ブラックカードにも種類が?知っておきたいカードの種類と特典

ブラックカードにも種類が?知っておきたいカードの種類と特典

クレジットカードの最高峰と言って過言ではないブラックカード。 「何でも買える」最高のステータスなイメージがありますよね。 そんなブラックカードにも種類があるのをご存知でしょうか。 誰でも持てるわけではないブラックカードの特典と、種類について解説していきます。
クレジットカードの最高峰と言って過言ではないブラックカード。「何でも買える」最高のステータスなイメージがありますよね。そんなブラックカードにも種類があるのをご存知でしょうか。

誰でも持てるわけではないブラックカードの特典と、種類について解説していきます。
ブラックカードは、クレジットカードにおける最上位の券種の通称である。クレジットカードの券面がブラック(黒)を基調とするデザインである場合が多い為、このように呼ばれるが、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限らない。

ブラックカードとは?

まずはブラックカードの基本的な知識をおさらいしていきましょう。

ゴールドカードまでは大人であれば結構持っている人がいますよね。でも、ブラックカードって保有者は限られています。

ステータスが高いブラックカード、どんなカードなのでしょうか。

クレジットカードのランクとは?

クレジットカードのランクの頂点に立つのがブラックカードです。ステータスは一般カードから始まり、ゴールドカード、プラチナカードと経て、ブラックになります。

当然ですが、年会費も上がっていきます。プラチナカードの時点で年会費は十万円を超えるものが少なくありません。

ブラックカードとなると入会金もかかるため、相当ステータスが高くないと保有できないことがわかります。

日本で発行できるブラックカード一覧

日本で発行できるブラックカードは現在たった7種類。
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
Mastercard Gold Card(ラグジュアリーカード)
ダイナースクラブ プレミアムカード
ANAダイナース プレミアムカード
JCB ザ・クラス
楽天ブラックカード
スルガ Visa Infinite
年会費に違いがあり、そのままステータスの高さとなります。

どんな特典がある?

ブラックカードの特典はいずれもラグジュアリーです。最高峰ともいえるアメックスのゴールドカードは、ホテルの上級会員資格が付与されます。もちろんヒルトンやマリオットなど、超有名なホテルばかり。

その他、ラグジュアリーな特典が付きますが、詳細までは明らかにされていません。しかし、中にはプライベートジェットの手配、なんて度肝を抜くものまである様子。

詳しくはブラックカードを持ってからのお楽しみですね。

ブラックカードの種類

日本で発行できるブラックカードは7種類ですが、7種類の年会費は同じではありません。稀少なものから、頑張れば手に届くのも夢ではないものもあり、3種類に分けることができるとされています。

それぞれを種類分けしました。

文句なしのブラックカード

世界中のどこでも、誰が見ても「ブラックカードである」と認識されるのはアメリカンエクスプレス・センチュリオンカードと、ダイナースクラブ・プレミアムカードです。

とくにアメックスのセンチュリオンカードは、インビテーションが届くにもかなりハードルが高く設定されているのだそう。

カードの利用限度額はありませんが、前金として数億円単位で入金が必要。すごい世界ですね。

ブラックカードと認識されるカード

JCB・ザ・クラスとマスターカード・ゴールドカードはその次にランクが高いとされます。マスターカード・ゴールドカードは名前も色もゴールドですが、分類はブラックカード。

JCB・ザ・クラスは、JCBゴールドで年間100万円の利用を2年連続で使用するとプラチナに格上げ、プラチナで年間100万円以上利用するとインビテーションが届きます。

評価が分かれるブラックカード

楽天ブラックカードは色味がブラックなことと名前にブラックと付いているため、ブラックカードと認識されることがあります。

しかし実際のステータスとしてはプラチナカード。年会費も3万3千円と手頃で、なおかつ利用限度額も1000万円と決められています。

ビジュアルとして「ブラックカード」とされますが、評価は分かれます。

誰もが認めるブラックカードは究極のステータス

アメックスのセンチュリオンカードは入会金で50万円以上、年会費で約40万円がかかるカードです。「ブラックカードください!」では手に入らないカードなだけに、稀少価値が高まります。

最高峰のステータスであるブラックカード。

インビテーションが届きますように。
TOP