みずほ銀行でデビットカードを作るメリットやカードの種類について

みずほ銀行でデビットカードを作るメリットやカードの種類について

デビットカードのことをよく知らない方は、クレジットカードが持てない人がもつものだろうと思っているかもしれません。 しかし、デビットカードのメリットを知っている方は、クレジットカードとデビットカードを起用に併用することによって、よりお得にお買い物をしています。 今回はデビットカードの中でも特に人気のあるみずほ銀行のデビットカードについてご紹介していきます。
デビットカードのことをよく知らない方は、クレジットカードが持てない人がもつものだろうと思っているかもしれません。

しかし、デビットカードのメリットを知っている方は、クレジットカードとデビットカードを起用に併用することによって、よりお得にお買い物をしています。

今回はデビットカードの中でも特に人気のあるみずほ銀行のデビットカードについてご紹介していきます。
「みずほJCBデビット」は、国内、海外、世界のJCB加盟店で利用できるデビットカードです。スーパーやコンビニ、インターネットショッピングなど、毎日のお買い物に利用でき、キャッシュレスでのお支払いができます。

みずほ銀行のデビットカードの種類とは?

みずほ銀行では、契約者のライフスタイルに合わせて、複数のデビットカードを作ることができます。

そのため、これから初めてデビットカードを作ろうと思っているのでしたら、どのようなデビットカードがあるのかを事前に知っておく必要があります。

こちらでは、みずほ銀行で作ることが出来るお得なデビットカードをご紹介していきます。

みずほJCBデビット

みずほJCBデビットは、提携しているショップの多いJCB系のデビットカードになります。

年会費は初年度が無料で翌年以降は1,000円がかかるのですが、年に一度でもデビットカードを使用していれば、翌年の年会費が無料になりますので、実質無料となっております。

キャッシュバックの還元率は0.2パーセント。

JCBはアメックスと提携しておりますので、海外でもデビットカードを使ってお買い物を楽しむことができます。みずほマイレージクラブの特典も受けることができますので、メリットの大きなデビットカードだと言えます。

みずほビジネスデビット

みずほビジネスデビットは、法人を対象にしたデビットカードです。そのため、法人の銀行口座の残高が上限となっておりますので、高額な決済も可能です。みずほビジネスデビットには、充実したカード付帯保険があります。

例えば、海外旅行での怪我などは、死亡や後遺障害が残るような思い症状だった場合に、最高で5,000万円の保険金を受け取ることができます。

また、事故などによって怪我にあった場合には、治療費用として1回あたり300万円を限度として支払ってもらうことができます。

また、旅行中にバッグやカメラ、時計、衣類、旅行券などを盗まれたり、壊れてしまった時に携行品損害として、50万円を限度として支払ってもらうことができます。

みずほスマートデビット

みずほスマートデビットは、スマートフォンアプリと連携して、より便利に使用することができるデビットカードです。専用のスマートフォンアプリから銀行口座の残高をチェックすることができますので、使い過ぎを防ぐことができます。

審査不要で即時発行されますので、簡単にサービスを利用することができます。

また、一般的なデビットカードのようにカードの現物がありませんので、申し込みや登録が完了したら、すぐにデビットカードを使用することができます。

みずほ銀行のデビットカードの特徴とは?

via pixta.jp
銀行系のデビットカードは、本当に沢山の種類があります。

そのため、どのデビットカードも他のライバル会社のデビットカードに負けないように独自のサービスを提供しております。

みずほ銀行のデビットカードにも他のデビットカードにはない魅力がいっぱいあります。

お得な特典がいっぱい

みずほ銀行のデビットカードを使用することで得られる特典のひとつがキャッシュバックです。実際に使用した金額の0.2パーセントを決算で使用している銀行口座にキャッシュバックしてくれます。

また、全国にあるみずほ銀行やイオン銀行ATM時間外手数料が無料になったり、振込手数料やイーネットATMの利用手数料なども無料になります。

また、有効期限のない永久不滅ポイントが貯まるのも魅力です。

みずほ銀行のデビットカードは最初の一枚にピッタリ!

みずほ銀行のデビットカードは、他のデビットカードよりも保証が充実している傾向があります。

また、みずほスマートデビットでしたら、スマートフォンさえあればすぐに使用することができるといったお手軽さもあります。

ライフスタイルに合わせた使い方ができますので、まだデビットカードを持っていないという方は、作ってみてはいかがでしょうか?
TOP