メルペイでチャージする方法!本人確認ってどうやってするの?

メルペイでチャージする方法!本人確認ってどうやってするの?

メルカリ以外でも使える場所が増えているメルペイ。 チャージして使うなら本人確認をしておいた方がお得になのをご存知でしたか? 今回は、メルペイでチャージする方法と、本人確認をしておく方法とメリットとをお伝えしていきます。
メルカリ以外でも使える場所が増えているメルペイ。チャージして使うなら本人確認をしておいた方がお得になのをご存知でしたか?

今回は、メルペイでチャージする方法と、本人確認をしておく方法とメリットとをお伝えしていきます。
via pixta.jp

メルペイでチャージする方法

まずはメルペイでチャージする方法をみていきます。

多くのスマホ決済サービスはクレジットカードでのチャージが可能です。ですがメルペイはクレジットカードでのチャージが不可×。

自分の口座からチャージが基本ですので、使い過ぎずに済み安心です。

セブン銀行ATMから

全国各地にある便利なセブン銀行。そのセブン銀行ATMから現金チャージができます。

メルペイが使いたいのに残高不足のとき、すぐそこにセブン銀行ATMがあれば問題解決♪ただし本人確認済のユーザーだけがセブン銀行ATMからチャージが可能です。

最低チャージ金額は1000円で、上限は9万9000円。因みにお釣りは出ません。

1000円チャージしたいのに1万円入れてしまうと全額チャージになるので注意が必要です。

銀行口座から

あらかじめ登録した銀行口座からチャージができます。メルカリアプリのメルペイから、「使い方」の「銀行チャージ」を選択。タップして進んでいくと「銀行の選択」画面が出てきます。

選択できる銀行の幅はとても広く、ほとんどと言って良いほどのメガバンク・地方銀行・ゆうちょ銀行はもちろん、ネット銀行の口座も指定可能♪

メルペイのチャージを銀行口座で登録すると、その時点で「本人確認」は完了とみなされます。

売上金から

メルペイで本人確認が住んでいるアカウントは、メルカリに出品して得た売上金はメルペイにチャージされます。

メルカリの売上金を現金化するには、1回200円の手数料が発生。しかも売上金に関わりなく手数料が発生するので、200円って結構痛手に感じますよね。

せっかくメルペイで支払いできる店舗が増えているのですから、チャージさせた方が断然お得。本人確認を済ませた方がお得にメルペイを使用できるのです♪

メルペイの本人確認方法とメリット

メルペイを使うなら本人確認を済ませた方がお得なことがわかりました。アプリから「かんたん本人確認」でスマホから本人確認を完了することが可能♪

銀行口座を紐付けるのに抵抗がある人はこちらの方法を利用してみてください。

アプリでかんたん本人確認

本人確認をするにはメルペイに自分の写真と本人確認が取れる書類をスマホで提出することで完了します。

ただし本人確認の提出書類が限られているので注意してください。現状「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」外国籍の方は「在留カード」の4点が認められています。

未成年でも上記提出物があれば登録OK。逆に成人済でも本人確認が保険証や社員証では登録できなということです。

かんたん本人確認の進め方

上記本人確認の提出物が手元にある方はスマホで本人確認を進めていきましょう。まずはメルペイで「かんたん本人確認」を選択。指示に従い提出物を選びます。

このとき必ず書類が期限切れとなっていないことを確認してくださいね。顔と証明書が一緒に映るように指示がありますのでこれで完了。

もしも本人確認の提出物と現住所が違う場合、公共料金や税金の領収書等の提出が求められます。

本人確認しておくメリット

メルペイで本人確認をしておくと、メルカリ売上金の出金手数料がかからないのでお得です。本人確認を済ませていないとメルカリの売上金は180日の有効期限があります。

それが、本人確認後は売上金の有効期限もなくなるため、コツコツ売り上げて貯蓄していくことも可能♪

また、今後メルペイスマート払いの定額を申し込むことを考えている人は、本人確認をしておくと後の手続きが便利になります。

メルペイでチャージするなら本人確認しておこう!

メルペイは実際の店舗で使えるお店が増えているので、チャージしておくのがおすすめ。現金化に200円かかるなら、ちょっとの手間でタダになる方が良いですよね(‘ω’)ノ

かんたん本人確認なら5分もかからないので、空いた時間で済ませておきましょう♪
TOP