リボ払いのメリットとデメリット!手数料の計算方法も理解しよう

リボ払いのメリットとデメリット!手数料の計算方法も理解しよう

リボルビング払い…大きな買い物をする際の便利な機能ですが、無計画に利用するとあとでとんでもないことになるかも? ここではリボ払いのメリットやデメリット、その他手数料の計算方法や利用の上での注意をご紹介します。
リボルビング払い…大きな買い物をする際の便利な機能ですが、無計画に利用するとあとでとんでもないことになるかも?

ここではリボ払いのメリットやデメリット、その他手数料の計算方法や利用の上での注意をご紹介します。

リボ払いのメリットとデメリット

とても便利なリボ払いですが、もちろんメリットだけでなくデメリットも含まれています。双方理解することで、よりリボ払いを有効に使えるはずですので、ここでそれらをご紹介させていただきます。

リボ払いのメリット

まずは皆様がよく知る、リボ払いのメリットをご紹介します。
ある程度月々の支払額を設定できる
リボ払いは、そのカード会社の公式やアプリの設定などにおいて、支払い額をある程度任意に決められます。

ほとんどの場合細かな調整も可能で、この月は収入が少ないので支払いも少なめ、次の月は収入が多いので多めに支払うなどもできるでしょう。
お金の管理がしやすい
支払いをある程度調整できることから、リボ払いはお金の管理がしやすくなるでしょう。

収入の少ない月、多い月でも構わず定額となると、収入の少ない月で火の車になりがちですが、リボ払いであればそれがありません。
お金が手元になくても買い物ができる
欲しい物があった、でも手元にお金がない…なんてよくあることですよね。ですがリボ払いであれば、今手元にお金がなくても月々の支払いということで、現金を必要としません。

リボ払いのデメリット

次にリボ払いのデメリットですが、取り返しが付かなくなった頃に理解するケースも多々ですので、今の内に理解しておきましょう。
利息が掛かってしまう
リボ払いの場合、買った商品の価格だけで済むわけではなく、リボ払いを利用した「手数料」というものが必要になります。

最低でも15%の金利が付いてしまうので、200,000円の買い物を月々10,000円のリボ払いをすると、10,000円以上余分に支払うことになります。
利用しすぎてしまう
実際のお金ではなく、カード上でやりとりをすることからリボ払いは利用しすぎてしまう傾向があります。

現金がないためにお金を使ったという感覚を得にくく、それに伴い事あるごとにリボ払いで済ませてしまう可能性があるんです。
返済が長期化する
リボ払いは月々の支払い額にもよりますが、多くは負担軽減のために少なくする場合が多いことから、返済が長期化してしまいます。

そして返済が長期化すればするほど、金利の分余計に支払う結果となり、支払い終えてみれば大きく損をしていることが分かるでしょう。
リボ払いは、1回払いや分割払いとは異なり、高額商品を購入した場合でも、毎月の返済額は一定になるため、手もとにまとまったお金がないという場合でも支払いができるという特徴があります。

リボ払いの計算に関することや利用の上での注意

手数料の計算方法

次に、リボ払いの計算方法をご紹介するのと、リボ払いを利用する上での注意点をご紹介します。
リボ払いの手数料を計算する場合…

「リボ払いの手数料=利用残高×金利×利用日数である30日(または31日)÷365日」
となります。
(1) 金利が15%で200,000円の買い物をしたとします。
(2) 200,000円×15%×30日÷365日=2,466円
つまり、2466円が手数料となりますのでぜひ参考にしてください。

利用の上での注意

最後にリボ払いを使用する上で、遵守しなければ注意点についてご説明します。
計画的に利用する
リボ払いを利用する際、事前の計画は絶対に必要になります。もし無計画で利用してしまった場合、おおよそ過剰に使ってしまって支払いに手が回らなくなるからです。

リボ払いはその場で請求されません。月々の支払いとして、定められた日に引き落とされる性質があるものです。

そのため、「引き落とされるまでは」お金を使った実感がなく、継続してリボ払いをしてしまい、最終的に支払えなくなる状況を産んでしまうのです。
上限を設定しておく
100,000円なら100,000円と、上限額は必ず設定しておきましょう。そうでなければ、ただでさえ使いやすいリボ払いですので、度を越えて利用してしまう恐れがあるんです。

しかしカード会社もそこは商売。

連絡をしてきては「上限を引き上げられますが」と打診してくることがありますが、初志貫徹をしてそこは無視するようにしましょう。

カード会社はその人の支払い能力上限を理解した上で連絡してくるものの、支払い能力上限まで使い込んでしまうと、結局支払いが長期化してしまいます。
お金がないときに使わない
「お金がないからリボ払い」…その気持ちは分かりますが、お金がない時こそリボ払いは控えておきましょう。結局月々の支払いとして、しかも割り増しで回ってくるものなんです。

お金がないからとリボ払いを多用すれば、そもそもお金がないのですから月々の支払いでつまづくのは目に見えているんです。

リボ払いは綿密な計画を立てて利用しよう

安易に、簡単に、お手軽に利用できるリボ払いですが、しっかりと計算方法を理解した上で綿密な計画を立てて利用しましょう。

無闇やたらに利用してしまうことで、それこそ10年も20年も元金が減らない支払いを繰り返すことになります。
TOP