初心者向け!お金の知識がない人に知ってほしい将来のお金を作る方法

初心者向け!お金の知識がない人に知ってほしい将来のお金を作る方法

お金の知識、マネーリテラシーは人によって違います。 今さら人に聞けないと悩んでしまうこともあるでしょう。 そんな投資初心者のために、ゼロからの知識でもわかるお金のプランニングについて紹介します。
お金の知識、マネーリテラシーは人によって違います。

今さら人に聞けないと悩んでしまうこともあるでしょう。そんな投資初心者のために、ゼロからの知識でもわかるお金のプランニングについて紹介します。

年金ってもらえるの?必要な老後資金はいくら?

ニュースなどでも年金への不安はよく扱われています。

年金制度があるから安心という考えはもう崩壊したといってよいでしょう。しかし、老後資金としてはいくら用意すればいいのでしょうか。

ゆとりある老後に必要なお金って?

人によっていくつまで働くかは違います。

一般的には老後とは預貯金と公的年金を生活資金にして暮らし始めたタイミングといわれています。つまり日本の平均寿命から考えると20年から30年以上は老後といえるのです。ゆとりある老後のためには3000万円の備えは必要ともいわれています。

年金の支給や額に心配を感じている人の中には、生命保険会社などが扱う個人年金保険に加入している人もいるでしょう。個人年金保険とは保険料を納めることによって、あらかじめ決められた年齢から年金を受け取れる保険です。

また、年金保険という形以外の金融商品で老後資金を用意することもできます。

老後資金はどうやって用意する?

老後までに3000万円用意するというと途方もない額に感じるかもしれません。また子育て世代で、教育費などで費用が十分に用意できない人も多いはずです。そんな時に考えて欲しいのが投資です。

例えば毎月3万円をそのまま貯金として積み立てた場合、積立総額は1260万円になります。
一方で年率1%で運用すれば1509万円。

年率3%で2230万円で、もしも5%で運用できれば3422万円になります。ハイリターンの投資はリスクも高まるため注意は必要ですが、ローリスクの投資も数多くあります。老後資金を効率よく貯めるためにお金に働いてもらうことを考えましょう。

投資資金作りのための家計管理術

投資や個人年金保険は始めたくても資金が足りないという人は多いはずです。そんな時は家計を見直してみましょう。家計管理のコツを紹介します。

家計簿は予算管理のためのツール

家計管理といっても必ず家計簿を付けなくてはいけないわけではありません。

家計簿をつけ始めると収入と支出を記入して完成させるだけで、満足させてしまう人もたくさんいます。
しかし、家計簿は支出の予算を立てて管理するためのツールです。

無駄遣いをしていなかったか、節約することでいくら支出がスリムになったかを把握するために使います。そのため初めに予算を設定してから支出をそれと比較するのが適切な方法です。

家計の予算を決めよう

家計の予算は見込みの収入額から決めます。

収入額から貯蓄を差し引いて、残った支出をそれぞれも項目に分けましょう。収入から支出を差し引いて残った分を貯蓄に回す人もいるかもしれません。

しかし、その方法では目標があいまいになり、効率よく貯金することはできません。必ず貯金は先取りして優先順位を高くしておくようにしてください。

家計管理はどんな方法でも問題ない

家計管理は必ずしも家計簿をノートで用意する必要はありません。例えばパソコンやスマホで管理する人もいるでしょう。レシートを読み込ませるタイプのアプリも便利です。

面倒であれば初めに封筒で品目ごとの費用を分けて、使っていく方法もあります。

月3万円の投資資金を用意できれば、十分に将来のための積み立て投資がスタートできます。家計管理が整うと、お金が貯まることも楽しくなっていきます。自分に合った予算を立てて無理のない貯金から始めましょう。

国の制度も活用して将来のお金を貯めておこう

初心者だからお金のことはわからないなんて言っていると、初心者のまま時間がたってしまいます。投資初心者におすすめなのは長期の積立貯蓄。

時間を味方につけることで、利回りが低くても長期的に大きな金額にすることができます。積み立てNISAやiDeCoなど長期投資向けの制度もあるので、活用して投資をスタートしてみましょう。
TOP