プラチナカードのメリットとは?プラチナカードを持つのに必要な条件

プラチナカードのメリットとは?プラチナカードを持つのに必要な条件

クレジットカードでもステータスの高いプラチナカード。 欲しいな、と思ってすぐ手に入るものでもありません。 でも、どんなラグジュアリーな世界か知りたいですよね。 そこで、プラチナカードにはどんなメリットがあるのか、特典を覗いてみましょう。 また、プラチナカードを持つのに必要な条件もお伝えします。
クレジットカードでもステータスの高いプラチナカード。欲しいな、と思ってすぐ手に入るものでもありません。

でも、どんなラグジュアリーな世界か知りたいですよね。そこで、プラチナカードにはどんなメリットがあるのか、特典を覗いてみましょう。

また、プラチナカードを持つのに必要な条件もお伝えします。

プラチナカードを持つには?

まずは、どうすればプラチナカードを持つことができるのか、必要条件をみていきましょう。

「プラチナカードください!」でもらえたら良いのですが、当たり前ですが、そうもいきません。

どんな条件が必要なのでしょうか。

発行できる年齢はカード会社によって違う

一般的なクレジットカードは高校生を除く18歳以上であれば作ることができます。ですが、プラチナカードの場合はカード会社によって発行できる年齢が違い、統一ではありません。

20歳以上で申し込みが可能としているカード会社もあれば、JCBプラチナは25歳以上と高めの設定。信用性の高いカードなだけに年齢も高めに設定されていることが多いのです。

過去の利用実績が重要視される

年齢以上に重要視されるのが過去の利用実績です。

定期的に使用があれば、信用できる優良顧客とみなされるとのこと。ただし、過去に支払いの滞りがあれば、まずプラチナカードは難しいでしょう。

もちろん、収入の審査もあります。

「安定的・継続的」な収入であることは必須。収入基準が明記されているわけではありませんが、一般的な社会人の年収は必須であると考えられます。

自分で申し込むかインビテーションが届く

自分から発行を申し込むか、インビテーション(招待状)が届いて申し込みをするかに分かれます。

インビテーション不要で申し込めるプラチナカードが増えていますので、誰でも申し込めるプラチナカードであれば、トライしてみるのも良いですね。

インビテーションが届くのは、過去にゴールドカードで買い物を年間100万円以上していることを条件とも言われています。

優良顧客にのみ、特別なインビテーションが届くのですね。

プラチナカードを持つメリット

最高のステータスであるプラチナカード。お得な特典が満載です。

とくに、海外に旅行やビジネスで行くことが多い人は、プラチナカードがあるととても快適に過ごすことができるでしょう。

どんな特典が用意されているのでしょうか。

空港ラウンジが使える

ほとんどのプラチナカードに付帯している特典が「空港ラウンジの使用」です。出発前、ラウンジでゆったりと過ごすことができるのはプラチナカード保有者の特権。

ドリンクサービスやマッサージ機の使用、シャワーといったリフレッシュに最適なサービスが用意されています。

飛行機や天候のトラブルで大幅に出発が遅れた経験はありませんか?

そんなときに空港ラウンジが使用できれば、快適にフライトを待つことができるのです。

コンシェルジュサービスが使える

コンシェルジュサービスを使えば、宿泊予約や舞台チケットの手配など、基本的に何でも予約等アレンジをしてくれます。いわば、プラチナカード使用者に限られた予約代行サービスです。

また、旅行の相談をすれば、プラチナカードの優待特典と合わせた最適なプランを提案してくれることも。

旅先で観劇やコンサートを楽しみたいときは心強いサービスですね。

付帯保険が手厚い

海外旅行・国内旅行の障害保険が手厚く付帯されています。

また、プラチナカードで支払った商品が購入直後に破損したり窃盗にあったりした場合、ショッピング保険でカバーがされるのもプラチナカードおメリット。

海外で怪我や病気をしたとき、無保険だととんでもない額の治療費を取られます。旅先の怪我や病気はとにかく高額なので保険は必須。

プラチナカードがあれば、旅行先でも安心です。
年会費無料の一般カードやゴールドカードよりもステータスが高く、多くのカード会社で最高ランクのクレジットカードとなっているプラチナカード。

プラチナカードはメリットも多くステータスが高い!

海外へよく行く人だと、プラチナカードがあることで安心して旅が可能です。また、社会人としての信用度の高さをプラチナカードが証明してくれています。

インビテーションなしで申し込みができるプラチナカードがあるので、大人の1枚として申し込んでみてはいかがでしょうか。
TOP