20代からやっておきたい!人生を変えるお金の勉強

20代からやっておきたい!人生を変えるお金の勉強

20代は多くの人が社会人としてのスタートを切る時期です。 しかし、社会人になるために必要な勉強は学校だけで十分なのでしょうか。 日本は金融や投資の勉強をする機会が少ないといわれています。 20代からお金の勉強を始める方法を紹介します。
20代は多くの人が社会人としてのスタートを切る時期です。

しかし、社会人になるために必要な勉強は学校だけで十分なのでしょうか。日本は金融や投資の勉強をする機会が少ないといわれています。20代からお金の勉強を始める方法を紹介します。

どうして20代からお金の勉強が必要なの?

お金の教育なんて、収入が増えてからでもいい、20代だとまだピンとこないという人もいるかもしれません。しかし、20代はお金の勉強を自分でスタートするベストタイミングです。その理由を紹介します。

日本の教育も資産形成をについて扱うように

2022年から実施される高校の新指導要領では、家庭科の授業の中で資産形成について指導することが決まっています。今まで日本では金融教育を実施しておらず、お金のことをよく知らないままに社会人になっていく人も普通でした。

しかし、政府は年金に頼らずに自身で資産形成する必要性が高まっていることを認識し、記入教育の導入を決めました。

今、20代だという人は金融教育は受けていません。金融教育は経済学から給料の仕組み、資産運用。社会制度など幅広く扱う分野です。自助努力で身に着けておかないと、生涯付き合うことになるお金の扱いきれない可能性があります。

人生のターニングポイントになる年齢

20代という年齢は学生から社会人になったり、結婚や出産をしたりと人生のターニングポイントとなるイベントが多い世代です。

自分で給料を受け取って自立すると社会保険の料金や税金も支払うようになります。社会保険や税金でどのくらいのお金がかかるのか、自分で稼ぐようになるまで知らなかったという人も多いでしょう。社会人の基礎知識としてのお金の勉強は20代には必要になるのです。

20代から始めるお金の勉強

お金は知識があるだけで増やす事が出来るんです。でも勉強しないと知らないお金のも知識も沢山。
via pixta.jp
お金が関わる範囲は幅広く、私たちの生活はお金によって成り立っています。お金の勉強といってもどこから始めればいいのかと途方に暮れてしまう人もいるでしょう。20代からお金の勉強をする方法を紹介します。

お金について書かれている本を読んでみる

王道のお金勉強法がお金に関する本を読むことです。

書店に行けばお金にまつわる本がたくさん販売されています。たくさん種類があるので、どのようなお金の本を探しているのかある程度絞ってから書店に行くことをおすすめします。

例えば、社会人に必要な税金や年金の本や経済学の本なのか、それとも貯金術なのか、書店でいろいろな本を見て選びましょう。

家計簿をつけてみる

一番身近ににあるお金が生活にかかるお金でしょう。

今まで家計簿をつけたことがないという人は、家計簿をつけてどれだけの支出をしているかチェックするだけでもお金の勉強になります。お金を増やすには、収入を増やすか支出を減らす、さらに投資でお金に働いてもらう方法があります。家計簿をつけてどうすればお金を増やすことができるか考えてみましょう。

資産運用をスタートする

習うより慣れよという言葉は、お金の勉強にも当てはまります。

少額からでも資産運用をスタートしてみましょう。株式や投資信託など少額でも買うと、何に投資するのか、どのタイミングで買うのかを考えることになります。

ライフイベントとかかる費用を考える

自分の人生設計も大切なお金の勉強です。人生の節目でかかる費用について具体的に知っているでしょうか。結婚や出産、教育費、マイホーム購入など、何にどれだか費用がかかるか知っておきましょう。

お金の勉強は人生を豊かにする

お金は人生に必ず必要になります。

給料を受け取ったり、家を借りたりという場面でもお金の知識が求められるでしょう。お金にまつわる事態に直面してから勉強するよりも、事前にある程度知識として身に着けておくことをおすすめします。

お金の勉強をスタートしてファイナンシャルプランナーの資格を取得したり、資産運用をスタートしたりする人も多いでしょう。知っているだけでも他の人より有利になる知識はたくさんあるので、すぐにでもお金の勉強を始めてください。
TOP