サラリーマンの副業はライターがおすすめ!進め方や注意点を解説

サラリーマンの副業はライターがおすすめ!進め方や注意点を解説

サラリーマンとして働く方の中には、将来の不安がある方もいるでしょう。 今は、会社員として働いていれば安泰ではなくなりつつあります。 もう少し生活に余裕が欲しいなら、サラリーマンでも始められる副業がおすすめです。 ライター副業なら思い立ったらすぐできて、仕事の種類もあるためおすすめです。 チャレンジしてみたい方は、ライター副業の進め方や注意点をチェックしてみてください。
サラリーマンとして働く方の中には、将来の不安がある方もいるでしょう。今は、会社員として働いていれば安泰ではなくなりつつあります。

もう少し生活に余裕が欲しいなら、サラリーマンでも始められる副業がおすすめです。ライター副業なら思い立ったらすぐできて、仕事の種類もあるためおすすめです。

チャレンジしてみたい方は、ライター副業の進め方や注意点をチェックしてみてください。

サラリーマンの副業はライターがおすすめの理由

副業の中でも、ライターはサラリーマンにおすすめです。仕事の経験が活かせることと、隙間時間を活用できるためです。

仕事の経験が活かせる

サラリーマンとして働いているなら、仕事の経験をライターとして活かせます。

たとえば、美容関係の仕事をしていれば、美容の裏話が語れるでしょう。一般の人が知らない情報は、ライターとして求められています。

会社員の方は、現場に深く触れてきたメリットがあります。たくさんの人と関わり、情報を多く持っている方も少なくないでしょう。

隙間時間にできる

ライターとして慣れるまで多少時間はかかりますが、作業時間は少なくて済みます。

1本の記事を仕上げるのに、1時間くらいでしょう。短時間で済む仕事のため、会社が終わってから執筆作業ができます。平日は1日1本までと決めておけば、無理なく副業が進められるのが特徴です。

または土日など休日にまとめて作業することもできます。

ライターの副業の進め方

サラリーマンの方がライターとして副業をするなら、下準備が必要です。下準備といっても難しくはないため、少しの手間を惜しまないようにしましょう。

基礎を勉強する

文章を書くと聞くと、難しく考えてしまうかもしれません。人によって勉強方法はさまざまで、書籍やセミナーで学ぶなどです。独学であっても、基礎を学んでいれば、徐々にレベルアップができます。

最初は簡単な記事作成から始めて、フィードバックをもらいながら修正します。改善点を素直に受け止めて修正していけば、誰でもレベルアップは可能です。

クラウドソーシングに登録する

ライターの仕事は、クラウドソーシングと相性が良くなっています。企業とライターの間を取り持つ役割で、多数のライターの仕事が探せます。

慣れないうちは、単価が低くても学ぶ姿勢でうけるのがおすすめです。最初は1文字1円以下からはじめて、慣れてきたら1文字1円以上を目指しましょう。

クラウドソーシングの登録は無料で、仕事をした数%を手数料として引かれます。始めは複数の企業とやり取りしながら、相性がいい企業が見つかれば、1社とだけ取引も可能です。

月10~30本作業する

副業としてライターをするなら、月10~30本くらいが目安です。初心者だと1本1,000円くらいになることが多くなっています。月10本なら10,000円、月30本なら30,000円の副収入が得られるでしょう。

もちろん慣れてくれば、30,000円以上の副収入も期待できます。執筆数が少なくても、単価が上がっていけば収入も高くなります。

ライター副業の注意点

サラリーマンの方がライター副業をするなら、いくつか注意点があります。自分にライターの仕事が向いているのか、最初に確認しておきましょう。

納期を守る必要がある

ライターとして長くやっていくなら、納期は絶対守る必要があります。副業感覚でやっていく方の中には、納期を守れない方が少なくありません。

本人は副業であっても、相手の会社にとっては個人事業主と同じ扱いです。納期を守れなければ、即契約解除もありえます。

サラリーマンの方は本業をやりながらで、納期に間に合わない場合があるかもしれません。余裕をもって仕事をうけておけば、万が一の際にも対処できます。

大きく稼ぐことはできない

ライターの仕事は、1本いくらの単価です。初心者の頃は、1本仕上げるのに数時間かかってしまうかもしれません。

また時給制でもないため、本数をこなさないと収入になりません。アルバイト感覚で始めると、思ったより稼げず挫折する方もいるでしょう。ライターを続けるには、コツコツと作業を続ける忍耐力が必要となってきます。

収入に応じて確定申告が必要

副業の年間所得が20万円を超えると、確定申告が必要です。所得は経費を引いた額のため、パソコン購入費やネット回線費などを引いた額です。ライターは経費が少なく、所得額に注意してください。

サラリーマンは副業でライターをやろう

サラリーマンでもできる副業をしたいなら、ライターがおすすめです。クラウドソーシングを活用すれば、すぐに始めることができます。やったら利益に結びつきやすく、書くのが好きな方におすすめです。
TOP