忙しい主婦が在宅ワークのために取得できるおすすめ資格

忙しい主婦が在宅ワークのために取得できるおすすめ資格

主婦の仕事は365日休みがなく、忙しい事に変わりはありません。そして新型コロナウイルスの影響で社会環境がより不透明になりつつある中、主婦層も少しでも収入を確保しようと動き出しても不思議ではありません。では主婦がこれから収入を得るためには、やはり資格はあった方がいいでしょうか?必ずしもそうではないと言いつつも、やはり同じポジションへの応募が複数以上あれば、資格が考慮される可能性はありそうです。3つの働き方のケースに応じた必要な資格は、それぞれ以下の通りです。

忙しい主婦が在宅ワークのために取得できるおすすめ資格

主婦の仕事は365日休みがなく、忙しい事に変わりはありません。そして新型コロナウイルスの影響で社会環境がより不透明になりつつある中、主婦層も少しでも収入を確保しようと動き出しても不思議ではありません。では主婦がこれから収入を得るためには、やはり資格はあった方がいいでしょうか?

必ずしもそうではないと言いつつも、やはり同じポジションへの応募が複数以上あれば、資格が考慮される可能性はありそうです。3つの働き方のケースに応じた必要な資格は、それぞれ以下の通りです。

1. 在宅社員、またはオフィス勤務として企業に採用される

正社員や派遣社員として企業に就職する事は、長期的に安定した収入を得るという観点において最適な選択肢です。企業のテレワーク導入が進んでいますので、オフィス勤務といっても在宅ワークになる可能性もあります。

また正社員になるには資格が必要というケースの方が多いでしょうから、この場合は資格の取得はマストであると考えた方がよさそうです。

医療事務

少子高齢化に伴い、年配者が病院へ通う人数も頻度も増加し続けるでしょうから、仕事の需要が減る事はないでしょう。病院や施設に勤務する事になるかもしれませんが、病院やクリニックは全国津々浦々に存在するので、もしパートナーの転勤などで引っ越しを余儀なくされても、転勤先でまた再就職できる可能性が高い事から人気の職業です。

主に患者のカルテの管理や受付業務、会計処理などの事務作業を担当します。民間の資格の選択肢があり、通信講座での受講も可能で試験も教材の持ち込みが可能であるなど、それほど難しくなさそうです。約3カ月の講座で数万〜10数万円ほどの費用がかかるようです。

日本語教師

今はコロナウイルスの影響で滞っていますが、年間のインバウンド旅行者数が2,000万人に迫った日本では、外国人が日本語を学びたいという需要は衰えていません。外国と日本をつなぐというやりがいもあり、人と接する事が好きな主婦にとってはやりがいのある仕事の一つでしょう。

学校で教えるだけでなく、オンラインでのレッスンを提供したり、企業や個人に家庭教師をしたりと、働き方もさまざまです。大学で日本語に関する科目を履修していなければ、日本語教育能力検定試験に合格するか、日本語教師スクールで420時間養成講座を修了すれば資格を得られます。

時間も費用もかなりかかりますが、一生を通してできる仕事と考えれば自分への投資だと考える事も可能でしょう。 具体的に2つ例を挙げましたが、他にも以下のような選択肢があり得ます。

・宅建士
・秘書
・ケアマネジャー
・整体師
・介護福祉士
・社会保険労務士
・CAD
・ファイナンシャルプランナー
・インテリアコーディネーター  

2. 契約やフリーランスとして仕事をもらう

もし正社員としてというよりは、家計の足しとしての副業在宅ワークを望んでいる場合には、フリーランスとして仕事を受注するやり方が適しているでしょう。

その場合も、依頼主である企業や個人から競合を押しのけて仕事をもらうためには、自分にはこうしたスキルや経験、資格があるというアピールが必要不可欠です。以下の2つの例からイメージができるでしょう。

ウェブデザイナー

すでにスキルや経験があるのなら資格がなくても大丈夫でしょうが、これから一から目指すのであればやはりスクールや通信教育を受講して体系的に学ぶ事が近道になるでしょう。

ウェブデザイン技能検定やWebデザイナー検定など、自分のプロフィール欄にこうした資格を書けるようになっておけば、仕事を受注するための急がば回れになるはずです。

翻訳家

もし語学に自信があれば、在宅で翻訳の仕事を請け負う方法もあるでしょう。企業案件や映像・小説の翻訳など、これから翻訳ソフトの進歩によって廃れてしまう仕事と言われているものの、顧客の要望に柔軟に応えられれば需要は消滅しないでしょう。

翻訳家としての資格は特にありませんが、実務経験がないと翻訳会社のトライアルを受けられないため、仕事の依頼にアクセスする事が難しくなります。よって、翻訳会社が運営するスクールに通い、修了後にそのままトライアルを受ける流れが最も近道でしょう。

3. 自宅を利用して教室やサロンを開く

最後は、資格を生かして自宅でサービスを提供するスタイルが考えられます。

児童英語教師

幼児教育の一環として、英語学習や英会話の人気は年々高まっています。自宅を開放して子供達に英語を教える教室を開く事も一つの形でしょう。特別な資格は必要ありませんが、子供達を通わせる保護者の気持ちをつかむには、やはりTOEICや英検の高スコアなど目に見える形で英語のスキルが高い事を証明できる必要がありそうです。

美容系サービス

自宅を開放してアロマセラピーを生かしたリラクゼーションや、ネイルサロンを開業する方法もあるでしょう。アロマセラピストもネイリストも国家資格はありませんが、エッセンシャルオイルや繊細な爪に関する正しい知識と経験を有している事を民間資格を取得してアピールできなくては、お客さんは集まらないでしょう。
TOP