年収が重要!ブラックカードが持てる条件は?国内で手に入るものは?

年収が重要!ブラックカードが持てる条件は?国内で手に入るものは?

ブラックカード…聞いたことがありますか? まさにクレジットカードの頂で、「選ばれし者」だけが所持できる最高のカードとなります。 では、ブラックカードを持つための条件とは一体何なのでしょう? 年収が大きく関わるようですが下記で詳しく解説、また国内で手に入るものをご紹介もさせていただきます。
ブラックカード…聞いたことがありますか?

まさにクレジットカードの頂で、「選ばれし者」だけが所持できる最高のカードとなります。では、ブラックカードを持つための条件とは一体何なのでしょう?

年収が大きく関わるようですが下記で詳しく解説、また国内で手に入るものをご紹介もさせていただきます。

ブラックカードが持てる条件

ブラックカードは、その人が希望をして持てるものではありません。獲得するためにはある条件があるのですが…それを下記でご紹介します。

必要な年収

基本的に、ブラックカードを所持するために年収を指定することはほとんど、または全くありません。

もっとも、ブラックカードの維持にはそれ相応の経費が必要で、結局見合うだけの年収が必要になるでしょう。

具体的には、おおよそではありますが最低でも1,000万円は求められ、所持するものによっては2,000万円、3,000万円は必要であると考えられます。

極端な話、年収500万円でも条件さえ満たせばブラックカードを持てると思われますが、負担が大きすぎて破たんしてしまうのが関の山です。

手前のカードで実績を積む

ブラックカードを所持したいとなると、多くの場合そのカード会社の何かしらのカードを持っているでしょう。

通常の無印カードやゴールドカード、プレミアムカードなど、カードにはさまざまな種類があるので、いずれかは所持しているのではないでしょうか。

もしその系統のカードにブラックカードがあるなら、今あるカードの利用を続けることで、ブラックカードへの昇格が打診される可能性があります。

もっとも、かなり多額の利用を継続しないと難しいので、やはり前項の年収がものを言うところがあります。

トラブルがない

ブラックカードの所持者となる条件のひとつに、「過去支払いの遅延やトラブル等がない」があります。

これはもう条件と言うより必須事項で、現時点で過去に何かしらトラブルを起こしてしまっていると、ブラックカードへの昇格はほぼ不可能となるでしょう。

逆に、毎月きちんと支払いをしていて一切のトラブルがないとするなら、これだけでブラックカードを得るのは難しいかもしれませんが可能性としては考えられます。

国内のブラックカード

では国内で個人が持てるブラックカードには何があるのでしょうか?

下記にてご紹介しますので、どんなものがあるのか知っていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレスと言えば、もう誰でもご存知のブランドカード会社のひとつです。ステータスで言えば極めて高く、このブラックカードを持つのは至難の業となるでしょう。

入会費は税込で550,000円、年会費は385,000円と、まさに選ばれし者だけが所持できる特別中の特別なブラックカードです。

おそらくこのアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードこそが、カードの中の最高峰と言っても過言ではないでしょう。

楽天ブラックカード

庶民の味方、楽天においてもブラックカードが存在します。

ブラックカードということで極めて特別な印象がありますが、楽天の場合は一般市民でも十分に手が届く内容となっています。

年会費は33,000円とかなり格安で、旅行等を専門のコンシェルジュが案内してくれるというサービスが付属しています。

お値段は現実的、でもサービスは良い感じですので、「初めてのブラックカード」として目指してみてはいかがでしょうか。

ダイナースクラブプレミアムカード

アメリカのダイナースクラブと言えば、カード持ちであるならまず知らない方はいないでしょう。

そんなダイナースにもブラックカードと呼べるものが存在し、ダイナースクラブプレミアムカードがそれに当てはまります。

年会費は143,000円、24時間対応のコンシェルジュが付き、銀座のプレミアムラウンジが利用可能という、まさにVIP待遇を受けられます。

その他、ブラックカードにふさわしいサービスが盛りだくさんですので、年会費も何とか捻出できるという方なら頑張ってみてもいいでしょう。

ラグジュアリーカードブラック

国内でも多くの方が所持しているマスターカードの内、ラグジュアリーカードも最上位カードのひとつです。
年会費は110,000円、なんと世界の1,000箇所以上のラウンジが利用可能という、これもまたVIP待遇を思わせるものです。

ただし今回は「ブラックカード」ということでこちらをご紹介しましたが、実はラグジュアリーカードにはさらにもうひとつ上、ゴールドカードの方が上位となるようです。

「招待」される振る舞いをしよう

国内でブラックカードを持つなら、それ相応の振る舞いが重要ということが分かります。

しかしその振る舞いとは、一般人ではなかなか難しいところがありますし、そこはやはり「お金」がものを言うところがあります。

ですがもしあなたが条件を満たせる環境にあるなら…夢を見てもいいのではないでしょうか?
TOP