将来に備えて知っておきたい!資産運用の方法にはどのようなものがある?

将来に備えて知っておきたい!資産運用の方法にはどのようなものがある?

ある程度の年齢になってくると、老後のことを意識するようになります。はたして老後は満足に生活できるのだろうか。どれだけお金を貯めれば満足できるのか。このような不安を抱えている人はとても多いです。老後のためには数千万円の貯蓄が必要になる場合もあり、今の収入ではとてもじゃないけどお金を貯められないと困っている人もたくさんいます。そこで注目したいのが資産運用です
ある程度の年齢になってくると、老後のことを意識するようになります。はたして老後は満足に生活できるのだろうか。どれだけお金を貯めれば満足できるのか。

このような不安を抱えている人はとても多いです。老後のためには数千万円の貯蓄が必要になる場合もあり、今の収入ではとてもじゃないけどお金を貯められないと困っている人もたくさんいます。そこで注目したいのが資産運用です
ただ、お金を貯金していくだけではなく、それを増やすために必要な資産運用とは何か、一度しっかりと確認してみましょう。

資産運用の仕方にはどんなものがある?

資産運用という単語だけを見るなら、そのままの意味で資産を運用することになります。ここで知りたいのは、その運用方法についてです。

実際に探してみると、資産運用とは様々な種類があると分かります。それだけ種類があるだけでなく、積極的に資産運用をしている人もたくさん見つかるほどです。ご存じの通り、銀行にお金を預けているだけではお金はほとんど増えません。よほどの金額でなければ金利はあって無いようなものです。だからこそ、資産運用が注目されています。

資産運用のメリットとデメリットを知る

資産運用のメリットとデメリットを簡単に説明します。
via pixta.jp
上手くいけば今ある資産を増やしていける資産運用ですが、当然のことながらメリットばかりではありません。デメリットと言える部分もあるのです。

資産運用のメリットは、複利効果によってお金を増やせることです。働いてお金を稼ぐのではなく、資産を動かして資産を増やせるのですから、不労所得を得られるメリットもあります。

これに対してデメリットとしては、上手くいかないと元本割れを起こす可能性があることです。また資産運用をしていくに際して、様々な知識が必要になることがあります。

これらのメリットとデメリットのバランスは、その人の置かれている環境によって変わるのです。

複利効果とは

ちなみにメリットにある複利効果とは資産運用で得た収益分を投資することで、さらに収益を出すこと仕組みになります。100万円が105万円になった場合は5万円が収益になりますが、その次も100万円で運用するのではなく105万円で運用することで、前回分よりも高い効果が期待できます。

元本割れは

デメリットになっている元本割れは、何らかのトラブルや失敗によって、収益を得るどころか損をしてしまう状態です。100万円を105万円にするはずが、結果としては90万円になってしまうこともあります。

ここではわかりやすい数字を使いましたが、資産運用のやり方次第では資産が数倍になることもあれば、元本割れで借金を抱えてしまうこともあるのです。資産運用とは、このメリット部分を最大限に引き出してデメリットを回避することが一番重要です。

資産運用にはどんな種類があるのか

資産運用とは簡単に言えば投資のことを指します。しかし細かく分けていくと、その種類もかなりの数があるのです。

資産運用とは何かという話で代表的な項目として、投資信託、株式投資、不動産投資などがあります。

投資信託は専門家に委託して投資する方法なので、素人がいきなり始めるよりもリスクは小さいです。その分、手数料や報酬が発生するので、リターンは控えめになります。

株式投資や不動産投資は、資産運用の代表格です。よく知られている方法なのですが、運用方法に問題があると大損してしまい、そもそも最初の運転資金が大きいので始めにくい特徴もあります。

金利がプラスになっている状態なら、預貯金も資産運用になります。預けている期間によって金利分が増えていくからです。しかし預ける金額が少なければ増える金額も少なく、リスクは少ないのですがリターンも少ない方法になります。

保険の中には、支払った保険料を保険会社が運用して増やしてくれるタイプがあります。終身保険や個人年金保険がこれに該当し、資産運用のひとつです。

国が発行する債券を購入することで金利を受け取れる国債も、資産運用になります。国が責任を持ってくれる安心感があるので、信頼できる方法のひとつです。

実際にはもっと多くの資産運用方法はありますが、まずは代表的なところから知っておきましょう。

資産運用をする時の注意点とは

それぞれの資産運用方法についてまとめていくと長くなるので、共通して知っておきたいことをまとめていきます。

まず資産運用は、余剰資金で行うようにしてください。大きなチャンスがあるからと貯蓄まで回してしまう人もいますが、それで失敗すると目も当てられません。それこそ人生に大きな影響を与えるレベルの失敗もあり得るのです。

そして資産運用にはコストが発生するので、自分が始めようとしている資産運用にはどれだけのコストが必要なのかを確認しましょう。損益は、コストも含めた上で考えてください。

最後に、目的を明確化することです。何のために資産運用を始めるのか、まずはどれくらいの金額を目指すのかになります。お金をどんどん増やせるならそれが一番ですが、目的を達成できたらいったん引くことも重要です。

知識も無くリスクの大きい方法をとると、高確率で失敗してしまいます。そのことを踏まえて資産運用について勉強していきましょう。
TOP