家族カードとは?おすすめの家族カードに使えるクレジットカードもご紹介

家族カードとは?おすすめの家族カードに使えるクレジットカードもご紹介

結婚したらすぐに、家族カードを作る方が増えています。 これまでのクレジットカードを解約し、家族カードを作成する方が増えているのには、通常のクレジットカードにはない、家族カードの魅力があるのです。 家族カードとはどのようなクレジットカードなのか、おすすめの家族カードなどの情報をご紹介していきます。
結婚したらすぐに、家族カードを作る方が増えています。

これまでのクレジットカードを解約し、家族カードを作成する方が増えているのには、通常のクレジットカードにはない、家族カードの魅力があるのです。

家族カードとはどのようなクレジットカードなのか、おすすめの家族カードなどの情報をご紹介していきます。

家族カードとは?

そもそも家族カードとは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。名前だけは聞いたことがある方も多いと思いますが、詳しい内容を理解しているという方は、意外に多くありません。

家族カードがどのような特徴をもったカードなのかをご紹介していきます。

自分の家族のみ作れるクレジットカード

家族カードは、自分の家族の方だけが作ることができるカードになります。自分のクレジットカードを元に、同様のクレジットカードを家族に作ることができます。

基本的には、自分と同じクレジットカードを家族に作ることができますので、自分のクレジットカードを家族に分け与えた形になります。もし家族カードを作る元となる人物が、ゴールドカードであった場合、当然ながら家族もゴールドカードを所有することになります。

また、元となる人物のクレジットカードの特典なども、そのまま家族に引き継がれることになりますので、ショッピング保険などが付帯していた場合には、家族にもショッピング保険が付帯することになります。

利用合計金額は増えない

家族カードは、自分のクレジットカードを家族に分け与えるカードになります。そのため、元となる人物を同じような使い方ができると思われるかもしれませんが、厳密には違います。

元となる人物のクレジットカードの利用限度額が80万円だった場合、家族カードを所有するそれぞれの人物が80万円の利用限度額になるのではなく、元となる人物と、家族カードを所有している人物の全ての合計が80万円になります。

もし、利用限度額がオーバーするのであれば、元となるクレジットカードで、利用限度額をアップする手続きをする必要があります。

請求先は元のカード

家族カードは、家族の方が元となる人物と同じクレジットカードを作ることができますが、それぞれ独立したクレジットカードというわけではなく、あくまで元となる人物のクレジットカードを分け与えただけにすぎません。

利用限度額も一枚の時と変わりませんし、請求先も元となる人物のところに集約されます。

家族カードを3枚作成した場合には、元となる人物のところに、自分の分と3枚分の家族カードの使用した金額が請求されることになります。

家族カードを持つメリットとは?

家族カードがどのようなクレジットカードなのかが分かったところで、なぜ多くの方が家族カードを所有するのか、なぜそれぞれ単独のクレジットカードではいけないのかなど、クレジットカードの魅力についてご紹介していきます。

それぞれ持つよりも年会費が安い

家族カードを持つメリットとして多くの方が挙げているのが、クレジットカードをそれぞれ所有するよりも、年会費がリーズナブルであるということです。

一般的なクレジットカードの場合には、年会費が無料になっているカードが多いので、あまりメリットがないかも知れませんが、ゴールドカードなどの場合には、リーズナブルな年会費で同等のクレジットカードを所有することができます。

家計管理がしやすい

家計の管理が簡単になるというのも家族カードを所有するメリットになります。

例えば、旦那さんと奥さん、お子さんが、それぞれ支払った金額を把握するには、それぞれの使用金額などを家計簿に記入していかなければいけません。別々に複数の明細をチェックするのは、とても大変です。

しかし、家族カードにしておけば、請求先はひとつになりますので、そのクレジットカードの明細だけをチェックすれば家計の管理ができてしまいます。

これまで家計の管理に時間がかかっていた方も、家族カードを作ることによって、手間も時間も削減することができるのです。

ポイントが貯まりやすい

家族カードは、家族カードを持っている方が使った金額が、元となる人物にまとめて請求されます。

これまで別々のクレジットカードで支払いをしていたご家族の場合には、ポイントが分散していたと思いますが、請求先がひとつにまとまりますので、その分ポイントも貯まりやすくなります。

家族カードの注意点

非常に便利な家族カードですが、家族カードを活用する時には、いろいろな注意するポイントがあります。
家族カードを作ってから失敗したと後悔しないために、家族カードを作る前に注意ポイントをチェックするようにしましょう。

