リボ払いとは?支払いの仕組みやメリット・デメリットを紹介

リボ払いとは?支払いの仕組みやメリット・デメリットを紹介

クレジットカードのリボ払いは、便利ですが仕組みを知らないと危険なこともあります。 使い方によっては、上手にやりくりできるリボ払いですが、使いすぎてしまう難点も。 リボ払いとは、いったいどんな仕組みになっているのか、メリットとデメリットを合わせて解説します。
クレジットカードのリボ払いは、便利ですが仕組みを知らないと危険なこともあります。使い方によっては、上手にやりくりできるリボ払いですが、使いすぎてしまう難点も。

リボ払いとは、いったいどんな仕組みになっているのか、メリットとデメリットを合わせて解説します。

リボ払いの支払い方法

リボ払いの支払いは、主に3タイプに分かれています。カード会社によって、どの方法が使われているのか異なるため、自分のクレジットカードがどうなのかチェックしておくとよいでしょう。

リボ払いの主な支払い方法について、みていきましょう。

定額方式

定額方式は、毎月決められた金額を支払っていく方法です。手数料を含めた金額を支払う元利定額方式と、利用残高に応じて手数料を上乗せしていく元金定額方式があります。

毎月の支払い金額が同じですが、利用額が増えた場合低い支払額に設定しておくと、支払いが長期化し手数料も掛かることになります。

残高スライド方式

残高スライド方式は、利用残高に応じて毎月払う金額が変わる方法です。たとえば、10万円までの利用であれば毎月1万円、20万円までなら2万円というように利用残高によって変わります。

ちょっとした買い物であれば、支払いを長期化させずに済むため便利です。

定率方式

定率方式は、利用残高に対して一定の割合を掛けていく方法です。利用残高が多ければ支払金額が増え、少なければ支払金額も減ります。

毎月の支払金額が少ないほど支払いが長期化しやすく、手数料も増えることになることが特徴です。定率が低いと、元金が減らないので支払いが長引くことになります。
リボ払いのしくみは、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済していくというものです。よく似た支払方法に分割払いというものがありますが、こちらは支払回数を決めて支払うというしくみになっています。

リボ払いのメリット

リボ払いを利用するメリットとは、どんなことがあるのでしょうか。使い方やメリットを理解しておけば、リボ払いによって得をすることもあります。

クレジットカードのリボ払いを利用するメリットについて、みていきましょう。

家計の管理がしやすい

リボ払いを利用することで、支払いが一定になれば家計の管理がしやすくなります。ある程度決まった金額を利用するのであれば、リボ払いで支払うことは金額が一定となるため家計を把握することがラクです。

日々の買い物などに使っていても、毎月一定の金額が引き落とされるとわかっていれば、家計のやりくりがしやすくなります。

高額な買い物でも無理がない

例えば、支払いが高額になる場合、一括払いは難しいことがありますよね。

そんなとき、リボ払いを利用すれば毎月一定の支払いで済むので、日々の生活の負担が軽減されます。使い過ぎさえしなければ、一定期間一定の金額を払うことで無理なく買い物できることがメリットです。

繰り上げ返済もできる

経済的に余裕ができたときに、リボ払いの繰り上げ返済をすることができます。そのため、経済的な余裕がないときにリボ払いを活用して、余裕ができたら繰り上げ返済をすることで無理のないやりくりができるんです。

計画的にリボ払いを使うことで、生活のバランスを整えることができます。

リボ払いのデメリット

計画的に使えば便利なリボ払いですが、利用するために注意しなければいけないこともあります。使い方を間違ってしまうと、支払いが困難になってしまうこともあるんです。

リボ払いを利用するデメリットについて、みていきましょう。

利息が高い

リボ払いの大きなデメリットは、利息が高いことです。クレジットカード会社によって、金利の違いがありますがだいたいの相場は15%ほどとなっています。

そのため、支払金額が少ない設定で支払いが長期化すると、利息も膨らむことになるんです。リボ払いの支払い残高が増加するほど、総支払金額は増えることになるのがデメリットです。

支払額が増えてしまう

一定額の支払いでよいと考えると、うっかり買い物を増やしてしまう可能性があります。

毎月の支払金額が変わらなくても、手数料が増えていくことになるので、支払いが長期化してしまう原因になるんです。

返済額の管理をして、収支のバランスを崩さないように計画的な利用を心がけましょう。

支払いが長期化する

残高スライド方式で支払っている場合、気づかないうちに支払金額が上がっていたということもありえます。
今まで1万円の支払いだったのが、急に2万円になるというように増えた場合、経済的に返済が苦しいことにもなりかねません。

気軽に使えるリボ払いですが、計画性を持って使わないと思わぬ支払金額になってしまう可能性があるので注意しましょう。

仕組みを理解して上手にリボ払いを使おう

便利で気軽なリボ払いは、使い方さえ間違えなければ経済的にうまく回すことができます。大きな買い物をしたいときに使う、決まった金額以内で生活費を使うなど計画的に利用するように。

リボ払いの仕組みを理解して、上手に取り入れて活用しましょう。
TOP