デビットカードで審査落ち?審査に通らない理由とは?

デビットカードで審査落ち?審査に通らない理由とは?

審査が不要といわれているデビットカード。 クレジットカードを作れない方にとって、とても重宝できる存在です。 そんなデビットカードですが、審査落ちしてしまう方もいるのだとか。いったいどういうことなのでしょうか。
審査が不要といわれているデビットカード。クレジットカードを作れない方にとって、とても重宝できる存在です。

そんなデビットカードですが、審査落ちしてしまう方もいるのだとか。いったいどういうことなのでしょうか。
デビットカードとは、カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。

デビットカードで審査落ちしてしまう理由は?

基本的に、デビットカードの発行にあたり審査は行われません。ただ、それにも拘らず、実際にデビットカードを申し込んで審査落ちしてしまう方もいます。

以下に、審査落ちしてしまう代表的な理由をピックアップしました。

金融機関との関係がよくない

過去に、申込先の金融機関で何らかの問題を起こしている可能性があります。金融事故を起こした、担当者と大きなトラブルを起こした、口座の売買など法に触れることをした、など。

また、申込みした金融機関で融資を受けていて、返済が滞っている場合、デビットカードの審査に落ちてしまうおそれがあります。

発行の条件をクリアできていない

デビットカードの申込みができる条件は、各金融機関で定められています。

それほど厳しい条件が定められているわけではありませんが、クリアできていないと発行を見送られてしまうおそれがあるのです。

たとえば、多くのデビットカードは15歳以上の方を対象としています。そのため、15歳未満の方が申し込んでも、審査落ちしてしまうのです。

もし、過去にデビットカードで審査落ちしてしまった方は、条件をクリアできていたかどうかを再確認にしてみましょう。

審査落ちしないための対処法

デビットカードで審査落ちしてしまうケースはそれほど多くありません。ただ、先ほどお話したように、例外もあるので注意が必要です。

審査落ちしないためには、申込みする銀行を厳選し、普段から金融機関とは良好な関係を築きましょう。

申し込みする銀行を厳選する

過去にトラブルになった銀行にデビットカードを申込みしても、審査落ちしてしまうおそれがあります。

現在では、多くの銀行がデビットカードの発行をしているので、わざわざトラブルになった銀行を選ぶ必要はありません。

また、事前に発行できる条件をよく確認しましょう。

そのうえで、問題なくクリアできる条件を定めている銀行を狙って、申込みをしてください。

金融機関と普段から良好な関係を築く

銀行から融資を受け、なおかつ返済が滞っているような状態では、たとえデビットカードといえど発行してもらえない可能性があります。

そうならないためにも、日ごろから良好な関係を維持することが大切です。カードローンや自動車ローンなども、返済が遅れないよう注意してくださいね。

ブラックリスト入りでも発行できる?

ブラックリスト入りとは、信用情報機関に金融事故を起こした人物として記録されている状態を指します。過去に債務整理をしている、借金を踏み倒している、といった状態ですね。

このようなケースでも、デビットカードは発行できるのでしょうか。

基本的に発行は可能

デビットカードは、決済すると口座残高から自動的にお金が引き落とされるので、銀行には何のリスクもありません。

そのため、仮に過去金融事故を起こしていたとしても、発行してもらえることがほとんどです。

金融機関の判断による

最終的に判断するのは金融機関です。

審査がほぼないといわれるデビットカードですが、銀行によっては「発行するにふさわしくない」と判断する可能性もあります。

まずは気軽に申し込みを

基本的に審査はないので審査落ちする心配もほぼありません。ただ、例外はあるのでそこは注意してください。

まずは、気になる銀行でデビットカードの発行を申込みしてみましょう。
TOP