕事の依頼を入力し終えたら、依頼するワーカーを選別します。このとき、ワーカーについている評価はもちろん、過去の実績などは判断材料にできるでしょう。

また、仕事内容・納期・報酬に応じられるワーカーから提案がくるのを待つのも1つです。複数のワーカーから提案がされたなら、やりとりが社会人としてきちんとしているかも判別するポイントになります。もちろん、本人確認書類の提出がされているかも見極めポイントです。

成果物を受け取る

依頼をするワーカーとの合意が取れたら、あとは成果物の納品を待つだけです。ですが、仕事を進める上でワーカーからの質問があることも想定されます。

依頼をする側は理解をできていても、受注した側が「指示が不十分」と感じる場合は少なくありません。言葉の行き違いで低評価となってしまうと、双方にとって大きなダメージとなるので発注後のケアも大切です。

納品された成果物がイメージ通りであれば、依頼したプロジェクトは完了し、ワーカーにランサーズから報酬が支払われます。

ランサーズの特徴

仕事を受注するのも発注するのもランサーズはクライアントとワーカーのベストマッチを期待できることがわかりました。

では実際に、ランサーズではどんな仕事があり、また、どんな特筆すべき特徴があるのかをみていきましょう。

ランサーズでできること

ランサーズはクラウドソーシングサービスですので、仕事を発注したいクライアントと、仕事を受注したいワーカーとのマッチングを提供しているサービスになります。契約や報酬支払などをサイト内で行うシステムです。

登録されているクライアントは、企業はもちろん、個人での登録もあるため、仕事の幅が広いのも特徴です。仕事の受注者であるワーカーは、プロのフリーランスから副業を行なうユーザーなどさまざま。

簡単に言えば、インターネット環境とパソコンがあれば、いつでもどこでも、世界中から仕事を受発注することが可能です。

ランサーズで募集される仕事の種類

ランサーズで受発注できる仕事の種類は、基本的に対人以外の仕事であればさまざま登録できます。

たとえば、システム開発・運用や記事ライティング、もっとクリエイティブな方面であれば写真や動画の編集といった内容も人気です。最近は動画のナレーションを募集する案件も増えているので、声優やナレーター志望の人には待望の仕事となるでしょう。

専門的な知識がないクラウドワーク初心者でも、未経験から始められる案件が豊富なため、ランサーズで経験を踏むことができます。

手数料について

クラウドソーシングサービスで仕事をするフリーランスが毎月の急慮で「あぁそうだった」と感じるのが手数料です。私も毎回思っています。その分がんばって仕事して稼ぎましょうね。

ランサーズでは、報酬額によって手数料率が細かく異なります。たとえば、10万円以下の報酬については手数料は一律20%です。10万円 から 20万円部分については10%、20万円以上部分は5%となるため、たとえば報酬が15万円の場合、10万円までが20%、10万円を超える5万円部分が10%の手数料となります。

ランサーズの仕事はどんな人におすすめか

ランサーズで登録をするかどうか迷っているなら、以下に当てはまるかチェックしてみてください。特徴の3つのどれかに該当するのであれば、まずは登録をおすすめします。

きっとあなたにぴったりのお仕事があるはずですよ。

副業を探している人

新型コロナウイルスの影響で、テレワークや在宅勤務という働き方が浸透しはじめました。
そのため、通勤にかかる時間が大幅に軽減され、スキマ時間で何か仕事をと考えている方も多いことでしょう。

本業がしっかりしながらも、副業としてランサーズに登録し仕事を受注しているという方の割合も増えてきています。職場で副業が禁止されていないのであれば、副業の受注にランサーズがおすすめです。

フリーランスの人

フリーランスでランサーズを中心に仕事を受注している人も少なくありません。「認定ランサー制度」という優良なワーカーである証明があれば、受注数も増えることでしょう。

この認定ランサー制度とは、ランサーズが定める一定の基準を全て満たした受注者であることの証明です。レスポンスの速さを含めて条件は細かく設定されていますが、プロとして仕事に費やす時間と意識がある人には有益な制度と言えます。

通勤が難しい人

通勤が当たり前の生活をしていると忘れがちですが、私たちはいつ不測の事態に陥るかわかりません。今回の新型コロナウイルスだってそうですよね。

考えたくはありませんが、いつ何時家族に介護が必要になるかもわからないのです。通勤が困難で、それでも仕事をする必要に駆られることは誰だって可能性があります。

あらゆる事情で通勤が困難な場合、ランサーズをはじめクラウドソーシングサービスは大きな味方になるのは明らかです。

ランサーズの安心して働ける仕組みでしっかり働こう!

ランサーズはクラウドソーシングサービスでもトップクラスの受発注数を誇ります。スキマ時間があるなら、日々コツコツ業務をこなすことで、副業収入が得られるでしょう。

仕事を発注する企業にとっても、受注するワーカーにとっても安心の制度がありますので、興味があればぜひ登録をしてみましょう。
TOP