カップルの場合には発行できない

家族カードは、あくまで家族のためのクレジットカードですので、結婚前のカップルでは作ることができません。一般的な家族カードの場合には、元となる人物の配偶者、高校生を除く18歳以上の方を対象にしています。

また、家族であっても生計を同じにしていなければ家族カードを作成することができません。

18歳の高校生の方や引っ越して家族と同じ家で生活していない方は、基本的には家族カードを作ることはできません。

審査は本会員

家族カードを作成する時には、家族の年収や職業などはチェックされるかもしれませんが、家族カードを作るかどうかの判断基準としての優先順位は低くなります。

家族カードを作成する時には、元となるクレジットカードの所有の方が審査の対象になります。そのため、例えばご家族の方が金融事故を過去に起こしてしまっているような場合でも、家族カードなら作成することができる可能性があります。

一人暮らしの大学生は作ることができる

家族カードは、基本的には高校生は不可なのですが、大学生の方であれば、作成することができる可能性があります。家族と同居していれば問題なく作成することができますが、大学に入学するために親元を離れて一人暮らしをしている場合には、基本的には家族カードを作ることはできません。

しかし、親元を離れていても、仕送りであったり、入学金や学費などの支援をしたりしている場合には、家族カードの対象となります。

審査基準は、クレジットカード会社によって異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

家族の使用履歴は本会員に知られてしまう

家族カードは、元となる人物のところに、まとまって請求されるようになります。そのため、請求書も元となる人物の所で確認することができるようになります。

家族カードを所有している方が使った使用履歴も、元となる人物が把握することができるようになっているのです。最近では、請求書が個別に確認できるような家族カードもあるようなのですが、まだまだ少数派です。

兄弟や義理の両親

家族カードの場合には、元となるクレジットカードを所有している方の兄弟や、祖父母、パートナーの両親などは作ることができない可能性が高くなっています。

基本的には、同居していて生計を一緒にしているのであれば、家族カードを作ることができる可能性はありますが、そうでない場合には、大半が発行対象外になってしまいます。

おすすめの家族カード用のクレジットカード

家族カードを作ることができるクレジットカードは沢山あります。いろいろな家族カードがある中で、特に満足度の高い家族カードを厳選して5つご紹介していきます。

JCB カードW

JCB カードWは、最大で4パーセントのポイント還元を受けることができます。ポイントが高くなる優待店が多いのが魅力です。

例えば、楽天ポイントやPontaポイント、dポイント、WAONポイント、nanacoポイントなども提携しています。

18歳から39歳までの年齢制限がありますが、この年齢制限は、申込時の年齢ですので、使用しているうちに40歳になったとしても使い続けることができます。

dカード

dカードはNTTドコモが発行しているクレジットカードです。還元率は1.00パーセントから4.50パーセントと非常に高めに設定されています。さらにJTBやJAL、マツモトキヨシ、スターバックス カードなどでポイントがアップします。

ドコモのスマホプランやドコモ光を利用しているのなら、利用料金1,000円ごとに10パーセントのポイント還元を受けることができます。

また、日本国内やハワイなどの主要空港のラウンジを無料で利用することができるといったメリットもあります。

au PAYカード

au PAYカードは、最低ポイント還元率が1パーセントとなっていて、どこで使用しても高いポイント還元率を誇るクレジットカードです。

携帯料金や公共料金の支払いなどでポイントをゲットすることができますので、生活費の支払いなどにも最適な家族カードです。

リクルートカード

リクルートカードは、三菱UFJニコスのクレジットカードです。こちらのクレジットカードの特長は、何といってもポイント還元率が1.2パーセントという高い還元率を誇るクレジットカードであることです。

そのため、電子マネーへのチャージであっても1.2パーセントのポイント還元を受けることができます。

この他にも、ポンパレモールでのお買い物は4.2パーセント、じゃらんでの使用は3.2パーセントと非常に高い還元率を持っています。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、ポイントモールでの使用で常に2.0パーセントと非常に高いポイント還元率をもったクレジットカードです。

Amazon、楽天では1.5パーセント、Yahoo!ショッピングでは2.0パーセントなど、主要ECサイトの使用時に、お得にポイントを貯めることができます。

メリットの多い家族カードを作ろう

ご家庭によって、ライフスタイルが異なりますので、適した家族カードは異なります。

家族カードを作成する時には、一度ご家族で話し合い、よく利用するショッピングサイトや生活圏内のお店の状態などを把握し、メリットの多いクレジットカードの家族カードを作るようにしましょう。
TOP