ゴールドカードを作りたいけど作れるか心配!ゴールドカードを作る条件とは

ゴールドカードを作りたいけど作れるか心配!ゴールドカードを作る条件とは

どうせクレジットカードを作るなら、ゴールドカードを作りたいと思っている方もいるでしょう。しかし、ゴールドカードを持つためには他ステータスよりも審査が厳しいと言われています。カードを作る条件をしっかり確認しておかないと、いくら頑張っても審査をパスすることはできません。 ゴールドカードを作るときめたら、まずはどのような条件があるのかを調べていきましょう。
どうせクレジットカードを作るなら、ゴールドカードを作りたいと思っている方もいるでしょう。

しかし、ゴールドカードを持つためには他ステータスよりも審査が厳しいと言われています。カードを作る条件をしっかり確認しておかないと、いくら頑張っても審査をパスすることはできません。

ゴールドカードを作るときめたら、まずはどのような条件があるのかを調べていきましょう。

ゴールドカードを取得する条件とは?

ゴールドカードを作る条件は、厳密にいうとクレジットカード会社によって異なりますので、正確な情報はわかりません。

そのため、これまでに審査を受けた方の状況から予想する必要があります。

年齢

ゴールドカードは、申し込むことができる年齢が決まっています。

年会費もリーズナブルで保証内容が少ないようなゴールドカードの場合には、高校生でなく働いていれば18歳から作ることができますが、一般的なゴールドカードの場合には、25歳が基準となってきます。

25歳くらいの年齢は、仕事にも慣れ始め、クレジットカードの使用履歴も増えて来ていて、ゴールドカードの審査をする方が判断しやすい年齢となっています。

そのため、多くのクレジットカード会社が25歳をベースにしているのです。

もちろん20歳からの会社もありますので、早く作りたい方は、そちらの会社を選ぶようにしましょう。

年収

ゴールドカードは、限度額が一般的なクレジットカードよりも高く設定されていますので、年収も重要な審査基準となっています。

以前は平均年収よりも高額な年収の方だけが審査に合格することができていましたが、現在では審査基準も甘くなってきており、その年代の平均年収程度あれば、問題なく審査をクリアできるようなクレジットカード会社が多いようです。
結論から申し上げますと、クレジットカードの審査において、「年収は目安のひとつであるが、決定的なものではない」といえるでしょう。

ゴールドカードの審査をクリアするためには

一般的なクレジットカードと比べて、何かと審査が厳しいといわれているゴールドカードですが、しっかりとおさえるべきところをおさえておけば、クリアする確率は高くなります。

良質なクレジットヒストリー

ゴールドカードの審査基準として最も重要なものは、良質なヒストリーであることです。クレジットヒストリーとは、これまでのクレジットカードの使い方の歴史です。

これまでクレジットカードを使っていた時に、支払いの滞納や遅延の履歴があると、ゴールドカードの審査をクリアするのは難しくなります。

滞納や遅延は、金額ではありません。

そのため、スマートフォンの月額料金の払い忘れなどもクレジットヒストリーに大きな傷がついてしまいます。ゴールドカードを本気で作りたいのであれば、気を付けなければいけないポイントとなります。

難易度の低いカードを選ぶ

ゴールドカードの審査をクリアしたいけど、クリアできる自信がないという方は、審査基準の甘いゴールドカードを選ぶといった方法もあります。

例えば、ライフカードゴールドのように、大手消費者金融が発行しているゴールドカードは、審査が甘いと言われています。

また、過去にクレジットカードの支払いにおいて、遅延や滞納をしてしまった方の場合には、アメリカンエキスプレスゴールドカードのような、外資系のカード会社を選ぶのがおすすめです。

外資系の審査では、日本と比べてクレジットヒストリーを重要視しないといった特徴があります。

ゴールドカードは今が狙い目!

ゴールドカードは、年々作りやすくなっています。

そのため、以前は作ることができなかった方も、現在なら作れる可能性が高くなっています。特に年収などでけられてしまった方などは、あきらめずにもう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
TOP