デビットカードとクレジットカードはどんな違いがあるのか?

デビットカードとクレジットカードはどんな違いがあるのか?

近年はさまざまな支払い方法があります。 その中でも注目されているものは、デビットカードです。 今回は、デビットカードとクレジットカード、プリペイドカードの違いについて紹介しましょう!
近年はさまざまな支払い方法があります。その中でも注目されているものは、デビットカードです。

今回は、デビットカードとクレジットカード、プリペイドカードの違いについて紹介しましょう!

デビットカードとクレジットカードの違い

こちらでは、デビットカードとクレジットカードの違いについて見ていきましょう(`・ω・´)

同じ「カード」ではありますが、さまざまな部分で違いがあります。どんな違いがあるのかを、しっかりチェックしておきましょう( *´艸`)

引き落としタイミング

デビットカードは口座即時引き落としが特徴的です。それに対して、クレジットカードは決まった月に引き落としがされます。

クレジットカードの場合は引き落としまでに時間がかかるので、自分の入金タイミングなどを間違わないようにしなければいけません。

発行時の審査の有無

クレジットカードを発行する際は、申込者の信用情報などを元に審査が行われます。これまでの信用情報によっては発行されないこともあるのです。

デビットカードの場合は、口座残高からの引き落としになります。そのため、カード会社によっては審査がない場合も多くあるのです。

還元率

クレジットカードは発行会社などによってポイント制度が設けられています。利用金額に応じてポイントが貯まっていくのです。

デビットカードもポイント制度などはありますが、クレジットカードと比較すると若干見劣りをしてしまうでしょうね(^_^;)

でも、デビットカードならではの還元率もあるので発行会社を比較して少しでもお得に使えるところを探してみてはいかがでしょうか。

デビットカードとプリペイドカードの違い

デビットカードとプリペイドカードは似た部分がありますが、違う部分も多くあります。こちらでは、デビットカードとプリペイドカードの違いについて見ていきましょう(`・ω・´)

支払い方

デビットカードの場合は口座即時引き落としです。プリペイドカードの場合は、カードに残っている残高から引かれていきます。

口座とカード内の残高という点では、似ている部分もあると言えるでしょう。

入金方法

デビットカードは口座にお金がなければ使えません。口座残高以上の金額は利用できないのです。そのため、デビットカードを使う際には口座残高にいくら残っているかを把握しておく必要があります。

プリペイドカードの場合は残高がなくても、チャージ方法が多彩です。負銀行振込、コンビニ払い、キャリア決済などさまざまなチャージ方法があります。

そのため、人によってはデビットカードよりもプリペイドカードの方が使い勝手が良い場合もあるでしょう。

利用上限

プリペイドカードは残高に応じて利用することができます。

デビットカードの場合は、預金残高が上限ですが、1日、もしくは1ヶ月の利用額に上限が設けられていることも多くあるのです。

そのため、預金残高すべてを使えるわけではないことも覚えておきましょう。

逆に、使いすぎてしまわないために自分で上限を設定できるものもあります。ほとんどの人が自分で上限を設けているため、使いすぎないようにしているようですね。

各カードとデビットカードの違いを知っておこう!

デビットカードとクレジットカード、プリペイドカードは似て非なるものです。そのため、各カードの特徴を間違わないようにしましょう。

それぞれでメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルなどと比較して選んでください。

使いすぎなどに注意したい人は、デビットカードがおすすめです。預金口座から即時引き落としなので、過剰に使いすぎることを防ぐことができます。

使用に制限があるということは、デメリットに感じられますが使いすぎないメリットとも言えるのです。
TOP